LIGデザイナー採用
LIGデザイナー採用
2014.02.27

車のことは分からないけどカッコ良すぎる自動車ブランドサイト10選

ぺちこ

こんにちは、デザイナーのぺちこです。

東京に生まれ、電車で楽をし続けて育った私は、怠惰ゆえに自動車の免許を持っておりません。社会人にもなって「免許ない」と言うととても罵倒されるので、そろそろ身分証として原付でも取りにいこうかと思っている次第です。

さて、そんな「車のことはよく分かりません」な私ですが、各メーカーさんが力を入れている車のブランドサイトがとてもとても好きです。

去年はなぜかモーターショーに行く機会があって、各メーカーさんのコンセプトカーのプロモーションムービーにすっかり胸を打たれました。

ということで今回は、自動車ブランドサイトを厳選してご紹介いたします。

写真も動きもおしゃれなブランドサイト

TOYOTA – Message from H.H.

car_brand_hh

トヨタ新型ハリアーのブランドスペシャルサイト。

サスペンス映画のような2つのムービーは、左右で異なる物語を展開。「二律背反」をテーマとして、オープニングムービーのあとには「選択」が待ち受けています。

それぞれの選択によってピックアップされる映画のワンフレーズ。見せ方ともに、クールです。質問は数パターンある模様。

最近はムービーを採用するサイトが多くなっていますが、左右で別のストーリーを展開する形も増えてきましたね!

NISSAN – JUKE “THE NEW STORY”

car_brand_nissan

ドラッグしてあらゆるアングルから車を見ることができます。ぐるんぐるん。

MENUから「SIMULATOR」を選択すると各パーツをカスタマイズしてお好みの車体のシミュレーションができてしまいます!

きせかえ機能はこれまでも数々あったかと思いますが、動きもなめらかで全体像も分かりやすく、イメージがとても掴みやすいです。かっこいい…

citroen – DS5

car_brand_citroen

フランスの車メーカー。こちらのサイトはポルトガル語ですが…

アパレルブランドのようなおしゃれさが漂っていますね。車のブランドサイトのような男性的なクールさとは少し方向性が異なり、とても紳士的な印象です。

各機能への遷移となるメニューがカードのようになっているのもオシャレ。JSもがっつりです。惚れ惚れしてしまう。

Volkswagen – SPORTS CARS

car_brand_sports

画面をドラッグすると次々と車を見ることができます。さらに車を選択して360度ぐるぐるぐる。

なんという奥行き感でしょう。倉庫の雰囲気もクールですね。

参加型コンテンツで魅了されるブランドサイト

Peugeot – RCZ TEST DRIVER

car_brand_rcz

映画の主人公になれてしまう、かっこよすぎるプロモーションサイト。

名前の通りバーチャル試乗ができます。PCだけでも操作可能ですが、スマホと接続した体験も!

ストーリーに合せて車体のきせかえを取り入れているので、楽しみながら車のカスタマイズも試すことができてしまうのです。

かっこよすぎです…

Volkswagen – DRIVE YOUR WORLD

car_brand_drive

PCとスマホを使って、マリ◯カートの感覚で車を運転!

ゴールまでの間に、自動車の特徴を織りまぜてプロモーションしています。

免許を持っていないぺちこは壁に激突しまくりでしたが、ここの車は強靭なので壊れたりしません。

SKODA – Space is Feeling

car_brand_skoda

ポイントとなる部分に「+」マークがついていたり、「Pull」「Drag」などアクションを促すボタンがあったり。

ムービーで構成されており少し重たいのですが、色々押してみたくなります。ちなみにロードが遅くなると「Wait」の文字と一緒にとある動物が…

LEXUS – THE POWER OF h 終極力量

car_brand6

中国語は全く読めないのですが…

壮大なムービーとパズルゲームのような簡単なゲーム。もはや車のブランドサイトだということを忘れそうです。

Jaguar Alive Technology

car_brand_jaguar

ちょっとしたゲームを織り交ぜて車の性能を紹介しています。

ゲームそのものを楽しむというよりは、遊び要素を取り入れた、という感じでしょうか。

こちらも中国語のサイト。中国ではプラスαの遊び要素を入れるのがトレンドなのでしょうか?

ローディングや細かな部分の動きがクールでお気に入りです。

TOYOTA – Only the Name Remains

car_brand_toyota

もはや、完全に映画です。映像にすっかり引き込まれてしまいます。

こちらは映像の要所で方向キーを押下するように促されるだけでゲーム要素は少ないのですが、操作をすることで映像が先へと進んでいくので、主人公になりきって映像を見進めることができます。

映像自体も、ユーザーが運転手として作られていますね。『Message from H.H.』もですが、TOYOTAのムービー、かっこいいな。

おわりに

いかがでしたか? ブランドサイトは数え切れないほどありますが、総じて車の写真が美しいです。

それぞれの車のコンセプトに合った写真の加工をしているため、世界観がしっかり作り込まれているのも自動車ブランドサイトの特徴だと思います。

各メーカーの出しているプロモーションムービーもクオリティが高く魅入ってしまうものが多いです。

最後に去年のモーターショーで観た中で私が最も好きだったMAZDAのコンセプトムービーを載せておきますね。

car_brand8

それでは!