海外で働きたい人募集!ver.2 / LIGセブ島支社
海外で働きたい人募集!ver.2 / LIGセブ島支社
2016.12.25
第75話
べべ旅 〜ひとりぼっちの日本一周編〜

15年の歳月をかけて復活!三戸町の郷土料理「川蟹すいとん」が濃厚で美味しかった

野田クラクションべべー

こんにちは。

野田クラクションべべーです。

ここ1ヶ月ほど、青森県三戸(さんのへ)町でリモートワークをしています。

 


これまでは、三戸町にある「豊誠園食堂」(ほうせいえんしょくどう)の豚汁定食や「小山田煎餅店」の南部せんべいの取材をしてきました。

 

IMG_1535

この前、三戸町に住んでいる皆様と飲み会をしたときに、「川蟹(かわがに)すいとん」という料理の噂を。

なんでも、スープは“川蟹の甲羅と足を取り、殻ごと身も味噌もすべて、叩いて作る”そう。

 

気になる……

 

DSC_0990

ということで、「川蟹すいとん」が食べれると噂の「割烹 白山(かっぽう しろやま)」を訪れました。

 

DSC_0992

店内に入ると、川蟹スープと描かれた缶詰が。

ここに旨味が詰まっていると想像するだけで、ゾクゾクします。

そして……

 

IMG_1515

「川蟹すいとん」とご対面。

ここまで、濃厚なスープを見たのは初めてかもしれません。

 

IMG_1518

川蟹の旨味がギュッと濃縮されているわけです。

板前の皆さんが、1匹づつ丁寧に叩くことで濃厚なお味になるんだとか。

 

IMG_1536

甲殻アレルギーの人だったら、その場から逃げ出すんじゃないか? と思うほど豊潤な香りが脳裏を攻めてきます。

 

IMG_1519

中には、郷土料理「ひっつみ」が入っています。いわゆる、「すいとん」的なやつです。

「ひっつみ」の由来は、生地を薄く引っ張って伸ばし、鍋に入れるというところからきているんだとか。

また、南部小麦という地元のものを使用しているので、こしが強くモチモチ感がたまりませんでしたね。

 

IMG_1520

大葉のフレッシュさが、さらに美味しさを引き立ててくれます。

他にも、

 

IMG_1517

塩むすび。

 

IMG_1516

左から、おからの和物、ポテトサラダ、オクラの胡麻和え。

 

IMG_1521

食後にはフルーツまで付いてきます。

これで、「1,250円」というのも非常に嬉しいです。

 

IMG_1524

気づいた時には、一滴も残らず飲み干していました。

底に残った川蟹のエキスをペロペロしようと思ったのですが、世間の目を気にしてできませんでした。不甲斐ないです。

たまたま居合わせた、白山の女将を務める佳代子さんにお話をお伺いしました。

 

「川蟹すいとん」を通して伝えたいこと

そもそものきっかけは、結婚披露宴で振る舞う料理だった。

IMG_1537

元々、魚屋だったという「割烹 白山」。

料理が得意だった先代の社長が、地元で結婚披露宴で振る舞ったのが「川蟹 すいとん」だったそう。

当時、三戸町自体、豚肉、牛肉、魚介系などの贅沢な名物食材がなかった中で、「川蟹」は主食として活躍する食材とされていたとのこと。

 

IMG_1541

家庭でも作られていた「川蟹のスープ」ですが、先代の味が好きな人が多く、「スープを作ってくれないか?」と度々言われていました。

そんな中、郷土料理である「ひっつみ」と「川蟹スープ」を合体させた「川蟹 すいとん」を三戸町の名物になったんだとか。

 

漁獲高の衰退と共に、メニューから消えてしまった。

IMG_1540

しかし、年々減っていく「川蟹」の漁獲高の変化により25年位前にメニューから消えてしまったそうです。

先代から引き継ぎ、低迷していく田舎の飲食業が増える中で、「川蟹すいとん」を復活させようと考えた店主。

 

IMG_1539

とは言えども、三戸町では「川蟹」はほとんど取れません。

川蟹の料理は日本の食文化でもあります。他地域のものを取り入れようと探して見つけたのが、高知県四万十川の川蟹だったそう。

特に、冬眠前で栄養分をたっぷりと蓄えた、味が最高に美味しい秋のものだけを激選しているんだとか。

 

IMG_1538

現在は、三戸町の川や下水道などが整備され、鮎や川蟹が取れ始めているそうです。2016年度は、全体の仕入れの約2割を地元の蟹でまかなえているんだとか。

いつかは、川を更にきれいして100%三戸の蟹を使ったすいとんを提供し、「川蟹の町 三戸町」と呼ばれるように日々努力を続けているそうです。

 

最後に

IMG_1526

絶品「川蟹 すいとん」を今すぐ食べたいけど、時間がない! という人は、こちらからお買い求めすることができます。(年間で1000セット3000食ほど販売しているそうです)

割烹 白山
住所:〒039-0134 青森県三戸郡三戸町大字同心町字古間木平39-1
電話番号:0179-22-2177
営業時間:10:00~22:00※ランチは11:00~14:00(「川蟹 すいとん」は数に制限があるので、電話で聞いてからいくことをオススメします)
定休日:不定休(電話で確認)

三戸町に訪れた際は、濃厚スープに浸かってきてくださいね。

以上、野田クラクションべべーでした!