Web無料相談会2018冬
Web無料相談会2018冬
2015.11.13

A/Bテストツール「VWO」の隠れた機能とは?使い方の実例公開

小林 利光

こんにちは、株式会社アッションの小林です。

全3回の「失敗しないためのA/BテストやLPOのやり方シリーズ」第3弾です。

A/Bテスト・LPOシリーズ

これまで2回にわたって、

  • A/Bテストが失敗する理由とその対処方法
  • 成果の出るテスト案を考えるための考え方

をお伝えしてきました。

それらを踏まえた上で大事なことは“いかに素早くPDCAを回すか”です。
そこで便利なのは、A/Bテストをスムーズに回せて、しかもプログラミングや統計の知識がいらないA/Bテストツール

A/Bテストツール「VMO」とは?

World s Easiest A B and Split Testing Software   Visual Website Optimizer.
https://vwo.com/jp/

弊社の取り扱っているVWO(Visual Website Optimizer)は、テストページごとのヒートマップが取れるなど豊富な機能を持ったA/Bテストツールです。
LIGブログでも「ABテストツール「Visual Website Optimizer」でWebサイトの改善をしよう【導入編】」で取り上げられています。

今回はそのなかから「こんなことができるんだ!」と驚かれることの多い“セグメント機能”をご紹介します。

VWOで活用できる、便利なセグメント機能一覧

VWOでは、16種類のセグメント分け配信を行うことができます。
そのなかでも、特に活用していただくことの多い機能を7つピックアップしてみました。簡単な活用例も記載しています。

1. モバイルデバイス(タブレットも)別配信

<機能>
iPhone、Androidなど、モバイルデバイス別にページを表示させる。
※レスポンシブWebデザインのサイトでも問題なく配信されます。

<活用例>
スマートフォン(iPhone、Android)ユーザー向けに電話タップボタンを目立たせて、電話でのコンバージョンを獲得する。

2. リファラー別配信(SNSからの流入も判別可)

<機能>
ある特定のページから来訪したユーザーに対してページを表示。
SNSから来訪したユーザーに対して表示させることも可能です。

<活用例>
アフィリエイトサイトから来訪したユーザーに対して、期間限定キャンペーンの訴求をおこなったページを表示させる。

<活用例2>
Facebookから流入したユーザーに対してランディングしたユーザーに対して「いいね!」ボタンを増やし、コンテツの拡散を促す。

  • 1
  • 2