Webサイト発注虎の巻ダウンロード
Webサイト発注虎の巻ダウンロード

Slackでよく使うショートカットキーを紹介します!

Jack

こんにちは、マネージャーのJackです。

皆さん、コミュニケーションツールって何を使っていますか?

弊社では、Slackというツールを使っています。IT/Web業界にいる人なら、みんなご存知ですよね。

本日は、普段私がよく利用しているSlackの便利なショートカットキーについてお話できればと思います!

チャンネルを移動する:「Command(⌘) + K」

圧倒的に使用頻度が高いものからいきましょう。

このコマンドは、別の会話へ移動するコマンドです。

このコマンドを実行すると、Slackのサーチエリアに「Jump to」と表示されます。そこで、移動したいチャンネル名を入力。その後Enterを押すことで、チャンネル間をスムーズに移動できます。

右サイドバーを折りたたむ:「Command(⌘) + .」

続いてのコマンドは、右サイドバーを折りたたむコマンドです。

右サイドバーは、スレッドでのやり取りを表示させたり、ダウンロードファイルを確認したりと使用頻度が高いですよね。

私は、サブディスプレイを利用できないときなど、メッセージの表示領域を確保したいときによく利用します。

ワークスペースを切り替える:「Command(⌘) + Shift + [」

このコマンドは、Slackのワークスペースを切り替えるコマンドです。

弊社では、必要に応じてお客様ごとにワークスペースを作ることもあり(普段はマルチチャンネルゲストやシェアードチャンネルを使います)、このコマンドを利用することで簡単にワークスペースを切り替えることができるので非常に便利です。

「Command(⌘) + Shift + [」で前のワークスペースに切り替え、「Command(⌘) + Shift + ]」で次のワークスペースに切り替えられます。

会話を検索する:「Command(⌘) + F」

このコマンドは、現在開いているチャンネルや会話を検索する機能です。

コマンド実行後は、Slackのサーチエリアが表示されるので、検索対象の文字を入力しEnterを押すことで、検索結果が表示されます。

おわりに

本日は私がよく利用しているSlackのショートカットキーを紹介させていただきました。

ほかにも便利なショートカットはたくさんありますので、気になる方はこちらもご覧ください!

Slack のキーボードショートカット一覧

以上、Jackでした!

3 0 0 0