【2017年流行りそう!】画面サイズにフィットしたレイアウトのサイトまとめ9選

藤田


【2017年流行りそう!】画面サイズにフィットしたレイアウトのサイトまとめ9選

こんにちはデザイナーの藤田です。

今年最初のブログは、去年からじわじわ流行しだして、2017年WEBデザインのトレンドとなりそうな、スクリーンサイズにフィットさせたレイアウトのサイトをまとめてみました。

1. Garden Eight

1参考:https://garden-eight.com/

社名を「LETTERS」から「Garden Eight」とあらため活動を再開しましたね! サイトの初見のインパクトが「LETTERS」時代よりパワーアップした印象を受けました。「オシャレ」さと「クレイジー」さのバランス感に脱帽です。

2. gymnast colon (ジムナストコロン)

3参考:http://www.kabu-kitamura.com/colon/

「人は夜中に30回寝返りをするから良い枕を使いましょう」というメッセージを極限までにおしゃれにして伝えております。どうやったら、こんなアイディアが出てくるのか教えてほしいです。ちなみに、このサイトを制作したスタジオ ディテイルズさんのサイトもフィット型のレイアウトを採用しています。

3. Resn

2参考:http://resn.co.nz/

ニュージーランドのクリエイティブエージェンシーのサイトですが、こちらのサイトもなかなかパンチが効いております。自社サイトならではの実験的な試みがとても素敵です。

4. MONO AIR

4参考:http://www.tombow.com/sp/monoair/

フィット型のレイアウトを採用しているサイトは「クール」めな印象のものが多いですが、こちらのサイトは「親近感」のあるトーンでデザインされております。

「ターゲットユーザー」を考慮しつつも「新しい見せ方」をうまく取り入れております。

5. 選ぶ『理由』のある野菜 村上農園のブロッコリー スプラウト

5参考:http://www.murakamifarm.com/sprout/

村上農園さんのサイトはどれも、とても素敵ですね。タイトルの出現アニメーションがとてもきもちいサイトになってます。

6. 欧州品質を証明せよ。FALKEN SURVIVAL PROJECT

6参考:http://www.falken.co.jp/survival-project/

スピード感満点のオープニングアニメーションやページ遷移時のローディングアニメーションがとても素敵です。そして、背景に使用している動画のクヲリティーがとても高い!

7. smart surprise サプライズいろいろ smart forfour!

7参考:http://www.smart-j.com/special/

ページ構成が斬新でとてもおしゃれなサイトです。スクロールをすると、縦に横に縦横無尽に遷移します。

8. wrk – French Creative Web Studio

8参考:http://waaark.com/

気持ちの悪いアニメーションを気持ちよく作っております。※よくわからない表現ですみません。デザインや色使いもとても参考になります。

どれも素敵なサイトばかりでしたね! それではまた!

LIGではデザイナーを募集しております

G-02

現在 LIG では、デザイナーを募集しております。

転職活動中の方、ただお話を聞いてみたい方、興味のある方は是非ご応募ください。 お待ちしております!

募集要項

募集職種 WEBデザイナー
採用形態 中途採用
募集する人 ・高いクオリティにこだわり、世界に向けてLIGをリードしたいデザイナー
・これからのLIGを共に作り上げる仲間
主に担当していただくこと 大手企業のプロモーション施策、ブランドサイト、コーポレートサイト、リクルートサイト、Webサービスなど、さまざまなプロジェクトのデザイン業務
希望するスキル/条件 ・Webサイト及びインターフェースデザインの実務経験がある
・Photoshop、Illustratorでのデザイン経験がある
・とにかくデザインが好きな気持ちがある
歓迎するスキル/条件 ・Webデザイナーとして2年以上の実務経験がある
・チームでの開発経験がある
・コミュニケーションデザインの経験がある
・表現だけではなく、UI/UXも大切にできる
歓迎する人物像 ・デザインが好きな方
・柔軟性を持ち、自ら考え行動ができる方
・現状に満足せず、新しい技術にチャレンジする意欲がある方
・積極的に情報発信ができる方
・新しい発想やアウトプットへのこだわりがある方
・外国人の方も歓迎します

LIG のデザイナーに応募する

藤田
この記事を書いた人
藤田

デザイナー

関連記事