本当はもっとやりたいことがある|デジハリ
本当はもっとやりたいことがある|デジハリ
2014.08.22

フィットネスに活用!今注目のウェアラブル端末(デバイス)8選

野上

Nike+ FuelBand SE

Nike+ FuelBand SE

特徴

  • 独自の単位NikeFuelで、体全体の活動量を記録
  • ゴール達成状況や過去のデータをリアルタイム計測
  • NIKE+グループで友人と一緒に楽しめる
  • 4種類のカラーバリエーション&限定カラーも

ランニングから日常生活まで、あらゆる活動量をNIKE独自の単位Fuel(フューエル)で記録。いわゆる“運動”だけでなく、1日の“動き”を全て活動量として記録できるので、自分がどれだけ動いたかがよくわかります。ゴールドやシルバーなどの限定カラーリングが発売されるのも魅力的。
ソーシャル機能が充実しているので、アプリ内でFuelBandを利用している人と友達になったりすることも可能です。

Nike+ SportWatch GPS

Nike+ SportWatch GPS

特徴

  • GPS機能搭載
  • Polar WearLink+(別売)を利用すると心拍数も記録が可能
  • 最新のランニング記録50分を保存可能
  • ランリマインダー機能搭載

先ほどの「Nike+ FuelBand SE」よりも、さらに本格的にフィットネスに利用したい人向けです。GPSが搭載されているので、ランのルートやラップの記録、標高が走るペースにどう影響しているかの確認をすることなどができます。
ランニング中に励ましてくれる機能や、ランニング記録が5日間連続で記録されないとリマインダーがでるという「ランリマインダー」機能など、モチベーション管理のための機能が充実しています。

 

SmartBand SWR10

SmartBand SWR10

特徴

  • 忘れたくない場所や時間をブックマーク
  • Xperiaメディアコントロールが可能
  • スマートウェイクアップ機能搭載
  • オプショバンドのカラーリングが全9種類

専用アプリ「Lifelog」のライフブックマークを使えば、忘れたくない場所や思い出の時間をブックマークすることができます。また、1日の行動をアニメーションで振り返ることができる”Play The Day”という面白い機能も搭載。デバイス自体には液晶がないので、スマホのアプリ内で確認する必要があるのですが、このような機能は長く活用できるきっかけになりますよね。(Xperia限定なのが少し残念・・・)

 

vivofit

vivofit

特徴

  • バッテリー寿命は約1年
  • 50m完全防水
  • 一定時間動きがないことをお知らせするムーブバー機能搭載
  • センサーとの組み合わせで心拍数も計測可能

バッテリー寿命はなんと約1年。ディスプレイも搭載しており、消費カロリー、ステップ数、日時、目標、距離などが表示されます。また、専用のプレミアムハートレートセンサーを購入すれば、心拍数も図ることができます。一定時間動きがないことをお知らせするムーブバーは、休憩をとる目安などにも使えます。
運動はもちろんですが、体調を整えたいという方にもおすすめかもしれません。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。「ウェアラブル×フィットネス」という組み合わせは、上記のようにさまざまな形の大きな可能性を感じさせてくれます。
ちなみに、個人的に一番気になったのは「miCoach fit smart」でした。あそこまでガッツリ管理してもらえるのは、マッチョになりたい自分にとってはたまりません。

それでは、また。

  • 1
  • 2