ナイルさまイベント
ナイルさまイベント

副業を考えてたどりついた結論について

しも

こんにちは! 教育事業部のしもです!

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG(デジLIG)で、ご入学のご案内や相談対応、学習開始後のサポートを担当しています。

デジタルハリウッドSTUDIO by LIG(デジLIG)とは
Web制作会社LIGとデジタルハリウッドが業務提携をしてはじめた、Webクリエイター養成スクールです。現在上野・池袋・大宮で受講生募集中です!
無料説明会に参加して相談してみたい方はこちら

 
前回のLIGブログで、副社長の大山さんに評価面談で副業を勧められたことを記事にさせていただきました。

その後、副業を検討するにあたり、あらためて自分自身と向き合うこととなりました。

どのように自分と向き合うのかを考えた結果、参考にしたのは、『自己実現理論(マズローの欲求5段階説)』という考え方です。

「副業」を選ぶ動機づけにあたり、自分自身の現在の欲求の段階を知り、その欲求を満たすために行動していくことがライフワークとして良いと考えたためです。

欲求を満たす行動を続けることで、精神的、肉体的にもポジティブな循環が生まれ、「Life is Good」な人生が歩めると仮説したのです。

自己実現理論(マズローの欲求5段階説)

具体的に『自己実現理論(マズローの欲求5段階説)』では、以下の5段階に分かれます。

マズロー氏曰く、人は番号の低い順に欲求を満たし、各ステージでの欲求が満たされると、次の段階に上がっていくという考え方です。

1. 生理的欲求

食欲、睡眠欲といった人が生きていくために最低限必要な欲求。

これが満たされないと生きていけないです。

2. 安全の欲求

心身ともに安全、安心に生活していきたいという欲求。

常に命や健康が脅かされるような環境では生活していけません。

3. 社会的欲求(所属と愛の欲求とも呼ばれます)

友人、家族、会社といった集団・組織に所属し、受け入れられたい仲間がほしいという欲求。

人とのつながりがなく、孤独・孤独状態が続くことで社会的に不安を感じてしまいます。

4. 承認欲求

所属する集団・組織の中で、自分の能力が評価され認められたいとう欲求。

会社や人から認められたい、高い評価を受けたいという欲で、満たされないことで劣等感を感じ自己肯定感が下がってしまいます。

5. 自己実現の欲求

自分の才能や能力を発揮し、自分らしく生きていきたいという欲求。

自分らしさを追求して生きていきたいというのはこの欲求の影響ですね!

6. 自己超越

利己的に考えることをせず、より良い社会を築くといった目的に向けて行動する利他の欲求。

利他の精神で考え行動できることに憧れを感じます。

自己実現理論(マズローの欲求5段階説)に照らし合わせるとどこのステージか?

実際にマズローの欲求に従って、僕の欲求段階を考えると、日々の生活では承認欲求と自己実現の欲求を行き来していると感じました。

具体的には以下の2点です。

仕事での成果

与えられた目標の達成に向けて全力を尽くし、仕事で成果を出すことで、承認欲求も満たされ、仕事の取組み方と考え方に自信を持つことができます。

また、お客様に寄り添った提案を行うことができ、自己実現の欲求も満たすことができます。

プライベートでの成果

夫として、父親として役割を果たせているか? を自問自答すると、家事と育児のしわよせが妻にいき、頼り切っていることに気がつきました。

僕の生活スタイルは、「仕事中心の生活」に偏っており、家のことは妻に甘え、家族としての役割を果たせていないことに気がつきました。

意識的には家事と育児に取り組んでいる感覚でしたが、家事・育児の仕事量を可視化するために、家事管理アプリで取組み割合を調査してみると……

「妻:7割・僕:3割」

という驚きの結果でした。

自分ではやっていると感じていたことは、「思い込み」だったのです。

僕が決めた副業とは

ここまでの流れで推測がついている方も多いかと存じますが、僕が決めた副業は「家事と育児」です!

我が家は妻もフルタイムで仕事をしながら、忙しい毎日の中でも愚痴をこぼさずに家族みんなのことを支えてくれています。大切な家族みんなのため、いつも頑張って支えてくれる妻に負担を減らし、より夫婦で支え合う体制の構築が必要であるという結論に至ったのです。

ずばり、「妻の負担を減らすことが、妻にとっても家族みんなにとっても一番良い」ということです。

夫婦でともにフルタイムで仕事をしているのに、妻と僕では家事・育児負担は平等でなく、妻は残業せずに帰宅している中、僕は毎日残業ばかりして帰宅が遅い。僕の帰宅が遅いことで妻の家事と育児の負担は妻に集中している。

これらは妻が必ずしもやらなければいけないことではないし、専門性も必要ないので、誰でもその気になれば取り組める。

副業で別の仕事に時間を割くのなら、大切な家族のため、そして自分のためにも「家事と育児」を副業にしようと決意したのでした!

まとめ

ライフワークとして副業で何をやりたいのか検討することで、自分自身を省みるきっかけになりました。

家庭でも仕事でも当たり前と感じていることは、誰かの支えのおかげで成り立っています。日々、感謝の気持ちを忘れず、より意識して家事と育児に取り組んでまいります。

LIGで仕事がしたいと思った方は、ぜひ、採用情報をチェックしてみてください!

採用情報をみてみる

以上、しもでした。