Web事業部_クリエイティブ
Web事業部_クリエイティブ
2018.10.02
#1
すべての「売れたいバンドマン」におくるWebツール活用術!

すべての「売れたいバンドマン」におくるWebツール活用術!【第1回:紹介編】

リョウタ

はじめまして。バックエンドエンジニアのリョウタです。

GRAND FAMILY ORCHESTRAというロックバンドでギタリストをしております。今回から、まだ売れてもないのに大それたタイトルで連載をはじめることにしました。

今日は初回ということで、自己紹介をしつつ「バンドマンにとって便利なWebツールって何?」という点についてお話ししていきたいと思います。

連載が終わる頃には売れていたいです。

30歳のバンドマンデビュー。売れるためには「Webの力」が必要だと確信した

実はGRAND FAMILY ORCHESTRA(以下、GFO)が私にとって初めてのバンド経験で、スタートは30歳になった年のことでした。

ギターを弾くようになってからはそこそこの年月が経過していますが、もともとは個人的な作品の制作や、ライブペイントやダンサーとの即興をメインとして活動していた私。それが旧友とのひょんな再会からロックバンドを組むことになり、気がつけばもう3年の月日が経とうとしています。ライブハウスではいまだに同じような境遇の人に出会ったことがありません。同世代は各々の人生設計に邁進するこの時期に、混迷を極める選択をしてしまった……、そのことは疑う余地もないと思います。

この国にいったいどれだけのバンドがいるのか考えたこともないですが、商業的な成功を虎視眈々と狙い、高みを目指すライバルたちはごまんといるわけです。

その中で頭一つ抜け出すために、運営の充実と加速は必要不可欠です。できるだけ早く、多く、そして漏れなく。平成も終わろうとしている今日、その助力となるのは間違いなくWebの力だと私は確信していました。

しかし、私以外のGFOのメンバーは、言うなればロックンロール生まれ、ライブハウス育ち……まさに生粋のバンドマンです。ギターは持っていても、誰一人パソコンを持っていません(2018年9月現在。サポートメンバーは除く)。

これは私にとってカルチャーショックでした。

でも、

「幸いにもみんなiPhoneは持っている……スマホと親和性の高いツールを選べばきっと運用できるはず……!!」

と、どうにかこうにかバンドメンバーのITリテラシーの底上げに奮闘した3年間でした。

使えるWebツールを分野別に並べてみる

結果、GFOにはある程度Webツールが根付いてきました。最初はみんな手帳を持ち歩いていたのに、今ではすっかりiPhoneで一元管理です。

そんな生粋のバンドマンでも使えるようになった、Webツール、Webサービスを分野別にざらざらっと紹介していきます!

チャットツール

日々の連絡に、チャットツールは不可欠です。

話題が多岐にわたること、スタッフ・サポートメンバーなど立場が違う人がいること、などを考えると、スレッドを切り分ける必要性が出てきます。ある時期まではLINEを長いこと使用してきましたが(私はずっと反対していました)、バンド以外のチャットの中にスレッドが埋もれてしまうことから、GFOでは現在Slackを採用しています。

過去にはChatworkを採用しようとしていた時期もありましたが、LINE派の勢力の前に蹴散らされました。導入はChatworkの方が容易だと思います。

メールツール

バンド内での連絡はチャットツールが便利ですが、ライブハウスやほかのバンドとの主な連絡手段はメールになります。

「言った、言わない」にならぬよう、口頭での約束は後追いメールでエビデンスをとることも重要ですね。

GFOではG SuiteGmailを採用しています。情報の共有は組織運営の要。メンバー全員でやり取りを確認できるのは大切なことです。

スケジュール管理ツール

ライブやスタジオ、MTG、レコーディング、各々のNG日などなど、ガチなバンドは予定がたくさんあります。
アカウント共有や、リマインダーの使用感もあり、GFOではG SuiteのGoogleカレンダーを採用しています。

ファイル共有ツール

音源データや、ロゴ、アー写など、バンドを運営しているとさまざまなデジタルデータを扱うと思います。

これらの共有ツールとしてGFOではG SuiteのGoogle Driveを採用しています。

ビジネスプランだと5アカウント以上で容量が無制限になるので、それこそレコーディングデータやライブの映像データなど、重たいものもバンバン入れられます。

アーカイブだけでよければBackblazeのような容量無制限の格安ストレージサービスや、S3なども検討できるかもしれません。

タスク管理ツール

今何をやらなきゃならないのか。来週までに何をやらなきゃいけないのか。あの話はどーなった? あのライブはどこまで進行した?

