NTTドコモ様_dカーシェア
NTTドコモ様_dカーシェア
2015.04.28

Web開発フレームワーク「CodeIgniter」で独自の404ページを作成する方法

ひろゆき

こんにちは、ひろゆきです。

今日は、CodeIgniterで独自の404ページを作成した際の手順をメモ書きします。

1. ルーターの404_overrideを編集

「application/config/routes.php」の404_overrideに実行させたいコントローラ、アクションを記述し、ふるまいを変更します。

今回はオリジナルの処理として「error」コントローラの「error_404」関数を実装させてみたいと思います。

$route['404_override'] = 'error/error_404';

2. 独自の処理を記述するerrorコントローラの作成

普段通りのコントローラの書き方で、「application/controllers」の下にerror.phpを作成します。

<?php if ( ! defined('BASEPATH')) exit('No direct script access allowed');

class Error extends MY_Controller {

	function __construct()
	{
		parent::__construct();
	}

	/**
	 * 404ページ
	 */
	public function error_404() {

		$data = array();

		/** 
		 * データベースから値を取得する等、
		 * 必要な処理を記述してください。
		 */
			・
			・
			・

		// ステータスコード404を設定
		$this->output->set_status_header('404');

		$this->load->view('error/404', $data);
	}

}

「1」でルーターに記載した通り、errorコントローラのerror_404関数を記述し、独自の処理を書きます。

  • 1
  • 2