Web事業部_クリエイティブ
Web事業部_クリエイティブ
2015.11.12

A/Bテストを成功させるためのフレームワーク【3W2H】

小林 利光

こんにちは、株式会社アッションの小林です。

全3回の「失敗しないためのA/BテストやLPOのやり方シリーズ」第2弾です。

A/Bテスト・LPOシリーズ

A/Bテストを成功させるために、最も重要なこと。
それは、“効果的なテストアイデアを考案すること”に他なりません。

  • テストのアイデア出しは勘でおこなっている
  • 1回目のテストは好調だったが、2回、3回目となるとうまくいかない
  • 自信を持って自分のテストアイデアに効果がある!と言い切れない

など、根拠ある数字や考え方を元に効果的なテストアイデアを考案することがなかなかできないものです。

そこで今回は、そんな方のために自信を持ってテストアイデアを作成できる手順をご紹介いたします。

A/Bテストを成功させる【3W2H】

3W2Hと見ると、誰もが英語で習った「5W1H」を思い出すのではないでしょうか。

A/Bテストをおこなうために、どう分析をしてどこから手をつけて良いのかを決定するのに効果的なのが【3W2H】です。

3W2H一覧
  • Who:どんなユーザーが?
  • Where:どのページに訪問して?
  • Why:どうしてこのページでテストする価値がある?
  • How:どういったプロセスを経てきた?
  • How feel:どういった心理状態でランディングしてきた?

それでは、ひとつずつご説明いたします。

Who:どんなユーザーが?

「誰に対して」を明確にします。いわゆる「ペルソナ」と似ていますが、そこまで気負わなくても良いので、どんな人が購入するかを想像しましょう。

ここでのポイントは、あれもこれもと複数人をターゲットにするのではなく、「まさに、この人のための商品だ!」と思えるような対象にしぼり込むことです。(例:女性の30代後半の子持ち女性)

Where:どのページに訪問して?

よく見られているページをアクセス解析ツールで分析し、どのページからテストをするか優先順位を設定します。具体的には、ページの訪問者数の多い順に並べていくと良いでしょう。
また、ぺージの収益貢献度が多い順に並べたあと、「訪問者数を多い順」と「ページの集積貢献度」の高い順に並べ、スコアリングをして優先順位付けします。

  • 1
  • 2