Webサイト発注虎の巻ダウンロード
Webサイト発注虎の巻ダウンロード

Illustrator作業の効率化に!ショートカットキー一覧とカスタマイズ方法

村上

今回はWebデザイナーがよく使うIllustratorの便利なショートカットキーをご紹介します。

macの場合とWindowsの場合それぞれで記述しているので、該当する欄をご確認ください。

また、ページ後半では、作業効率が上がるおすすめのカスタム方法も紹介しています。こちらもぜひご覧ください。


※この記事は、2014年に公開されたものを編集部で加筆・修正しました。

Illustratorのショートカットキー一覧

よく使う基本操作のショートカットキー

機能 mac windows
コピー +C Ctrl+C
カット +X Ctrl+X
ペースト +V Ctrl+V
同じ位置にペースト ++V Ctrl+Shift+V
前面にペースト +F Ctrl+F
後面にペースト +B Ctrl+B
ひとつ戻す +Z Ctrl+Z
ひとつ進む ++Z Ctrl+shift+Z

ツールを切り替える時に使えるショートカットキー

機能 mac windows
選択ツール V V
ダイレクト選択ツール A A
自動選択ツール Y Y
なげなわツール Q Q
ペンツール P P
ペンツールの描画を終了 Enter Enter
曲線ツール space+` space+`
テキストツール T T
直線ツール
長方形ツール M M
楕円形ツール L L
ブラシツール B B
塗りブラシツール Shift+B Shift+B
鉛筆ツール N N
消しゴムツール Shift+E Shift+E
はさみツール C C
シェイプ形成ツール Shift+M Shift+M
グラデーションツール G G
メッシュツール U U
スポイトツール I I
線幅ツール Shift+W Shift+W
自由変形ツール E E
ブレンドツール W W
アートボードツール Shift+O Shift+O
アンカーポイント追加ツール Shift+ Shift+
アンカーポイント削除ツール
アンカーポイント切り替えツール Shift+C Shift+C
手のひらツール H H
ズームツール Z Z

画面表示に関するショートカットキー

機能 mac windows
拡大 ++ Ctrl++
縮小 + Ctrl+
100%等倍で表示 +1 Ctrl+1
画面サイズに拡大 +0 Ctrl+0
アウトライン・
プレビューの表示切替
+Y Ctrl+Y
グリッドの
表示/非表示
+ Ctrl+
定規の
表示/非表示
+R Ctrl+R
ツールバーと
パレットの
表示/非表示
Tab Tab

パネルの表示/非表示

ブラシパネル表示/非表示 F5 F5
カラーパネル表示/非表示 F6 F6
パレット表示/非表示 F7 F7
レイヤーパネル表示/非表示 +F7 Ctrl+F7
情報パネル表示/非表示 +F8 Ctrl+F8
グラデーションパネル表示/非表示 +F9 Ctrl+F9
線パネル表示/非表示 +F10 Ctrl+F10
属性パネル +F11 Ctrl+F11
グラフィックスタイルパネル +F5 Shift+F5
アピアランスパネル +F6 Shift+F6
整列パネル +F7 Shift+F7
変形パネル +F8 Shift+F8
テキストパネル表示/非表示 +T Ctrl+T
パスファインダパネル +Shift+F9 Ctrl+Shift+F9
透明パネル ++F10 Ctrl+Shift+F10
シンボルパネル ++F11 Ctrl+Shift+F11

図形描画時に使えるショートカットキー

機能 mac windows
新規レイヤー作成 +L Ctrl+L
図形を複数選択 +L Ctrl+L
グループ化 +G Ctrl+G
グループ化解除 ++G Shift+Ctrl+G
描画位置の変更 space+ドラッグ space+ドラッグ
中心位置から描画*1 option+ドラッグ Alt+ドラッグ
角丸の調整・角の増減*2 ドラッグしながらor
塗りと線を入れ替える +X Shift+X
塗りまたは線をなしにする / /
直前の動作を繰り返す +D Ctrl+D
パスの連結*3 +J Ctrl+J
パスの平均*4 +Alt+J Ctrl+Alt+J
クリッピングマスクの作成 +7 Ctrl+7
クリッピングマスクの解除 +Alt+7 Ctrl+Alt+7

*1.長方形・角丸・楕円形・多角形ツールのみ *2.角丸・多角形・スターツールのみ *3.ダイレクト選択ツールでアンカーポイント選択時のみ *4.ダイレクト選択ツールでアンカーポイント選択時のみ

文字の追加・修正・レイアウトに関するショートカットキー

※文字を選択した状態で、以下ショートカットキーが有効になります。

機能 mac windows
文字を20/1000em移動 +or ctrl+or
行間の調整 +カーソル(左右上下) Alt+カーソル(左右上下)
文字サイズの変更 ++<or> ctrl+Shift+<or>
ベースラインの変更 ++or Alt+Shift+or

ダイアログの表示

環境設定 +K Ctrl+K
プリント +P Ctrl+P
保存 +S Ctrl+S
別名で保存 ++S Ctrl+Shift+S
複製を保存 ++S Ctrl+Alt+S
イラストレーターを終了 +Q Ctrl+Q

おすすめのカスタマイズ

デフォルトでは設定されていないけれど、これは設定しておいたほうがいい!というカスタマイズをご紹介します。

ショートカットキーをカスタムする方法

自分でオリジナルのショートカットキーをカスタムしたい!という場合のやり方を解説します。

[編集]→[キーボードショートカットキー]をクリック

イラストレーターのショートカットキーのカスタム方法1

画面上の編集ボタンからキーボードショートカットキーメニューを開きます。

カスタムしたいショートカットキーを選ぶ

イラストレーターのショートカットキーのカスタム方法2

プルダウンでソートを変更し、カスタムしたいショートカットキーを選びます。

任意のキーを入力します

イラストレーターのショートカットキーのカスタム方法3

入力後、右下のOKボタンを押して完了です。なお、もし既に使われているショートカットキーの場合は警告がでます。

おすすめのカスタマイズ1:選択ツールのショートカットキーを変更する

おすすめのカスタムは、選択ツールを変更すること。選択ツールはVで切り替えできるのですが、ペーストと混乱しやすかったり、押しづらいなと感じる場合があるからです。普段使わないショートカットキーに変更すると使いやすくなりますよ。

おすすめのカスタマイズ2:透明度は数値で登録する

おすすめのカスタマイズ

編集メニュー → キーボードショートカットからカスタマイズができます。一覧を表示して、ショートカットの部分に英数字を当てはめていきましょう。

1 透明度10%
2 透明度20%
3 透明度30%

と割り振っておくと非常に便利です。

まとめ

いかがでしたか?すべてのショートカットキーを覚える必要はなく、よく使う機能から順番に活用していくと作業効率が上がりますよ。ではまた!

「デジタルハリウッドSTUDIO 上野 by LIG」個別相談会に参加する!