NTTドコモ様_dカーシェア
NTTドコモ様_dカーシェア
2015.12.04
第15話
漫画チャンネル

管理人さん、ぼくはあなたの嫉妬に振り回される……『めぞん一刻』vol.2

阿羅漢

こんにちは、ディレクターの阿羅漢(あらか)です。

前回に引き続き、『めぞん一刻』の紹介……というより、管理人さんについて語らせていただきます。

この連載は、ぼくが心揺さぶられた「管理人さんの言葉」を勝手に語る備忘録です。全男性の理想である管理人さん。読めば読むほど、深みにハマっていくのです……(((底なし)))

 
今回は、文庫本第2巻に収録されているエピソード【ギンギラギンにさりげなく】〜【あれがいい】の中から、選りすぐりのセリフ4選を紹介させていただきます。

ぼくが『めぞん一刻(文庫本)』の2巻で振り回されたセリフ4選 ※ネタバレ含

めぞん一刻 (2) (小学館文庫)

めぞん一刻 (2) (小学館文庫)

  • 著者高橋 留美子
  • 価格¥ 648(2015/12/01 02:48時点)
  • 出版日1996/12
  • 商品ランキング223,602位
  • 文庫350ページ
  • ISBN-104091921728
  • ISBN-139784091921727
  • 出版社小学館

文庫版第2巻は、年末年始のイベントづくし。エピソードを重ねるごとに、感情的な行動やセリフが増えていき……その一つ一つに主人公の五代、いやぼくが振り回されていくのです。

「ほんとにもう……なにやってんのあのバカ。」

(エピソード「帰らざる彼」より)

実家からなかなか帰ってこない五代に対して、イライラしている管理人さんの心の言葉。ヤキモチのときの管理人さんは、口が悪くなります。これがたまらない。

あとね。こういうときの管理人さんは、だいたい目を見開いて白目の面積が増えます。これもたまらなくかわいい。
余談ですが、ときどき北川景子が、これに近い “吊りあがった目” をやります。まぁいうまでもなく管理人さんの方が可愛いんですけどね。彼女も、まぁ頑張ってるほうじゃないかなと。

「私、まだなんと言っていいのか……」

(エピソード「三年待って」より)

五代の恋のライバル・三鷹にプロポーズをされた管理人さんの返答。

はいはい! ちょっと待って!! ぜんぜん意味がわからない! え? てなるから! 惣一郎さんに対する気持ちの整理が……てのはわかるよ。まぁ、わかる。でも、これ、三鷹も可能性あるの??? ってなるじゃん。そこは、「なんと言っていいのか」じゃなくて、「まだ考えられません……」であるべきじゃん! 

これはヤバい。

  • 1
  • 2