隙間時間でクリエイターになる
隙間時間でクリエイターになる
2020.04.15
#4
LIG技術研究会

MacのFinderでWebP画像を見れるようにしよう!|WebP編

ザワ

健全なソースコードは健全な開発環境に宿る。こんにちは、フロントエンドのザワです。

私がWebPを扱い始めたのはここ最近の話です。JPG画像などを見るのと同じようにFinderを眺めていたとき気づきました。

FinderでWebPが見れないじゃないか!

そんな苦い経験から、WebP画像をFinderで見る方法をここに記すことにします。対応はものすごく簡単なので、「まだやってないよ」という方はぜひ試してみてください!

ではさっそく始めます!

LIG技術研究会って?
日頃感じているWeb技術に関する疑問や不明な点を、研究員(LIG社員)がそれぞれのアプローチによって紐解いていく会。まだまだ謎が多い。

やってみよう!

動作確認(Before)

まずはFinderで画像を見た場合の正常動作を確認しましょう。

たとえばJPG画像をFinderで見ると、このように表示されると思います。

JPG画像

うん、ブルーライトカットのメガネって一発でわかりますね。

しかし、WebP画像を見ようとすると、このようになります。

WebP画像

画像が表示されるべきはずの箇所は、ローダーがクルクルしているだけで画像が表示されません……。

そんなときは、コレ!

WebPQuickLook

WebP画像がFinderで見れるようになる代物です。

WebPQuickLookの導入方法

インストール方法は簡単です。ターミナルを起動して、下記コマンドを叩くだけ!

curl -L https://raw.github.com/emin/WebPQuickLook/master/install.sh | sh

homebrewを使用している方は、brew caskコマンドでもインストール可能です。

brew cask install WebPQuickLook

動作確認(After)

さて、本当に見ることができるのか、Finderを覗いてみます。

WebP画像

バッチリ見えています。3年前の私の自画像がハッキリと。。

おわりに

かゆいところに手が届くツールは、いくらあっても困りませんね。

快適度を上げてモチベーション高く、これからも制作に向き合いたいと思います。

それでは良い制作ライフを!