企業アカウントのメッセージ配信は平日夜が狙い目?LINEユーザーの実態を調査しました

企業アカウントのメッセージ配信は平日夜が狙い目?LINEユーザーの実態を調査しました

おのでら つばさ

おのでら つばさ

まとめ

5つの仮説が導きだしたLINE運用の肝、そして重要なキーワードとは!?
今回、5つの仮説を元にアンケート調査を実施し、考察結果からLINE運用におけるポイントをご説明しました。
繰り返しとなりますが、ポイントは下記のとおり。

  1. メッセージ発信のタイミングは、通勤時間・平日夜・休日が狙い目
  2. ユーザーが求めている「お得情報」や「最新情報」を届ける
  3. メッセージで届けるコンテンツは、ユーザー目線を意識して作る
  4. 自動応答メッセージ機能やビジネスコネクトを活用してクイズやキャンペーンを実施し、ユーザーとコミュニケーションをとる
  5. タイムラインでは、ネタ重視のコンテンツだけでなく「お得情報」や「最新情報」もバランスよく投稿する

LINEで企業アカウントを運用する際の“キーワード”とは

今回の調査を通じて、1つ重要なキーワードが見えました。
それは「ユーザー目線」です。
LINEはLINE自体のユーザー数が多く、加えて投稿やメッセージのリーチ数も多い販促効果の高いメディアです。
ですから、メッセージ配信において企業アカウントの担当者がリーチ数を重視し、宣伝に意識が向いてしまう気持ちもわかります。しかし、「ユーザー目線」を大切にし、LINEユーザーが使っている時間やメリット、何を求めているかを捉えた情報を発信することで、ユーザーとの関係を深めることがLINE運用のポイントだと考えられます。

LINEの企業アカウント運営担当者は「ユーザー目線」を意識した上で、今回の調査結果を参考にしてみてください。成果につながるLINE運用の一助となれば幸いです。

この記事のシェア数

128

おのでら つばさ
おのでら つばさ 外部ライター 東京 / Onodera Tsubasa

エンゲージメント・ラボ株式会社メンバーズ) エンゲージメント・ラボとは、株式会社メンバーズのFacebookマーケティング推進における実績・ノウハウの蓄積とエンゲージメント向上に特化した事例を集約・研究し、顧客企業へのより一層の効果的な企業と生活者のエンゲージメント構築のノウハウや情報発信、新たなサービス開発を推進する研究機関。