ナイルさまイベント
ナイルさまイベント

働くママ・パパを支える!子育てと仕事を両立できる制度を調べてみました。

ぺちこ

会社がつくる、ママ・パパにうれしい制度

ということで、続いて「会社側はどんな制度をつくっているのか?」という部分を見ていこうと思います。上記にあるような、産休・育休・時短勤務など以外にも、いろいろな制度をつくって運用している会社さんがあったのでご紹介します

株式会社サイバーエージェント

サイバーエージェントさんで実施している制度はこちらです。

macalon(マカロン)パッケージ

女性が働きやすい環境を、というところから2014年に始まった制度のようです。内容を読むと、ママに限らず女性が助かる!と思える制度が詰まっています。

エフ休

女性特有の体調不良の際に、月1回取得できる特別休暇。

妊活休暇

不妊治療中の女性社員が、治療のための通院等を目的に、月1回まで取得可能な特別休暇。急な通院や体調等に考慮し、当日取得が可。

妊活コンシェルジュ

妊活に興味がある社員や、将来の妊娠に不安がある社員が、専門家に月1回30分の個別カウンセリングで相談できる制度。

キッズ在宅

子どもの急な発病や登園禁止期間など、子どもの看護時に在宅勤務できる制度。

キッズデイ休暇

子どもの入園・入学式や親子遠足、参観日といった学校行事や記念日に取得できる特別休暇。年に半日休暇2回の取得が可能。

参照元:https://www.cyberagent.co.jp/news/press/detail/id=8759

オイシックス株式会社

オイシックスさんではパートでも取得できる育休・産休があります。

Oi39(オイサンキュー)&Oi19(オイクキュー)

オイシックスさんの育休取得率100%、育休復帰率96%を実現する、ママ向けに設けられた制度の総称。仕事で活躍したいママ向けに「チャレンジママ採用」という採用枠を設けるなど、積極的に制度づくりに取り組んでいらっしゃるようです。

パート、パパも取得可能な育休・産休

パートでも1年以上の勤務実績があれば産休、育休取得可。
もちろんパパの育休取得も可能。どちらも実績有り。

育休の延長

最大2年間まで取得可能。

無認可保育園入園児の補助

育休から復帰の際に認可園に子どもが入れなかった場合、認可園に転園するま
で、保育料の会社補助がある。

在宅勤務

リモートのシステムが整っているため、在宅勤務も可能。

2時間から時間有休取得可能

ママ社員に限らず時間有休取得可能なため、子どもの急な体調不調等にも対応
しやすい。

家族の社内イベント参加

年に数回開催するブランド体感会(人参畑やビール工場等、オイシックスが契約
する生産者さんの所へ社員が出向き、収穫や手作り体験を通じ、自社のブランドを体感する会)などの社内イベントに、社員の家族も参加が可能。家族が仕事への理解を深めるきっかっけとなる。
また、社内パーティや社員総会では保育サービスを準備するなど、ママが参加しやすくなるような配慮をしている。

参照元:http://www.oisix.com/saiyou/person/mama.html

株式会社アドウェイズ

最後に、アドウェイズさんの制度をご紹介します。

アドウェイズベイビー

社員の子どもや家族が求めていることを伝える場を定期的に用意し、本当に必要とされる制度を作り、さらにこれを徹底するために設立した、社員の子どもを中心とした会社とのこと。ちゃんとコーポレートサイトもあります。(子どもたちかわいい!)
家族のための新しい制度を提案する「こども役員会」を開催しているそうです。

パパママコンシェルジュ

アドウェイズベイビーの第一弾として開始された制度。妊娠期間から子どもが小学校卒業するまで、以下の項目から必要に応じてカスタマイズできる制度だそうです。

  • 在宅勤務
  • 時短勤務
  • フレックス勤務
  • 子供特別休暇
  • ベビーシッター(株式会社ポピンズと業務提携)
  • 一時帰宅許可
  • その他の費用負担(認可園に入れず無認可保育園や保育ママに預けるなどしている費用の負担)

ハッピーライス

ご家族の誕生日に、5kgのお米とメッセージ&写真を添えてお届けする制度。働く姿を家族に見せる機会のひとつですね。

ファミリーデイ

社員のご家族参加型の社内見学会。こちらもハッピーライス同様に働いている環境や一緒に働く人たちなどを家族に見せる機会のひとつ。実際に会社まで足を運ぶことができるのは良いですね。

参照元:http://www.adways.net/press/adways305.html

さいごに

ママ・パパ向けの制度といっても私自身はママではないので、正直どういった制度が本当に必要とされているのか、というのはなかなかわかりませんでした。
しかしこうして調べてみると、国でも制度が用意されていますが、思っていた以上に会社側で様々な工夫のある制度を整えているんだな、と驚いています。

しかし! こうやって調べていてもたどり着くのは「制度をつくる側の声」がどうしても多くなってしまうので、ぜひ次は「本当のママ・パパの声」を聞きましょう!

「ママ&パパデザイナーの働き方を考える会」を開催します

LIGSHIP vol.2 ママ&パパデザイナーの働き方を考える会

冒頭でも触れたとおり、今週末11/14(土)に、「LIGSHIP vol.2 ママ&パパデザイナーの働き方を考える会」を、開催します!

当日は、現在進行形でデザイナーをやっていらっしゃるママを3名お招きし、仕事と育児にまつわるアレコレをパネルディスカッション形式で聞いていきます。
また、本文中でご紹介した「株式会社アドウェイズ」の人事担当にも来ていただいて、実際の制度についてなどもお話しいただきます。

パパ2名によるパネルディスカッションもあり、女性・男性関係なく、参加されたみなさんにとって有意義な時間になるかと思います! ぜひ興味のある方はご参加ください!

>>イベント詳細・参加申し込みはこちら<<

それでは、また。

  • 1
  • 2