本当はもっとやりたいことがある|デジハリ
本当はもっとやりたいことがある|デジハリ

カンヌやFWAなどを受賞している企業多数!海外のイケてるデジタルエージェンシー9選

たか

Stinkdigital

corp005

ニューヨーク、ロンドン、パリ、ベルリン、ロサンゼルスに拠点を持つデジタルエージェンシー。

corp006

※現在このページは表示できません。
昨年話題になったHONDAのキャンペーンサイト「THE OTHER SIDE」などを制作しています。サイト内で「R」のキーをタイプすることで、昼間と夜中の顔が入れ替わるドラマ仕立てのサイトです。

Firstborn

corp007

ニューヨークを拠点に1997年から活動しているデジタルエージェンシーです。2011年のUNIQLOで、縦長の画像を利用したPinterestのキャンペーンはいまでも覚えています。

Firstborn Hyperlapse Office Tour from firstborn on Vimeo.

オフィス紹介の動画です。広いしカッコイイ……!

DINAHMOE

corp008

ストックホルムのデジタルエージェンシーです。実績ページには、FWAがズラっと並んでいます。

corp009

ホビットのキャンペーンサイトはこちらのクリエイティブだったのですね……!

North Kingdom

corp010

ストックホルムとロサンゼルスに拠点を持つデジタルエージェンシーです。50人前後の規模感ながら、世界の広告賞やデザイン賞を総なめにしています。
スウェーデンは国民人口1000万人前後ですが、「B-reel」「DINAHMOE」「Plan8」「Kokokaka」など、ステキなエージェンシーが多い印象です。

AKQA

corp011

アムステルダム、アトランタ、ベルリン、ロンドン、ニューヨーク、パリ、ポートランド、サンフランシスコ、ブラジル、上海、東京など世界13拠点に展開しています。
2015年のカンヌ国際広告賞でも「NikeのRiseキャンペーン」が“BRANDED CONTENT AND ENTERTAINMENT”の部門で受賞していました。

まとめ

ここまで海外のクリエイティブエージェンシーをご紹介しました。ちょうど先日、「Cannes Lions」「Clio Awards」「One show」という世界の三大広告賞の1つ、「Cannes Lions」のグランプリが発表されたタイミングでもあり、クリエイティブエージェンシーやスタジオなど早々たる企業が並んでいました。実際の施策や制作物はもちろん、メイキング映像もあるので、とても刺激になります。

Winners :: Cannes Lions Archive

One showは5月後半に発表されていますが、Clio Awardsは9月後半に発表されます。引き続き、楽しみにしています。

  • 1
  • 2
M o n g o