Web無料相談会2018冬
Web無料相談会2018冬
2016.07.30
#36
LIGプレス

ディレクターイベント 【Dig Up Direction】vol.02を開催しました!

むむ

こんにちは。ディレクターのむむです。
先日、LIGディレクターによるディレクターのためのイベント
【Dig Up Direction】vol.02をLIGが運営するコワーキングスペース・いいオフィスにて開催いたしました!

今回は100人を超える方々からお申し込みをいただき、当日の参加者は70人を超えました。Web業界初心者の方からベテランの方々までお忙しい中、お集まりいただきましてありがとうございました!

Digup_event2※Dig Up Direction vol.02の様子。

Dig Up Directionとは?

Dig up 02

Webディレクターになってある程度経験を積んだつもりでも、ふとした時に考えてしまう「ディレクションってなんだろう?」という悩み。LIG社内でもひとくちにディレクターと言っても得意分野の振れ幅が大きく、本当に同じ職種なんだろうか? 何が正解? と考えてしまうこともしばしば。

このイベントは、必ずしも正解がひとつじゃないディレクションに対して「わたしなりのディレクション」を見つけるためのきっかけづくりを目指しています。Dig Up=掘り起こす。私たちと一緒に、ディレクションとはなんなのかを掘り起こして考えてみませんか? というイベントです。

今回は全てLT!

LTとは
“Lightning Talk” の頭文字をとったものです。プレゼンテーション方法のひとつで、発表の時間は5分程度となります。

登壇者はこの6人。

 

Dig Up Direction vol.02登壇者

テーマは、「もうしない!失敗から学んだこと」
クライアントワークも多分に含まれるため、今回はスライドの提供は控えさせていただきますが、当日話した内容のポイントをおさらいしていきます!

要件定義のお話し

Jack

ゴリゴリの技術寄りディレクター、Jackさん。
「機能要件はきちんとまとめよう」という内容でした。
「できます!」と返事をしておいて、社内に持ち帰ってみたら、「あれ? 過不足なくできるかな?」となる可能性があるので慎重にいきたいと思います。

要確認! 認識のすり合わせ不足でおこる事故

むむ

なんと初登壇させていただきましたー!
話したことを一言でいうと、「クライアントが示す言葉の意味を確認しよう」です!
考え方や捉え方など、価値観が違うメンバーが集まってより良いプロジェクトを作り上げていくものだと思います。その部分を心に留めながら今後も気をつけていきます。

定時で帰ろう! みんなをハッピーにするスケジュール管理術

ちゃんれみ

デザインもコーディングもディレクターも経験してきたちゃんれみさん。
ちゃんれみさんの座右の銘は「スケジュール管理を制す者は、Webディレクションを制す」とのこと。
スケジュールが遅延した失敗談から、解決策を紹介しました。
事前準備や進行中の判断はもちろん、予期せぬトラブルにそなえて「腹をくくること」が大事というお話でした!

ずるずるしない! NO!! というための大事な約束

はっしー

続々とLINEスタンプ生み出しているはっしーさん!
新作LINEスタンプの告知から始まり、実体験をもとにした、制作中ずるずるしがちなポイントを教えていただきました。
制作プロジェクトは、クライアントと一緒に進めるものなので、いろいろな方の意見が混ざりがちですよね。注意していきたいと思います。

みんなで意識したい、進行における確認ポイント

あらか

前職で紙媒体や体験コンテンツなどのクリエイティブに関わっていた阿羅漢さんが前職の経験と比較しながら注意したい点を話してくれました。
ひと言でいうと、内容を可視化できる資料が大事。やはり認識を合わせていくことがとても重要なようです。

こんなに違うよWeb制作 受託事業と自社事業

パーヤン

受託と自社と自主をそれぞれ経験してきたパーヤンさん。左胸にいるウォーリーがとても可愛い。
大切なお金の話や、受託と自社のゴールの違いなどを話してくれました。
それぞれに面白さと難しさがあるんですね!

食べて、飲んで、懇親会!

交流会DigUpイベントケータリング

ご飯とお酒を準備して、いざ懇親会!
今回は簡単に手でつまめるような軽食をご用意しました。
みなさんとても社交的で、積極的に意見交換や交流をしていただいて、あっという間の1時間でした!
参加者の感想を直接聞くことができて、登壇してよかったな、と思ったひとときでした。

イベントを振り返って

ディレクター初心者はどれぐらいいるの?
やっぱりベテランな人たちが参加してるのかな?

そんな疑問に答えます。

参加者の経験と参加比率をグラフにしてみました。
今回のイベントではWebの業界初参戦の方からずっとWebですという方まで幅広く参加いただいています。

参加者の経験と参加比率

Web業界に3年以上の参加者が全体の6割を占めました。それぞれの経験年数に応じた登壇内容を考えていきます!
こんなにも幅広くご参加いただいているので、ワークショップなどを通してナレッジの共有などもできたら良いですね! 次回イベントの企画が膨らみます!

また、参加率に関して見てみると、当日支払いのイベントの場合、前入金のイベントに比べて確実にキャンセルが増えます。
その数も考慮してケータリングなどを頼むとムダもなく、痛手も少ないですよね。
ぜひイベントを開催する場合は、参考にしてみてください。

さいごに

イベントをおこなうと、実際にLIGブログを読んでくれてる方やディレクターとして同じ悩みを持っている方々と交流ができるのでとても楽しいです。

そのときしか得ることができない知識や、出会い、ご縁があります。

第3回も随時告知していきますのでぜひみなさん遊びに来てください。
次回をお楽しみに!

【Dig Up Direction】vol.01のレポートはこちらからどうぞ!

以上むむでした。