Web事業部_クリエイティブ
Web事業部_クリエイティブ
2016.06.24
第3回
ディレクターズブックマーク

世界中の心が躍るイベントのWebサイト7選

むむ

ごきげんいかがでしょうか、ディレクターのむむです。
みなさんは数分で何万枚ものチケットが完売するほど大人気なイベントがあるのをご存じですか? イベント内容が魅力的なのはもちろんですが、きっとwebページにも秘密があるはず! そう感じてなりません。

そこで今回は、人々を惹きつける魅力あるイベントはどんなWebデザインを採用し訴求しているのか、イベント内容と共に紹介していきたいと思います。

1.Tomorrowland

http://www.tomorrowland.com http://www.tomorrowland.com[/caption]

イベントの特徴

世界最大級のエレクトロニック・ダンス・ミュージックの祭典tomorrowland!
3大EDM(Electro Dance Music)のひとつで、毎年ベルギーで開催されています。その人気はチケット合計36万枚が数分で即完売するほどです。

注目すべきは、フェスの世界観です。とにもかくにも会場がめちゃめちゃかわいい。
おとぎ話のような世界観が表現されており、そこにいるだけで巨大な絵本の中にいるかのような錯覚に陥ってしまいます。

2.ULTRA

https://ultrajapan.com/ https://ultrajapan.com/[/caption]

イベントの特徴

こちらも世界3大EDM(Electro Dance Music)の1つに数えられ、18カ国で開催されている音楽フェスです。マイアミで開催されたULTRA MUSIC FESTIVALが今年は3月に3日間開催され、合計16万5千人動員しました。

日本では2014年からULTRA JAPANが開催されており、2015年には9万人を動員しています。今年は2016年9月17日〜19日の3日間開催されますので興味のある方は参加してみてください。
ULTRA JAPAN:http://ultrajapan.jp

3.ELECTRIC DAISY CARNIVAL

http://lasvegas.electricdaisycarnival.com http://lasvegas.electricdaisycarnival.com[/caption]

イベントの特徴

世界3大EDM(Electro Dance Music)のひとつに数えられ、アメリカ・ラスベガスの「ラスベガス・モーター・スピードウェイ」というカーレース場をフェス会場にし、とても華やかでお祭り(カーニバル)のようなフェスであることが特徴的です。フクロウのキャラクターがイベントマスコットになっています。

2016年7月に予定されておたEDC Japanは開催が見送りとなりましたが、近いうちに初上陸するかもしれません。

4.HOLY SHIP!

http://holyship.com http://holyship.com[/caption]

イベントの特徴

世界最高峰の豪華客船で巡る魅惑のクルージング、そして無人島でのビーチパーティも楽しめる!全長330m、総重量155t。最大4100名を収容する世界最大級の豪華客船NORWEGIAN EPICを舞台に、マイアミを出発し4日間に渡り開催される「HOLY SHIP!」
参加者はそれぞれ客室に泊まりながらこの4日間のクルージング・パーティーを楽しみます。

次回は2017年1月6〜1月10日、1月10日〜1月14日の2つの日程にて開催されるこちらのイベントはすでにチケットが売り切れ状態!!

5.Day Zero Festival

http://2016.dayzerofestival.com http://2016.dayzerofestival.com[/caption]

イベントの特徴

メキシコ東部・ユカタン半島のプラヤデルカルメンは、マヤ文明が栄えた場所です。そのため、紀元前から残された古代遺跡が数多く残されています。
なんとこのイベントはそのマヤ遺跡が会場となります!
遺跡という立地に加え、古代舞踊やシャーマンを招くためイベントでは神秘的な雰囲気を体感できます。

当日は終始スピリチュアルな感覚が漂い、24時間ダンスや音楽が神に捧げられ、天に祈りながら踊りまくります。

6.BURNING MAN

http://burningman.org http://burningman.org[/caption]

イベントの特徴

アメリカ合衆国ネバダ州ブラックロック砂漠で毎年8月の最終月曜日から9月最初の月曜日(Labor Dayという祝日)までの7日間に渡って開催される、参加者主導型のアートフェスティバルです。

見返りを求めず先に何かを提供する“Give&Give”の精神のもと“商業主義からの脱却”として会場内での金銭での取引は一切禁止されています。
参加者の助け合いにてイベントが成立し、お金という概念が存在しない、日常とはかけ離れたもう1つの世界を体験することとなります。
砂漠を守るための「Leaving No Trace(痕跡を残さない)」というルールのもと、最終日には街中に施されたアート作品は燃やされていき『Burning Man』の象徴である人型の造形物「ザ・マン」が燃やされ幕を閉じます。

この砂漠の街は一年に一度だけ生まれ、一週間の狂騒の後には嘘のように跡形も無く消えてしまう幻の街です。

Burning Japan:http://burning-japan.com

7.Sensation

http://sensation.com http://sensation.com[/caption]

イベントの特徴

オランダ・アムステルダム開催されている会場内のステージやデコレーションもすべて白一色の世界で表現されたイベントです。

特徴はフェスであるにも関わらずドレス・コードが存在し参加者も“全身白い服装”でないと入場することができないというものです。前回は4万枚ものチケットが即完売しています。このイベントの会期中は、アムステルダムのほとんどのアパレルショップで白い洋服が販売され街の活性化にも繋がっているようです。

現在は21都市で開催され、2015年には日本にも初上陸!今年も9月3日に開催予定となっています。

SENSATION TOKYO:http://l-tike.com/sensationjapan

番外編 Water Run

http://waterrun.jphttp://waterrun.jp[/caption]

イベントの特徴

番外編として日本のイベントをご紹介させていただきます。
タイの水掛け祭り「ソンクラーンフェスティバル」をテーマに水てっぽうやウォータバルーンバトルでみんなびしょびしょに楽しもうというこのイベントは2015年に日本全国で開催されました。なんと東京では販売開始27分で1万2千枚のチケットが完売!! 水をかけて楽しむという童心に戻ることができるイベントです。今年も東京7月23日・24日を皮切りに全国にて開催予定となっています。

まとめ

今回は世界中が心震わせるイベントのWebサイト7選をお送りしました。魅力的なイベントばかりでしたね!
ご紹介した全てのサイトにも共通しているもの、それは写真と動画!
特に動画を使用することによってイメージがより一層認識しやすいため、ユーザーに想いを伝える点においてとても有効です。
これはイベントサイトのみならず、すべてのサービスに使用可能な方法です。

Webサイトにはコーポレートサイトやキャンペーンサイト、ブランドサイトなどたくさんの種類がありますが、どのサイトを作る場合でも重要なのは訪れたユーザーにベネフィットを感じてもらうことだと思います。
誰に思いを届けてどんなサイトにしていくのかなど、想いが届く素敵なサイトを一緒に作りましょう!

以上、むむでした。