Web事業部_クリエイティブ
Web事業部_クリエイティブ
2018.10.09
#36
スタートアップイングリッシュ

いつも「了解 英語」で検索しているあなたへ。「わかった」の英語表現をまとめました!【決定版】

くみちゃん

みなさんこんにちは! LIGの英会話スクール「START-UP ENGLISH」のくみこです!

私、もう、あなたに「了解 英語」で検索させたくないの。

ということで、今回は英語の「了解!」や「わかった!」の英語表現をみなさんとシェアしたいと思います!

I understand.以外にもこんなにあったんだ! と感じてくれたら嬉しいです。

やるかやらないかは別として、確認したよの「わかった」

I got it.

「了解!」の定番、I got it.は洋画や洋ドラマでもよく見かける表現ですね。

もっとラフに言いたければ、主語のIを省略してGot it!でもOK.

洋ドラマで「ガーリッ!」って聞こえたらそれはGot it!です。

Noted.(Noted with thanks.)

Notedは「君の言ったことメモした(=ノートにとった)よ!」的なイメージ。

Noted.だけでも使えますが、with thanksをつけることで、よりていねいなニュアンスを加えることができます。

感覚としては、

Noted.=はい了解!
Noted with thanks.=承知しました。

くらい差があります。

私がセブで仕事していたときに、LINEやメッセンジャーでよく使いました。

同僚からの業務連絡に対して、Noted! thx:)とか。

Copy that.

もともとは無線での会話で使われていたみたいですね。

前述のNoted.よりも正確に「わかりました」という意志を伝えたいときに使うイメージです。

Noted.=書き取りましたよ。
Copy that.=そっくりそのまま細部まで書き写しましたよ。

といった感覚。

だいたいふざけて、Do you copy?(ねぇ、聞いてた?)の返しにCopy that.(わかったよ)といった具合に使います。

Roger.(Roger that.)

日本語では「ラジャー!」ってよく使いますよね。

でも、英語だとあんまり見かけない気がします。これも無線用語なので、ちょっとおどけた場面に使います。

手をおでこに掲げて意気込んでRoger! と言ったり、やれやれというような感じでRoger that.と使うときもあります。

内容を理解した、把握したの「わかった」

Understood.

英語の面接やビジネスのシーンでも使えるほど、ちょっとお堅い表現。

Yes.ばっかり使ってるなーと思ったら、ぜひUnderstood.と言ってみましょう。

会話では相手の話を聞きながら「イェス……イェス……ンーフーン……ェアンダストゥッ……」ってドヤ顔で言いましょう。あなたはもうネイティブです。

Certainly.

丁寧に「承知しました」と伝えたいときに使います。

上司や顧客との会話でよく使いますね。ホテルでもよく言います。

「あなたの言った内容を確かに承りました」というニュアンスが含まれます。

Absolutely.

Absolutely yes!(もちろん答えはyesさ!)というように、「もちろん」「絶対」という意味合いがあります。

「あなた様がそう言うんならやるしかないじゃないですかぁ!」というくらい同意できるとき(いつやねん)に使える言い方です!

内容を承認する「わかった」

No problem.

何か頼まれたときや、「〜してもいい?」と聞かれたときに「わかった(いいよ)、問題ないよ」と伝える表現です。

「それをすることに対して問題はないですよ〜」ということ。

Sounds good.

「それいいね!」というときに使います。

たとえば、「今日の夕飯お寿司にしない?」「今日舞浜に遊びに行かない?」など、「〜しない?」と聞かれたとき、「いいね!オッケー!」というときに使います。

goodの部分はいろいろ変えられます。

プラスの意味であれば、perfectnicefineなど。逆に、Sounds terrible. やSounds awful.というと「そりゃひどい。やだね。」というようにネガティブな意味になります。

You got it.

「あなたはそれをしてもいいですよ」というニュアンスが含まれた表現。

「うん、いいよ〜。私それやるよ〜」と伝えたいときに使います。

番外編

Gotcha.

「ガッチャ!」と発音します。I got you. とか I got what you say.の意味。

めちゃめちゃ軽い表現なので、友だち同士で使いましょう。

K.

OKのKです。

よくLINEとかで了解のこと「り」とか「りょ」って言いますよね。それと似たようなもんです。

ただ、これを使うときは「(あんまり気乗りしないけど)わかったよ」というようなニュアンスもあるので、気をつけましょう!

おわりに

いかがでしたでしょうか?

I understand.以外にもこんなにあったんだ! と感じてくれたらシェアやいいね! お願いします!

編集部:Absolutely yes!

それでは、くみこでした〜!

英語表現のバリエーションを広げたい方はこちら!