……よくあるやつです。バンドに限らず人生にまとわりついて離れないのが、タスクとその管理ですよね。

UIが優しい設計で敷居を下げられること、iPhoneなどのスマホでも比較的操作がしやすいことから、GFOではtrelloを採用しています。

1年半ほど前にVPSサーバーにredmineを乗せた時期もありましたが、誰一人ログインしてくれませんでした。

テレカンMTGツール

MTGのためだけに集まれないとき、テキストでのやりとりだとうまく伝わらず喧嘩になりそうなとき、などなど……複数人でテレビ電話を使ってMTGをすることがままあります。

とくに、デザイナーさんと話をするときなどにスクリーンを送ることができるのも利点ですね。

アカウントを作らなくても、ブラウザにURLを入れるだけで参加できる気軽さから、GFOではappearを採用しています。

デザインアイデア共有ツール

グッズやフライヤーのデザインをブックマークするのに、GFOではPinterestを採用しています。

管理するボードをデザイナーさんのアカウントに共有することで、イメージの擦り合わせや、ネタ帳のように使うことができます。

アカウント管理ツール

ここまで挙げてきたWebツールやSNSなど活用するにあたり、複数のログイン情報を扱うことになります。パスワードなどのクリデンシャルの扱いは非常に重要です。

GFOではアカウントごとに32桁の記号込みの乱数になるよう、パスワードを設定しています。

当然記憶できませんので、アカウント管理のためにGFOでは1Passwordを採用しています。

自分の誕生日を設定していたり、どのアカウントも同じパスワードを設定していたりすると、とっても危険です。このご時世、本当にやめていただきたいですね……。

WEBサイト周り

外向けのWEB運用に、GFOでは下記のサービスを採用しています。

いかがですか? ……そうです。活用すべきツールはとにかく

多いっ!!

しかしまあ、バンドというのは会社のようなものです。というか会社さながらの業務遂行をしていかないと、あっと言う間にダルンダルンになってしまいます。それもこっぴどくダルンダルンに。なぜならバンドマンの気質の80%がダルンダルンで構成されているからです(残りの15%はモテたい、残りの5%は音楽)。

いつ来るかわからないチャンスを逃さないようにするためにも、運営はしっかりやっていきたいものです。セルフマネジメントのバンドは特に。

「売れたいバンド」以外のみなさんも、ぜひ参考にしてください

今後この連載では、上に挙げたWebツール・Webサービスについて、お話ししていこうと思っています。これはタイトルにもある「売れたいバンド」だけではなく、普通の会社はもちろん、たとえば劇団などのちょっと特殊な組織の運営にも有用なはずです。

いま自分のいる組織で、「何だか無駄が多いなあ」「また伝達漏れ……」「ローテクな感じなんとかしたいなあ」などという悩みを持つ方は是非ぜひ参考にしてみてください。

Webツールはとても便利です。ですが、コンピューターや「新しいモノ」にアレルギー(拒否反応・嫌悪感)があったり、極端にリテラシーが低い人、それを克服する努力ができない人もやはり一定数います。そんな中で、ツールだけゴリ押して導入しようとしてもそれはきっと上手くいきません。その組織の中で足並みを揃えて、みんなでちょっとずつ慣れていくようにすることが大切です。

そうでないと、結局それらのツールを能動的に使ってもらえません。「導入したは良いけど、すぐに使われなくなってしまった」なんて経験をみなさんもしてきたのではないでしょうか。ツールを有効に使うためのカギは、その集団・コミュニティーへの働きかけ方なのです。

実際に、私はGFOで何度も何度も何度も失敗してきました。そのあたりも含めてお話ししていければと思います。

次回予告

さて、この連載では各Webツールの導入について、順を追って紹介していきます。各ツール間の連携や、最終的にはAPIを使ったプログラム実装までやれたらいいなと考えていますが、次回はこちら、

「G Suite導入編 その1」

です。入り口感ありますね。

さあ、売れたいバンドマンのあなた。そう、あなた。私に信じてついてきてください。



(気がついたらエンジニアになってたりして……)