私が輝く、夏がはじまる。
私が輝く、夏がはじまる。

Webデザイナーの気になる年収とキャリアとは?需要はあるの?

ケビン

こんにちは! 教育事業部のケビンです。

今回は「Webデザイナーになりたい!」「Webデザインのお仕事って面白そう!」と考えていらっしゃる方のなかで、Webデザイナーの年収や歩んでいくキャリアについて気になる方もいらっしゃるかと思います。

この記事では、Web制作に関わる年収やキャリアごとの平均年収、さらにはそもそものWebデザイナーの需要や、デザイナーの魅力についてお伝えします。

Web業界でのWebデザイナー関連職種と年収

Web業界では、さまざまな働き方があります。それぞれのキャリアによって年収も変わります。ここでは、まずWebデザイナー周辺にどのようなキャリアがあるかご紹介し、それぞれの年収や仕事内容・必要なスキルについて触れていきます。

Webデザイナー

Webデザイナーは、「Illustrator」や「Photoshop」などのデザインツールを使用して、Webサイトの構成から実際にサイトのデザインを作成します。

【求められるスキル】
IllustratorやPhotoshopなどを使用するデザインスキルや、HTMLやCSSなどのサイトコーディングスキルなども求められます。

【年収】
Webデザイナーの平均年収は約350~約450万円です。

Webディレクター

Webディレクターは、Web制作における、制作自体の進行などをおこないプロジェクトを統括する責任者です。デザイナー、エンジニアなどWeb制作に関わる人を指揮・監督するだけではなく、クライアントの要望をヒアリングしたりプロジェクトを円滑に進行させるなどWeb制作をトータルで管理します。Webデザイナーとして経験を積んだ後、Web制作を行う中でのマネジメント職としてキャリアアップをするキャリアのうちのひとつです。

【求められるスキル】
Web制作における責任者としての役割も担うため、人員や品質などWeb制作に関わるマネジメントスキルなども必要です。さらにはクライアントなど外部の方とのやり取りも行うため、クライアントの要望もしっかりと汲み取る必要があります。コミュニケーション能力が求められる仕事といってよいでしょう。

【年収】
Webディレクターの年収は約400~約800万円です。

UIデザイナー

UIデザイナーはデザインだけでなくユーザーの操作性を意識したサイト設計を行います。利用者の立場から見て利用しやすいデザインを行い、どれだけ利用ユーザーの満足度を上げていくかを意識しながらWebデザインを行う必要があります。Webデザイナーとしてのスキルが直接活用でき、Webディレクターと並んでWebデザイナーのキャリアとして目指しやすいものです。

【求められるスキル】
ユーザーの見やすさ・使いやすさを意識したデザイン設計のスキルが必要です。ユーザーへのヒアリングやクライアントへのヒアリングなどを行う場面もあるでしょう。

【年収】
約300~約700万円です。事業規模にもよりますが、大手企業のインハウスUIデザイナーだと1,000万円を超える年収も見込めます。

フロントエンドエンジニア

フロントエンドエンジニアは、HTML、CSS、JavaScriptなどさまざまな言語などを利用してユーザが直接的に操作する部分の全般をを実装する職種です。Webデザイナーとしてのスキルを活用することで、デザインから幅広いサイト制作に関わることができる人材になることができます。Web制作において広い範囲での業務が行えるからこそ、年収も高くなっていきます。

【求められるスキル】
フロントエンジニアはユーザが直接的に操作する部分の全般をを実装する職種であり、そのために必要なスキルはHTML、CSS、JavaScripを使っての構築やCMS(コンテンツマネジメントシステム)を使って構築スキルや、サイト構築をするためには常にSEO対策を意識しながら構築してく必要があるため、SEO対策を含めたマーケティングの知識も重要です。

【年収】
約400~約800万円程度です。所属する会社の規模感にもよりますが、フロントエンジニアの年収が1,000万円を超える会社もあります。

フリーランスの働き方と年収

上記までは会社員として働く方法もあれば、フリーランスとして働くことも可能です。フリーランスではどのようにスキルや年収が変わるか、お伝えします。

正社員としてひとつの会社に縛られることなく、自分自身のスキルを使って、案件ごとやプロジェクトごとに契約を結ぶことで、直接お仕事を受注していくため、年収も自分自身で上げていくことができます。

