「言葉オタクなんです、私」大きなフィクションのためには小さなリアルが必要 | 脚本家・舘そらみ氏インタビュー #私たちのハァハァ

ナッツ


「言葉オタクなんです、私」大きなフィクションのためには小さなリアルが必要 | 脚本家・舘そらみ氏インタビュー #私たちのハァハァ

こんにちは、ナッツ(@nuts612)です。
先日、新宿テアトルで『私たちのハァハァ』という映画を観てきました。Vineで有名な大関れいかさんなど、女子高生4人が自転車で福岡から東京へ旅をするロードムービーなのですが、正直「これ、脚本あるのかな?」と疑ってしまうくらい、一つひとつの台詞がリアルなんですね。

そんな話をLIG社内でしていたら、ディレクター・パーヤンが「脚本書いている舘そらみ、知り合いっすよ」ということで、そらみさんにお話をお伺いしてきました!
「 “リアルっぽい” だけでは世の中に問題提起できない」と語るそらみさんのお話は、文章に携わる方、表現に携わる方、必見です。

そらみさん(@_sorami) 舘 そらみ
脚本家。劇団ガレキの太鼓を主宰、青年団演出部所属。現在は執筆活動のかたわら、全国の小中学校などでワークショップを行っている。
Twitter:@_sorami

 

いかに少ない言葉、直接的でない言葉でリアルなキャラクターを描くか

— 映画面白かったです! Vineで有名な女子高生・大関れいかさんも、彼女らしさがすごい出ている台詞でしたね。

Twitterとかめっちゃ検索するんですけど、「アドリブなんじゃないか」って言われてムカついたりしてます、私が書いたんだぞと(笑)
出演者も後から決まったんですよ。だから大関れいかちゃんが出るなんて私知らずに脚本を書いていて。難しかったですけど、リアルっぽく見せることに成功していたなぁと思いますね。

 
— リアルっぽく見せるために意識していることはありますか?

実はここ7〜8年、ずっと模索してきてたんですよ。リアルとは何かって。だけど、「リアルって突き詰めると評価されないなぁ」と思ってます(笑)
本当のリアルなんて物語にならないんですよ、リアルじゃないものをいかにリアルに見せるかが大事で。「リアルなシーンを切り取っただけじゃない?」って言われたりしますけど、実は技術で塗り固められている。
たとえば本作でも喧嘩するシーンがあるんですけど、「喧嘩やめようよ」という台詞にしたらつまらない。「みなさーん、ここ道路ですよー」という台詞にしていたりして、「喧嘩やめようよ」って言ってないのにそう聞こえてくるし、キャラクターが見えてくるんです。
削って削って、できるだけ少ない言葉で、かつ直接的でない台詞でどうやってキャラクターらしさを見せるか、なんですよね。

脚本家・舘そらみインタビュー

— 今回は、どうやって女子高生のリアルを描いたのですか?

やっぱり主人公と同じ境遇の人、つまり今回でいえば女子高生がリアルだと感じないとダメだと思うんです。なので女子高生を書くって決まってから数ヶ月は、ずっと女子高生のことを考えたり、電車の中でおしゃべりしてる女子高生を観察したりするんです。そして、聞いた言葉をそのまま使うのではなく、「なんで、この子はその言葉選びをしたんだろう?」と考えて。
同じ言葉を繰り返す子は自信なさげだけど自己顕示欲強そうだなとか、手振りを使う子ってあまり美人な子いないなとか(笑)
そういうのをいろいろ見ながら妄想をしていくと、その子のコンプレックスはこれだから、こういう言葉使うんだろうなとかが見えてくるなと。

「死のうと思った」理想と違った日本という国

『私たちのハァハァ』主題歌「わすれもの」MUSIC VIDEO

— 舘そらみさんはどういった女子高生でしたか?

高校生のときはデモ行ったりとか、9.11のときも校長室に行って「授業なんてやってる場合じゃない! なぜ9.11が起こったのか研究する時間をください」とか言ったりして、すごい気持ち悪い高校生でしたよ。
あとX JAPANが好きで、毎週末はXファンと原宿に集まって円陣組んでましたね(笑)

 
— すごい思春期MAXな高校生ですね(笑)

そもそも幼少期は私、トルコとコスタリカで育ったんです。そして当時は日本のことを超かっこいい国だと思ってた。戦争もすごい身近な環境だったので、まわりからも「日本は平和な国だよね」と言われてきて。
だけど小学校6年生のときに日本に戻ってきて、「あれ? あんだけ理想としていた国がここ?」みたいな。そういった想いから活動的な10代を過ごしていました。

 
— 小学生の頃に、理想と現実が違うことを目の当たりするのは相当ショックだったんじゃないでしょうか?

そうですね。しかも帰国子女だからというのもあって、いじめられたりして。なので……死のうと思ったことがあったんです。
そのときになんとなく流した音楽がX JAPANで、「なんていい歌なんだ!」って涙流したんです。すべてが敵だと思ってたときだったので、「Xだけが私の心を支えてくれてる!」と思っちゃったんですよ(笑) それからXファンになりました。

 
— そらみさんのWikipediaを拝見したんですけど、暴走族だったんですか?

ちょっとだけ横須賀を中心に活動するレディースにお世話になったことがありまして。ほんとにちょっとだけですよ!(笑)
勉強に困ったことがなかったんですね。それでエリートコンプレックスというか、「恵まれているからこその経験の乏しさ」への危機感がずっとあって。だから「今の自分には見えてない世界に飛び込みたい」そんな欲求がありまして。生徒会長もやりながら、出入りしてましたね。

 
— 普通の高校生だと、そう思ってもなかなか行動には移せないですよね。

「なんか、ここじゃない感」みたいなのがずっとあったんですよね。「どこかに行けばユートピアがあるはず! どこかに行けば自分と同じような人がいるはず!」と思って、ずっと動き続けていて。だから大学のときも世界一周の旅に出たり。ずっと自分の居場所というものを探し続けていました。

「脚本家になるので辞めます」あと3年で死ぬとしたら自分は何をしたいか

脚本家・舘そらみインタビュー

— 大学では演劇サークルだったそうですが、卒業後は演劇の道ではなく一般企業に就職したのはなぜですか?

