海外で働きたい人募集!ver.2 / LIGセブ島支社
海外で働きたい人募集!ver.2 / LIGセブ島支社
2015.10.31
第4話
LIGのハロウィン物語

LIGのハロウィン物語 第4話『ショック・ザ・パンプキン』

うらら

01

前回までのあらすじ
「椅子が狭すぎる」と思ったけど、実際には狭くなかった。

 

 

■ハロウィン物語シリーズ

 

02

「うっ… ううっ…。」

 

 

03

「何を泣いている、27号。」

「あっ… 教官…。」

 

 

04

「…実は昨日、彼氏と別れたんです。」

「…は? …お前、今日が何の日か分かっているのか?」

 

 

05

「…ハロウィン?」

「………。」

 

 

06

「いいかい、お嬢ちゃん。よく聞きな。」

「うっ…!」

 

 

07

「ハロウィンには恋愛なんて必要ねぇんだよ。」

「………。」

 

 

21

「大体、お前、ジャック・オ・ランタンとしての自覚がなってねぇ!」

 

 

08

「この日の為に、体調を整えておくのがパンプキン界、鉄の掟だろうが!」

「ひぃ…!」

 

 

09

「チッ… 小便くせぇ小娘が。一丁前にパンプキンガールきどりやがって」

「ううっ… すみませ… すみませプキン。」

 

 

10

「これから、頑張っていく次第でありまプキン!」

 

 

11

(こ、こいつ… 語尾をカボチャっぽく…?)

 

 

12

(…そんなルール、今まで無かったのに。)

 

 

13

(しかも、このタイミングで顔を盛り始めた…!)

 

 

14

「私、山P 狙ってるんで!」

(…現実から目をそらしやがった!)

 

 

15

(まぁ、しょうがないか。平成生まれだしな、コイツ。)

 

 

16

「…27号。 出かけるぞ。準備をしろ。」

「えっ? 出かけるって、どこへ… どこへプキン?」

 

 

17

「秋◯原だ。今日がコスプレの祭りだと勘違いしてるヤツらに恐怖を与えてやる。」

「なるほど。」

 

 

18

「年齢と戦うメイド共に本物のトリック・オア・トリートってヤツを教えてやるぜ!」

 

 

つづく(来年に)

 

 

 

※当記事につきまして

この記事が公開されてしまったことは、「日々の忙しさによるスタッフの疲労」という理由だけでは到底説明がつかず、言い訳のしようもありません。

コンプライアンスチェックを怠った結果、この様な反社会的な内容のゴミ記事がコーポレートメディアに掲載されてしまった事実を、編集部としても真摯に受け止めると共に、二度とこのようなことが起こらないよう、今後は再発防止に努めてまいります。当記事に対するご質問、苦情等は一切受け付けておりません。あらかじめご了承くださいませ。