NTTドコモ様_dカーシェア
NTTドコモ様_dカーシェア
2015.12.14
第26話
漫画チャンネル

管理人さん、もう少し落ち着いて!こっちが持たない!!『めぞん一刻』vol.3

阿羅漢

こんにちは、ディレクターの阿羅漢(あらか)です。

1巻2巻に続き、『めぞん一刻』文庫本第3巻における、管理人さんについて語らせていただきます。

この連載は、ぼくが心揺さぶられた「管理人さんの言葉」を勝手に語る備忘録です。全男性の理想である管理人さんに、読めば読むほど、深みにハマっていくのです……(((底なし)))

 
今回は、文庫本第3巻に収録されているエピソード【SOPPO】〜【見るものか】の中から、選りすぐりのセリフ8選を紹介させていただきます。

ぼくが『めぞん一刻(文庫本)』の3巻で振り回されたセリフ8選 ※ネタバレ含

めぞん一刻 (3) (小学館文庫)

めぞん一刻 (3) (小学館文庫)

  • 著者高橋 留美子
  • 価格¥ 648(2015/12/01 03:33時点)
  • 出版日1997/01
  • 商品ランキング208,044位
  • 文庫334ページ
  • ISBN-104091921736
  • ISBN-139784091921734
  • 出版社小学館

この巻でも、年末年始のイベントづくし(2巻から1年経過しています)。エピソードを重ねるごとに、管理人さんの感情は激しく揺れ動きます。そして、それを見守る読者の感情は、きっとその倍、揺れ動くはず。そんな揺れまくりのセリフ8選です。

「いいんです、あたし、もう男の方とおつきあいしたくないんです。」

(エピソード「SOPPO」より)

五代と三鷹に対し、そっけない態度を続ける管理人さん。住民の一ノ瀬さんは「そんな態度を取ってると嫌われちゃうよ」とアドバイスしますが、それに対抗するかのような頑ななひと言。

おお! まじか! それいいね!! 永遠にヒロインのままでいてくれるという安心感ね!!! おつきあいなんてしなくてぜんぜんいいんです!!! 

「いいのよ きらわれたって。あたしは一生ひとりでとおすんだから。」(心の声)

(エピソード「SOPPO」より)

2人にそっけない態度を取り続ける管理人さん。ついには自身の態度のせいで、五代と三鷹が愛想をつかしたのでは、と疑心暗鬼になりはじめます。

いいですね! その方向でどんどんお願いします!! 一生ひとりでいいんすよ!!! ……と思ったのもつかの間、5コマ後には三鷹からのデートの誘いにうれしそうに快諾するという暴挙!!! 

いやちょっと待ってよ! それはない! それはないわ!! 1話の中でどんだけあげて突き落とすんだよ!!

「ここはおねえさんにまかせなさい。」

(エピソード「ショッキング・ジョッキ」より)

五代の働くビアホールに一刻館の住人たちが押しかけ、タダ酒をたかろうと飲みまくります。そんな中、自分だけは理性を持ってストッパーになろうと、五代を呼びだし、注意を促す管理人さん。しかし、そんな彼女もだんだん酔いが回りはじめ、ぜんぶ自分が払うと言い出してのひと言。

この “自分はしっかりしてると思い込んでる感じ” がたまらないですねー!!

そして、わかりますね! うん! 「おねえさん」という神ワードですね!! 自分で言っちゃうんすよ? こんなん、たまらない以外の何物でもないっすわ。

そういえば、むかし実際言われたことあるな……「ここはおねえさんにまかせなさい」って。こんなん、もう一生ないんだろうな。大人になるって、こういうことなのかな……。(失望感)

「そう、なんにもなかったの……」

(エピソード「祭りの暗い片すみで」より)

お祭り会場の暗闇で、五代とこずえさんが一緒にいるところを目撃した管理人さん。「何かあったんじゃないのか」と気が気でない様子でしたが、何もなかったと四谷から聞かされ、家に帰って上機嫌でつぶやきます。

浴衣姿で、上機嫌で、金魚に話しかけてしまう管理人さん。このコマはですね! 前後の2コマとあわせると、流れも、構図も、表情もとても美しいんですよ!!

惜しむべきは、この前に三鷹にキスされそうになるシーンが入っているところですよ! ぬぅ!! それさえなければ心穏やかに浸っていられたのに!!!

  • 1
  • 2