世界一周して欲がなくなっちゃったんです。「生きてるだけで幸せじゃん!」みたいに思って。それでも辛うじて保持できてた欲が「戦争の悲惨さと繋がっていたい」だったので、イラクに病院を建設している医療コンサルに入ったんですよ。
だけど、どうやら私は社会人生活ができないみたいだぞと気づいて。毎朝起きてちゃんと会社行くとか、敬語を使うとか、「本当にムリ〜!」と思っちゃったんですね(笑)
学生時代は夜の仕事などもやっていたのでお金に余裕があったんですけど、社会人になってからお金はないのに金銭感覚は変わらずで、借金つくっちゃったりもして、結構精神的にまいっちゃって。いろんなことが急激にうまくいかなくなり、急激に生きにくさを感じてしまいました。

 
— それで仕事を辞めて、演劇の道へと。

そうですね。そのとき、「あと3年で死ぬと思ったら、じゃあ自分は何をやりたいんだろう」と思ったんです。そうしたら「作品を生み出したい!」と思っちゃって。
それですぐ上司に「脚本家になりたいので、辞めます」と伝えました。1年経たずに辞めちゃいましたね。

 
— 当時はどういった脚本を書きたいとかはありましたか?

世界一周をしていたときも、途上国とか貧困国中心に回っていたんですね。その世界一周の経験って私の人生においてめちゃくちゃ影響力が強くて。世界には信じられない事柄がたくさんあるから、それを脚本で伝えたいと思ってました。
そして苦しんでいる人、社会的弱者のことを伝えたいなって。いまでも、作品によってもちろん違いますが、特に私が10代のころ接してきた人たちに伝えたいと思ってます。

「言葉オタクなんです、私」大きなフィクションのためには小さなリアル

脚本家・舘そらみインタビュー

— 「伝える」ということにおいて意識していることはなんでしょう?

書き手に嘘があると伝わらないんじゃないかって。先ほどお話したリアルに繋がるんですが、「大きなフィクションのためには小さなリアル」というのを掲げています。
そして物語をつくるためには、書き手が「もう、100%の力を作品に入れ込みました!」というのでないと、物語として成立しない、力を持った作品にならないんじゃないかと思っていて。作り手の力の加減って絶対バレるから、必ず熱量はさぼらずに入れたいなと思ってます。

 
— そのためにもご自身が経験した “リアル” を作品に込めていくイメージ?

そう。今まで自分が生きてきて経験した、「未だに忘れられない悔しさをこのシーンに入れよう」とか、「あのときの絶望感をこの役に託そう」とかはしていて。そこに込めているものはフィクションではなく、私にとって本物、リアルなんですよ。
なので経験してきていない感情は描かない、もしくは自分が捉えていない感情は書かないですね。

 
— 一方で、リアルっぽすぎてもいけない。

「リアルっぽいね」という感想はもったいないと思うんです。なぜリアルと感じたのか、あれがリアルだとしたら世の中どうなんだろうとかって思ってもらえて、作品に意義が出てくると思ってるので。
そもそも観客が「嘘くさいな」と思ったら自分の身とか世の中と照らし合わせてくれないんですし、一方で「これは作品だ」と思ってもらえないと、世の中に問題提起できないと思うんですよね。
だから「リアルだね」だけだとダメなんですよ。客観視してもらわないと。なので、いかにノンフィクションをフィクションにしていくかが大事ですね。

 
— 映像として伝える上で、「言葉」というのはどれほど重要性を持つものなのでしょうか。

脚本を書き始めた頃、どうやったら登場してくる人間がイキイキするかって考えていたんですが、やっぱり「人に放つ言葉」って存在感がものすごい大きい。もちろん表情とかも大事なんですけど、他人に投げかける言葉って影響力がすごいと思うんです。
それで私は「言葉を真剣に考えてみよう」と思うようになりましたね。まあ、もともと言葉オタクなんですよ、私。だから趣味嗜好とマッチしていた。基本ひとりでずっと妄想して、独り言をずっとしゃべってます(笑)

 
— さいごに、そらみさんの今後の展望を教えてください。

『私たちのハァハァ』もそうですが、ワークショップなどで中高生と会ったりすると、世の中には「彼女らが観るべき作品が少ないな」と思うんです。
やっぱり10代の頃って、私もそうでしたがどこかにユートピアがあると思ってるし、自分にコンプレックスを抱いている。
そんな中で、「こんな人間もいるんだぞ」という私自身の後ろ姿を見せられ続けたらいいなと思っています。そういった脚本を今後も作り続けられたら最高ですね。

おわりに

「こんな人もいるんだ」

もやもやとした思春期、僕自身も当時観た映画に救われたことがあります。映画だとわかっていても自分ごとのように感じられる、そして「自分はひとりじゃない」と気づく。そういった経験をされたことがある人は多いはず。

“リアルっぽさ” を持った作品をつくるためにも、僕自身「言葉」というものをもっと意識しようと改めて思いました。脚本家や小説家を目指されている方、文章に携わる方、そして表現に携わるすべての方の参考になれば幸いです。

まだまだ劇場にて公開中!
>>映画『私たちのハァハァ』オフィシャルサイト<<

(撮影協力:遊べるBAR fuga;fuga

ナッツ
この記事を書いた人
ナッツ

4代目広報担当

関連記事