Webサイト発注虎の巻ダウンロード
Webサイト発注虎の巻ダウンロード

ソースコードから検索できる!PublicWWWとNerdyDataを使ってみた

つっちー

こんにちは。エンジニアのつっちーです。

みなさんは「ソースコードから検索したい」と思ったことはないでしょうか。

「あるライブラリについて、どんなサイトで採用されているのか知りたい。」「あるCSSプロパティについて、実際のサイトでの使用例を参照したい。」

たとえばこんなとき、Googleなどの検索エンジンでは期待するような検索結果にはならないでしょう。

でもこの記事で紹介するPublicWWWNerdyDataなら、できちゃうんです! では、それぞれ検索結果と特徴を見ていきます。

検索結果のちがい

Google、PublicWWW、NerdyData、それぞれのサービスで「Swiper」と検索し、比較してみました。スライダーライブラリ・Swiperを採用しているサイトの一覧取得を目的とします。

Google


Googleでは、当然ながら、Swiperのオフィシャルサイトや、Swiperの使用法を説明するページがヒットします。

当然ですが、Swiper使用サイトの一覧という結果ではありません。

PublicWWW

PublicWWWは、キーワードをソースコードから検索します。そのため、「swiper.min.css」や「swiper-container」といった、HTML内の文字列がヒットしていることがわかります。

さらに、「”swiper.min.js”」と検索すれば、不要な結果がほぼ完全に除去され、Swiper使用サイトのみを一覧取得できます。

NerdyData

NerdyDataも同じく、キーワードを、ソースコードから検索します。PublicWWWと違って、ヒット箇所のプレビューが表示されないため、実際にサイトに飛んでみないと期待する結果かどうかわからないところが不便です。

でも、windowオブジェクトに生えたプロパティを検索できるらしいので、「window.Swiper」と検索することで、PublicWWWと同様にSwiper使用サイトのみを一覧取得できそうです。

それぞれの特徴

どちらのサービスも無料で利用可能ですが、制限があり、それを超える部分は伏せ字やぼかしで閲覧不能となります。月額契約は、どちらのサービスもなかなかのお値段です。

PublicWWW

全体的にNerdyDataより使いやすく、月額契約なし、サインインなしで取得できる検索結果数も大きいです。また、CSSファイルやJSファイルからも検索できるため、様々な目的で利用できます。

理由がない限りはPublicWWWを使用するとよさそうです。

NerdyData

PublicWWWに比べて使いづらいですが、月額契約の検索結果を1回単位で買い切ることができます

ライブラリ作者が利用状況を確認するときには、NerdyDataがちょうどよいかもしれません。ただし買い切りであっても高額です。

まとめ

個人開発しているライブラリがどんなサイトで使われているのか知りたくなり、これらのサービスに辿り着いたのですが、今ではそれ以外にもちょいちょい使っています。

使ってみると面白いので、ぜひ試してみてください。ではまた。つっちーでした。