本当はもっとやりたいことがある|デジハリ
本当はもっとやりたいことがある|デジハリ

実際の人物をもとにして3Dキャラクターを作ってみた

ソッカニ

 

 

 

d

 

asdasdsadasdasdas:0

こんにちは。LIGゲームデザイナーのソッカニです。

前回の記事ではキャラクターを3Dで作ってみました。そこで今回は、実際の人物を3Dで作ってみたいと思います!

今回は私をもとにして作ってみました。

モデリング

自分の写真を撮ってプログラムを利用すると、体型に合ったモデルが簡単に作成できます。

 

正面と側面の写真です。動くキャラクターを作るときに、元のモデルが腕を広げていると、とても作りやすいです。次は服や靴を作ります。

 

目や髪の毛などを作成し、テクスチャを与えました。後ほどモデルに骨を作って、動かすようにするリギングをします。

 

現在の状況に合わせて顔にマスクをつけてみました。

リギング

リギングとは、キャラクターの体の部位に合わせて骨(リグ)を作ることです。リギングを行うことで、アニメーションを簡単に操作できるようになります。

リギングを行い、キャラクターが動くようになりました。視覚的には複雑に見えますが、実際の作業は、はるかに簡単で、とても短い時間でアニメーションを作成できます。

完成したアニメーション

キャラクターが動くようになったので、アニメーションを入れてみましょう。最初は、ダンスを入れてみました。


*最大ファイルサイズの都合上、画質が粗い点ご了承ください

次は、ゲームの中のキャラクターに入れてみました。

 

今回は、実際の人物を3Dキャラクターで作ってみました。映像やゲームの中に自分がいると不思議な感じがします(笑)。最後まで読んでいただきありがとうございました!

M o n g o