Webサイト発注虎の巻ダウンロード
Webサイト発注虎の巻ダウンロード

続・町の中にふらっといる鹿を撮りためてみた

もりぐ

こんにちはもりぐです。

奈良の町に馴染む鹿たちをスマホに撮りためて早半年。

第1弾からだいぶたまってきたのでまたまた放出していきます。
 
さっそくいきましょう〜

 
▼奈良シリーズこれまでの記事

 

01_もれなく振り向く

近づくともれなく振り向いてくれます。
 

02_何してても振り向く


何してても振り向いてくれます。

 

03_門番的な

春日大社の鳥居。鹿は神の使いといわれています。

 

04_財布忘れたわ

なんでも見つめるところマジで好き。

 

05_入れてくれへんねん

お土産屋さんの入り口によく立っています。いつも何かを待っている。

 

06_ワイが通りまっせ

商店街も闊歩しています。堂々としている。

07_渡るまで待っててや

バッチリ信号無視。

この日は雪に降られる鹿が見たくて始業前に散歩しました。

奈良市で3年ぶりの積雪だったらしい。

 

この鹿たちが渡っています。後ろの看板通りの行動をしている。

 

08_あんたどこいってたん

 

親子愛。

 

09_モチーフはワイやで

絶妙すぎて撮った。
 

10_どこおるかわかるか

なんかガサガサ音するなって思ったらいた。

 
 
今回はこのへんで!
 
 

毎日でも飽きない

ほぼ毎日散歩して鹿に会いにいきますがぜんぜん飽きません。癒しです。

イルカと同じ効果があると勝手に思っています。

奈良に遊びに来たときはカジュアルな鹿を探してみてください。

最後まで読んでくださりありがとうございました!

ではまた!
 

3 0 0 0