ITベンチャーのLIGから、社員数が約5000人の会社に転職してわかったこと

菊池良


ITベンチャーのLIGから、社員数が約5000人の会社に転職してわかったこと

こんにちは、元LIG社員の菊池良(@kossetsu)です。

lig-1-2 人物紹介:菊池良
2016年3月まで株式会社LIGに在職していた元社員。ブログ記事の企画・執筆を担当していた。

 

lig-5

LIGではない六本木のオフィスからお送りします。

え? なんでそんな場所にいるかって?

 

lig-2

転職したからだよ!

 

今年の4月1日から社員が約100人のLIGから、六本木にある約5000人の会社に転職しました。

そこで今回は規模の違う会社に1ヶ月ほど勤務してみて、わかったことを報告いたします!

 

転職してわかった5つのこと

1.どんな人が働いているかわからない

5000人も社員がいると、「基本、知らない人」です。

エレベーターで乗り合わせるのも知らない人。廊下ですれ違うのも知らない人。社内の打ち合わせにやってくるのも知らない人。

知らない人だらけ。

会社って基本、知らない人が回しているんだなぁってことがわかりました。

というか僕、上司が誰かわからないんですよね。3人ぐらい候補がいて、みんな上司っぽい感じで接してくるんですが、どれが本命なんだろう?

 

2.社長がわからない

というか僕、今の会社の社長が誰かわからないんですよね。

前職のときは社長が毎日朝礼で挨拶をしていたし、何なら横にいたし、いつでも肩パンできました。

 

taka

こんなやり取りをしていましたしね(モヒカンにはしませんでした)。

 

20160205064448_b

こんなやり取りとか(僕は成長していません)。

今のところの入社初日に会社の20周年を祝う会みたいなのがあって、最前列に社長っぽい人がいたんですね。

3人ぐらいいました。

調べたらすぐわかるんですが、曖昧なままにして、事実が判明したときの驚きを楽しみたいと思います。

 

3.どのぐらい挨拶したらいいかわからない

100人ぐらいの会社だと全員顔わかるので、廊下ですれ違うときはだいたい挨拶するんです。

でも、5000人いると知らない人だらけ。知っている人にだけ挨拶するのも不平等じゃないですか。だから、極力、挨拶しないようにしています。

すると、感じ悪いんですね。

たまにいるじゃないですか。「俺は悪役に回るんだ」みたいな人。漫画に出てくるじゃないですか。漫画はいいですよ。現実だと、ただの嫌な人ですよ。だから、積極的に「あえてやっている」と言っていきますよ。

あえてやっていることを言うのってすごくダサいんですけどね。でも、これはしょうがないのです。

 

4.会社で寝ていいのかわからない

僕は会社で寝るのが趣味なんですね。

これ、自腹で購入して、勝手にオフィスに置いていたんです。あと1回も使わなかったんですが、寝袋もロッカーに入れていました。

今の職場にも寝具を持ち込もうと思っていたんですが、椅子の背もたれがけっこう倒れるので、そのまま寝ています。

……が、僕とツベルクリン良平っていう男はよく寝ているんですが、他に寝ている人を見たことがありません。

寝ちゃいけないのかもしれません。

起きている皆さん、もっと寝ましょう。

 

5.将来のビジョンがわからない

会社の人事っぽい人から「将来のビジョン」を聞かれたりするんですよね(本当に人事なのかは確認していません)。5年後、10年後どう働きたいのか、って。

何にもないんですよ、そういうの。

そのたびに思いつきを喋っていたんですが、そろそろバレますね。「どうなるかわからないけれど、面白そうだからやる」っていうのがたいていの動機なんです。転職を決めた理由もそれです。

ちなみにこれも思いつきなので、次聞かれたときはまた別のことを喋ると思います。転職を決めたのは思いつきです。何にもないんです。

 

まとめ

lig-8

以上、転職してわかったことをまとめてみました。

え? ぜんぜんわかっていないじゃないかって?

 

lig-2

たった1ヶ月でわかるかよ!

 

lig-6

ただ……1つだけ言えるとしたら転職は気分転換になる……ってことかな。

それじゃあな。

 

ちなみに他のサイトで転職についてのインタビューを広報に黙って出したら、「おいおいおい」となったのでこの記事もなるかもしれません。

 

 

菊池良
この記事を書いた人
菊池良

メディアクリエイター

おすすめ記事

Recommended by