【求められるスキル】
総合的なスキルは求められます。デザインスキルはもちろんのこと。クライアントとのやり取りなどでコミュニケーション能力が必要なほか、ディレクションスキルなども必要となってきます。

それ以外にも、資金管理や納税などの事務的な側面も、会社ではなく自分で行う必要があります。経理などの知識も必要です。

【年収】
確定申告などでの納税額を除き、働いたら働いた分だけ稼げます。自分自身がどれだけ働くかでも収入は変わってきます。仕事量など、自己管理しながら働くことができます。

年収参照元: 
マイナビ転職
doda

Webデザイナーの先輩にショートインタビュー!

デジタルハリウッドSTUDIO by LIGではトレーナーという現役のWebクリエイターの先生が受講生の方の学習のサポートをしています。

今回は、現在映像クリエイターとWebデザイナーとして活躍をされている和泉トレーナーに、Webデザイナーの魅力についてお話を聞いてみました。

人物紹介:和泉直樹トレーナーフリーランスで、デザイン、WEB、脚本、撮影、空撮、映像編集、音楽、録音の制作とディレクションを生業としています。今までも、国際機関ユネスコや、文化庁や行政、アートNPOなどからご依頼され、日本の伝統芸能や現代アート、地域復興に関わるお仕事を数多くされています。

——Webデザイナーの魅力ってなんでしょうか?

和泉トレーナー:Webデザイナーの魅力はやはり場所を問わず仕事ができることですね。私は映像制作も行ってますが、映像制作は撮影にいったりなど外部の方と接する機会も多いです。ですが、Webデザイナーは完全リモートで仕事ができる。同じクリエイティブな職業ですがやはりそこは魅力ですね。

——なるほど! 和泉先生のように映像制作とWebデザインどちらにも携わられているからこそ見える視点ですね!

——フリーランスの魅力ってなんでしょうか?

和泉トレーナー:最近だとフリーランスと正社員の境界線はなくなってきています。コロナ禍前だと、場所問わず自由に働けるのはフリーランスの魅力のひとつでした。しかし今では正社員でもリモートワークで働いており、どこでも働けるという利点はフリーランスだけのものはとは限りません。

その前提で考えると、フリーランスだと、正社員と違って上司部下などの固定化された関係がなく、自由に働き方を変えられるのは魅力かもしれないですね。クライアントさんを自分で探し、信頼を培ったうえで継続的にお仕事できるのは、フリーランスの魅力です。

——なるほど。フリーランスって不安定なイメージがあるのですが、実際に働いてみていかがでしょうか。

和泉トレーナー:フリーランスは稼ごうと思えばいくらでも稼げますね。ですが、クライアントさんとの関係構築が大前提にあってのことだと思います。

フリーランスはデザインスキルももちろん大切です。同時に、自分自身でお仕事を獲得する必要があるので、行動力や営業力などもとても大切になります。

はじめてお会いするクライアントさんにはかならず対面でお会いしてコミュニケーションをしっかりと取り、「あなたにお仕事を依頼したい」と思ってもらえるような機会を作っています。最初から、良い関係を築いていけるように心がけています。

——顔の見える関係性でお仕事できるのは素敵ですね。和泉トレーナー、ありがとうございました!

そもそもWebデザイナーの需要はあるの?

さまざまな働き方ができるWeb業界。その募集は今後どうなっていくのでしょうか。Webデザイナーの需要は、今後増加していくといえるでしょう。

たとえば、電子商取引市場規模の市場規模は年々伸びてきており、今まで店舗などで取引の電子化が顕著となっております。

実際にそのECサイトやWebサイトをデザインするのはWebデザイナーです。エンジニアが実際にサイトやシステムの構築を行っています。今後も継続して発展してく業界にWebクリエイターは必要不可欠です。

参照:経済産業省市場調査

まとめ

Webデザイナーもさまざまなスキルを身に着けていくことでキャリアアップしますし、それに比例して年収は増えていきます。

ただしWebデザイナーは人気の高い職業。早い段階でのWebデザイナーとしてのキャリアを確立していき、キャリアアップに向けてスキルを常に磨いていくことが重要です。

今後の働き方を考える際に、ぜひ参考にしていただけたら幸いです。

▼そのほか関連記事

3 0 0 0