1000本突破
1000本突破

3Dのキャラクターを踊らせてみた

ソッカニ

始めまして! LIGの3Dデザイナーのソッカニ(リ ソッカン)です!

今回キャラクターを3Dにして、踊らせてみたいと思います。

作ってみるのは、「ペンギン」のキャラクターです。シンプルな形とテクスチャなので、みなさんもぜひ試してみてください。

モデリング

MAYAや、Blenderなど3DCG制作ソフトを利用して、簡単な構成を作ります。

腕を広げた状態のキャラクターを作成しておけば、次の操作が簡単になります!

もう少しバランスを合わせながら作っていきます。だいたいの形ができました。

次にペンギンを動かすために、骨と色を塗るためのプログラムに移動します!

まず、目と口を作ってあげます。ペンギンは、元々しっぽがあるはずですが、今回の動画では見えない箇所のため、作りません!
 

色を付けるとこんな感じ。たとえば羽毛が多い動物などは、現実的なテクスチャーを表現するためにPhotoshopを使用します。今回のペンギンは、皮膚がシンプルなため、今回はスキップしています。

リギング

3Dでキャラクターを自由に動かすためには、キャラクターの骨(ボーン、スケルトン、ジョイントなどと呼ばれることがあります)を作る必要があります。この制作作業をリギングといいます。

 

骨ができあがり、ペンギンが動く準備が整いました。

アニメーション

今度は動きを付けていきます。新しいモーションを1から制作するのはかなり多くの時間がかかるため、既に入手しているモーションをキャラクターに適用します。

キャラクターの動きを自然に見せるためには、骨に対応してキャラクターの肌をがある程度動くよう決める必要があります。とても手間と時間がかかる作業です。

 

キャラクターの感じをより出すため、皮膚の周りに線を入れてあげて、カメラと光を調整しましょう。

レンダリングして、一枚一枚写真として書き出します。最後に、After Effectsで音楽を入れ、動画として書き出したものがこちらです!

完成!

ダンスの動きが思ったより少ないため、カメラを前後に動かしダイナミックな感じが出るようにしました。今回はかんたんに作ったもののため、まだアプリ上などで自在に動かすまでは遠い道のりを要します。実際には、多くの作業が省略されていますのでご注意を!

次回は、実際の人を3dキャラクターで作ってみましょう! お楽しみに!