エンジニア引き止めセミナー資料
エンジニア引き止めセミナー資料

503エラーや404エラーの原因は?!HTTPステータスコードの意味とは

鮫島

500番台のエラー数字(サーバーエラー)

500番台は「サーバーのリクエスト処理に失敗した」という意味を表します。
500〜510の間で約11種類ほどエラー数字は存在しますが、今回はメジャーどころをご紹介します。

500 – サーバーの内部エラー

エラー内容

プログラムに問題があるときや、パーミッション設定にミスがあるときに表示されるエラー。

原因/対処法

  • プログラムに問題がないかチェック
  • .htaccessに記述ミスはないか
  • パーミッション設定にミスはないか

サーバー内部に何かしらのエラーが発生している状態なので、プログラムにミスがないか確認して下さい。

503 – サーバー過負荷

エラー内容

サーバーの過負荷状態で一時的にWebページが表示できないときに起こるエラー。
要するに「落ちている」ときです((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
※正確には「落ちた」というより、「これ以上無理!というサーバーからの警告」という表現が正しい

原因/対処法

  • サーバーの負荷チェック
  • 時間を置いて再度アクセス
  • サーバーの転送量を上げる
  • サーバーの負荷を無理に上げてしまうプログラムがないか確認する
  • サーバー管理者へ連絡する(速攻)

全ての制作者が恐れる、かの有名なエラー様。
できれば一生出会いたくないエラーなのですが、こいつは突然現れます。
何かのキャンペーンなどをするときなど、一時的にサーバーのスペックを上げておくと安心でしょう。

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

404エラーページには遊び心を

404エラーページが表示されると言うことは、一概には言えませんがWebサイト運営者の管理ミスでもあります。
なのに、デフォルトのエラーページ(デザインがない状態)を見せるのはユーザからするとストレス以外の何物でもありません。

そのため、Webサイト運営者はちゃんとデザインした404エラーページを用意しておくと良いでしょう。
ページの中身としては、なぜエラーになっているのか明記したり、サイトトップや他ページへのリンクを用意したりしてあげると良いでしょう。

更に言うと、遊び心を加えたデザインしてあげることで、そのサイトの個性を表現することもできます。
例えばLIGブログだとこんな感じ↓

img_01
実際に見る

最近公開した求人サイト「Poole」だとこんな感じです↓

img_02
実際に見る

他にもさまざまな404エラーページがあるので、見てみると面白いです。
参考記事:エラーだけど見ておきたい。細部までこだわった404ページデザイン33選

まとめ

いかがでしたでしょうか。
意外とエラー数字の意味を知っているディレクターさんは少ないと思います。
数字の意味を知ることで、エンジニアさんへの確認の手間が省けたり、対処法を指示できたりと、知っておいて損はない知識なので、ディレクターの方はぜひ覚えておいてください。

滅、503

 

【ディレクションスキルを上げるために】

LIGのWebディレクター陣が厳選する、ディレクションの仕事に役立つオススメ本20選

Web制作者のためのワイヤーフレーム講座「役割と考え方」編

プロジェクトでトラブルが発生したときにWebディレクターがとるべき3つの手順

新規Webサービスを立ち上げて実感したローンチ前に絶対やっておくべき10のこと

知らないと怖い!Webディレクターが制作サイトのSEOで“大失敗”しないためのポイント

  • 1
  • 2