Web事業部実績紹介
Web事業部実績紹介
2017.09.13

【まずはここから】英会話で絶対覚えておきたい 50フレーズ

まりな

Hi! Marinaです!

初めての英会話レッスンってすごく緊張しますよね。
初対面の先生、しかも英語でコミュニケーションするとなると上手く話せなかったり……
そこで今回は、英会話で絶対覚えておきたい50フレーズを紹介します!
まずはこれさえ覚えておけば、会話の第一歩は踏み出せるはず。

挨拶編

最初は、定番中の定番、初対面の挨拶です。

  1. 初めまして。 Nice to meet you.
  2. こちらこそ初めまして。 Nice to meet you, too.
  3. お会いできてうれしいです。 I’m glad to meet you.
  4. お名前を聞いてもいいですか? May I ask your name, please?
  5. Junと呼んでください。 Please call me Jun.

ここまでは、ほぼ間違いなく使いますし、それに対してこちらでも必ず対応すべき挨拶です。

出身編

挨拶が終わると、自己紹介に入ります。どこ出身なのかも聞かれることが多いです。自分のベースとなる既婚未婚や出身地など、答えられるようにしておくといいと思います。その際、出身地についてどんなところかも言えるようになっておくとよりGOODです。

  1. あなたのことを教えてもらえますか? Can you tell me about yourself?
  2. もちろんですとも。 Sure.
  3. どちらのご出身ですか? Where are you from?
  4. どちらで生まれましたか? Where were you born?
  5. 日本の東京で生まれました。 I was born in Tokyo, Japan.
  6. わたしは結婚しています(独身)です。 I’m married. (single)

趣味編

次に、趣味の話も鉄板ですね。共通の趣味があると、一気に打ち解けてフレンドリーになります。自分の趣味については、英語で調べておくといいですよ。

  1. どんなスポーツが好きですか?サッカーです。
    What sports do you like? I like soccer.
  2. 仕事が終わってからテニスをしています。
    I play tennis after work.
  3. あなたの趣味は何ですか? 私の趣味は映画をみることです。
    What is your hobby? My hobby is watching movies.

もちろん、単語だけで soccer、とかmoviesと答えても通じますが、そっけないのでしっかりと文章で伝えてあげるのが大切です。

天気編

天気は、世界中どの言語でもカジュアルかつ潤滑油的な話題ですよね。昨日、今日、明日の天気について簡単に聞かれた際の基本文です。ItあるいはいIt’sから始める言い方を覚えておきましょう。

  1. 今日は晴れです。 It’s sunny today.
  2. 今日はちょっと曇りです。 It’s a little cloudy today.
  3. 昨日は雨でした。 It was rainy yesterday.
  4. 昨晩は風がとても強かったです。 It was very windy last night.
  5. 昨晩は寒かった(暑かった)です。 It was cold(hot) last night.
  6. 明日の朝は雪が降ります。 It will be snowy tomorrow morning.

体調編

体調や健康状態を聞かれることもあります。我々も普段から「元気?」「そうだね」などと挨拶変わりに軽く確かめたりしますよね。それと同じです。
初対面の先生(スカイプであれ実際の対面であれ)も、あなたの様子を見て声をかけてくれると思います。そんな時、さっと答えられるようになっておきましょう。

  1. お元気ですか? How are you?
  2. 私は元気です。 I’m fine.
  3. あなたはどうですか? How about you?
  4. あまり良くないです。 Not so good.
  5. 私は風邪をひいています。 I have a cold.

あいづち編

会話をスムースにする「あいづち」を知っているのと知らないのでは、会話の自然さが違ってきます。例えば、「はい」と答えたい場合、「yes」あるいは「yeah」などで全部済ませてしまいがちなのですが、そこから一歩すすんで、自然な言い回しを覚えましょう。

  1. わかりました。 I got it.
  2. ほんとですか?(マジですか?) Are you serious?
  3. わかりません(理解できません。) I can’t understand.
  4. 特に理由はありません。 There is no particular reason.
  5. 構いませんよ(大丈夫です。)  No problem.

返答編

先生の言っていることが聞きとれなかったり、わからないときは、もう一度確認してから話を進めたいですよね。そんな際のお決まりフレーズです。

  1. 英語は苦手なので優しくしてください。
    I’m a beginner, so please go easy on me.
  2. もう一度言っていただけますか? Pardon, me?
  3. 聞きとれませんでした。 I can’t catch that.
  4. もう少しゆっくり言っていただけますか? Please speak more slowly.
  5. 質問の意味はわかるけど、英語でなんて言ったらいいでしょう?
    I understand what you mean. But how do I say in English?
  6. ちょっと待ってもらえますか? Wait a minute, please.
  7. ググってもいいですか? Can I Googlle it?
  8. それを書いてください。 Please write it down.
  9. メモしてもいいですか? May I take notes?

応用編

さてここからは、少しだけ応用です。SNSで仲良くなる提案をしてみたり、自分の地元(一例として北海道)のことを話したり、一歩進んで先生と上手にコミュニケーションしましょう。

  1. フィリピンで流行ってるアプリを教えて。
    Please tell me popular apps in the Philippines.
  2. 一緒に自撮りしよう? Let’s take a selfie together.
  3. facebookで申請してもいい? Can I add you on facebook?
  4. LINEやってる? Do you heve a LINE ID?
  5. 北海道は日本で一番北にあります。
    Hokkaido is locaed in the Northest part of Japan.
  6. 北海道のカニは最高よ! Crabs from Hokkaido are really good!
  7. カニを食べに行きましょう。カニを。 Let’s go out and eat crabs.

締め編

英会話の最後の締めくくりの言い回しです。先生とコミュニケーションをとって来て、最後も爽やかに心地よく終わりたいですよね。そんな時のやりとりです。

  1. ではまた。 See you.
  2. 気を付けてね。 Take care.
  3. 良い一日を。 Have a nice day.

以上、まだまだ盛り込みたい文章はたくさんあるのですが、まずは基本中の基本です。

これら50個を覚えたら、実際に使ってみたくなりますよね。LIGの運営する英会話教室START-UP ENGLISH上野では、質の高い講師によるマンツーマンのレッスンを受けることが可能です。ビジネスから日常会話まで幅広く対応しているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

START-UP ENGLISH上野はこちら