Web無料相談会2018冬
Web無料相談会2018冬
2015.11.27

東北を応援&支える素敵なロゴデザイン12選

すーちゃん

こんにちは、デザイナーのすーちゃんです! 
実りの秋ということで、季節限定のカボチャプリンに目がありません。

実はわたし、今年の秋口に上京したばかりで、その前は東北のはしっこの福島県に住んでいました(栃木県、茨城県とお隣さんですよ!)。
時折、肌を突き刺すような冷たい風が恋しくなります……。

ということで、今回はわたしの故郷でもある東北を応援&支えているロゴマークをご紹介したいと思います! 

Treasureland TOHOKU JAPAN

Treasurelang TOHOKU JAPAN 日本東北

http://www.tohokukanko.jp/feature/phoenix/

外国人旅行者誘致のイベントのために、東北全体が共通して使用することのできるロゴマークだそうです。

復活の意味を込めてフェニックスを使用しているのですね。
日本地図の東北6県+新潟県の部分のカラーがさりげないので、フェニックスの存在感や勢いを立たせています。

未来へススモーション!!新しい東北

未来へススモーション!!新しい東北

http://www.gov-online.go.jp/cam/fukko_susumotion/

東北の被災地の方々が新たな未来へ進んでいけるよう、情報を発信しているサイトのロゴマークです。

斜め上への傾きと、斜体のかかった書体が、気持ちを上向きにさせてくれます。
また、赤に近いオレンジ一色からブレない強い意思を感じます!

ふくしま夢つながるプロジェクト

ふくしま夢つながるプロジェクト

http://yumetsunagaru.jp/

福島県の復興に向け、子どもたちが描いた絵で動画を製作するプロジェクトのロゴマークです。

一人ひとり違う未来を、一つひとつテキストの色を変えることで表現されているのでしょうか。丸いっぱいにクレヨンで書いたような雰囲気に、子どもらしいのびのびとした元気さを感じさせますね! 

東北応援ビレッジ

東北応援ビレッジ

http://www.jpn-civil.net/tohokuouen2015/

東日本大震災の記憶を風化防止を目的としたイベントのロゴマークです。

ビレッジの「ジ」にハートと人のモチーフを使用しているところに、人と人が寄り添っているようなあたたかみを感じますね。

只見線応援団

只見線応援団

https://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/16005d/tadami-ouenndouga.html

福島県会津若松市と新潟県魚沼市を結ぶ秘境路線、只見線。一部不通になっている区間があるとのことで、その復旧を応援する「只見線応援団」のロゴマークです。

地元のみならず全国の方々に愛されているので、親しみのあるフォントがよく合っているなと思います。カラー数は多いですが、漢字のところどころに黒を用いているので、うるさくならずに締まりがありますね! 

福が満開、福のしま。

福が満開、福のしま。

http://dc-fukushima.jp/

福島県の観光キャンペーン、ふくしまディスティネーションキャンペーンのキャッチコピーです。

ハンコをペタッと押したようなかすれが、観光地に置いてあるご当地スタンプを思わせます。カラーや加工がポップですが、書体が落ち着いているので、しっかりとコピーに目が向きますね! 

他にも、福島県のご当地キャラ「キビタン」や、大河ドラマ「八重の桜」で有名になった「八重たん」と組み合わせたものなど、数種類のパターンがあります。

  • 1
  • 2