水晶を使って火おこし!焚き火から淹れる美味しい魔法コーヒーとは?

水晶を使って火おこし!焚き火から淹れる美味しい魔法コーヒーとは?

ゆうき

ゆうき

良い人生は良い朝から

P9168805

こんにちは。

熊本三角エコビレッジサイハテ住人の魔法使いゆうきです。

 

P9168814
ふぁ〜よく寝た!

 

P9168816

今日はハロウィン、みんなお化けの格好とかしてチャラチャラしてるんだろうなー。

僕は“流行り”とか興味ないし、コーヒーでも淹れようかな。

 

P9168821

そうと決まればブラジルまでコーヒー豆を取りにいこう!

 

P9168848
それじゃ行ってきまーす!

 

P9168887
ヒューーーーー!

P9168897
ドテッ!!

P9168899

「あれ??と、飛べなくなってる!?」

 

……今日のところは家にあるのを使いましょう。

 

魔法を使って火を起こす

P9169290

では、これからみなさんに魔法コーヒーの作り方を伝授したいと思います!

 

P9169063

魔法使いは人間と違って魔法が使えますからね。
ライターとか使いません。
水晶さえあれば火だって起こせます。

 

P9169056

ほら、こんなに簡単に!

……あれ? 火がつかない……。

 

P9169068

なかなかピントが合ってくれません。

水晶を使って“収れん発火”をさせる場合、光を一箇所に集中させる必要があるそうです。

 

P9169156

そんな時は慌てず頭を使いましょう。

魔法使いは決して慌てません。

 

P9169162
(やっば……油性マジックが浸みて借り物のテーブル汚しちゃったよ……汗)

 

P9169090

過去の事は忘れてもう一度火起こしです。紙だと平面でピントが合いやすくなりました!

お! 黒いものの方が火がつきやすいってのは本当ですね。すぐに穴が開き煙が出てきました。火がつくのも時間の問題ですね!

30分後……遂に着火!

P9169102

穴が開くだけで火がつく気配のないまま330分経過……半ば企画自体を諦めかけたその時、急にボワっと火が上がりました!

 

P9169187
すごッ!! 本当に火ついた!!

 

P9169202

……って、熱っ!
水晶持ってただけで火傷しました。(「水晶 火事」で検索したら、2015年11月六本木ヒルズ30階のGoogleのオフィスで火事が発生、火災に至った原因は「水晶玉」とみられる。という記事がありました。魔法コーヒー作ってたのかな?)

 

P9169217

さて、急いで種火に小枝を入れて火力を上げましょう!

 

P9169231

火が強くなったらお湯を沸かします。

 

P9169234

煙で鼻と目が利かなくなるのも魔法コーヒーの醍醐味です。

 

魔法コーヒーの美味しい入れ方

P9169248

美味しい魔法コーヒーは「蒸らし」が肝心、お湯の温度は95度前後が適温です。コーヒーの中心から500円玉くらいの範囲でフィルターが濡れないようにゆっくり少量注ぎます。

 

P9169256

20秒から45秒ほど蒸らしてから、中心で小さく「のの字」を描くように入れて落ちるのを待ちます。全体の3分の1位まで減ったら再度注ぎます。

 

P9169275

ちなみにコーヒーが膨らむのはガスが出るから。ガスを出すことでコーヒーとお湯がなじみやすくなりお湯の通り道ができます。美味しさはこの「蒸らし」で決まります。フィルターの壁側からぐるっとお湯をかけたりしないように気をつけましょう!

 

P9169274

最後に水晶で自分の未来を占います。(来月の生活費……どうしよう……)

魔法コーヒーが出来ました

P9169305

街はハロウィンで盛り上がってても、僕はゆっくりコーヒータイム。

トレンドにはのらない主義なんで。

 

P9169309

ふー! やっぱり水晶から淹れる魔法コーヒーはうまいなぁ!

 

P9169325

ジジ「ニャーニャー」

「ん? どうした? ジジ」

 

P9169329

「あ……大変! おそのさんに頼まれてた荷物届けなきゃ!!」

 

P9168777
「ブルルル〜」

P9168780

P9168788

〜Fin〜

 

サイハテ村のHPはこちら。

 

 

この記事のシェア数

261

ゆうき
ゆうき

熊本三角エコビレッジサイハテ住人のゆうきです!“エコビレッジコミュニティマネージャー”という世界でも稀な視点から“ガチ村づくり”の様子をお届けします。

サイハテ村通信 | 23 articles