1000本突破
1000本突破
第3夜
「新御徒町の母」きょうこの占いの館

2021年の星占い。そして12月生まれのあやまんを、突然ですが占ってもいいですか?

平林 享子(きょうこ)

こんにちは、「新御徒町の母」こと、占い大好きエディターのきょうこです。
LIGブログ編集部のあやまんさんメディアディレクターのころもさんから「『突然ですが占ってもいいですか?』(フジテレビ系)みたいに、LIGの社員を占って、それが社員紹介にもなる記事を書いて!」というオーダーをいただきました。
そこで、まずは最初の生け贄として(!?)あやまんさんを占ってみます!
その前に、ちょうど年末ですので、西洋占星術的に見て、来年2021年がどんな年になりそうか、お話ししますね!

大きな時代の転換点。風の時代がスタートしました!

LIGブログ編集部のあやまんさっそくですが、来年2021年はどんな年になるんでしょうか?
エディターのきょうこ占星術界で話題騒然だったのが、土星と木星のグレート・コンジャンクション。2020年年末、12月22日に起こったんだけど、水瓶座の0度で土星と木星が(地球から見て)重なる天体の一大イベントだったのよ。
LIGブログ編集部のあやまんはい……(?)
エディターのきょうこグレートコンジャンクション、つまり木星と土星が接近するのは約20年に1回。で、その後20年くらいの価値観とか方向性とかを暗示するんですね。要するに、これから20年くらいのあいだに水瓶座的な価値観が広まっていくってこと。水瓶座は「変化、革新、ネットワーク、IT、先端技術」などをあらわすので、こういったキーワードが象徴するような出来事がどんどん展開していくだろうと考えられてるんですよ〜。
LIGブログ編集部のあやまんほう……。
エディターのきょうこパソコンがあって、Wi-Fiがつながれば、どこでも仕事ができる「テレワーク」というのは、いかにも水瓶座っぽいんです。2020年3月22日〜7月2日に、土星はいったん水瓶座に入ってたんですね(その後、逆行して山羊座に戻っていた)。この期間ってコロナの問題があって、一気にリモートワーク、テレワークが普及しましたよね。LIGでも以前からリモートワークの希望者は多かったけど、「絶対に出社しなさい」というルールだった。ところが3月からのコロナ感染症対策で、逆に「自宅でリモートワークしなさい」に変わって現在に至ります。リモートワーク禁止から、リモートワーク推奨へ。1年前には予想もしなかった大きな方針転換ですが、社会全体の常識がガラッと変わりました。それを支えているのはIT技術で、これがまさに水瓶座の世界観を象徴してるんですね。
オフィスに出勤する、通勤電車に乗る、といった物理的な制約から開放されて、上下関係ではなくてフラットな横のネットワークで仕事していくというふうな水瓶座的な働き方が、2021年以降はもっと進んでいくでしょうね。
LIGブログ編集部のあやまんそうなんでしょうね……(ぜんぜんわかっていない)。

琉球温泉 瀬長島ホテル
▲冬でも暖かい沖縄! 那覇空港に近い「琉球温泉 瀬長島ホテル」のカフェで、きれいな海を見ながらテレワークしました

エディターのきょうこちなみに私は今、沖縄でワーケーション中なんですが、Wi-Fiさえつながれば沖縄でもアラスカでも、こうしてオンラインでミーティングができるし、ふつうに仕事できるわけで(註:実際には休暇をとってバカンスで沖縄に来たものの、仕事がぜんぜん終わらないのでホテルの部屋にこもって仕事してる女工哀史の図である😭)
LIGブログ編集部のあやまんですよね〜。私も千葉に一軒家のお家を建ててから、会社にはほとんど出社せずにずっとリモートですが、以前より仕事に集中できるようになったので、今のところとても快適です!

LIGで水瓶座らしい人といえば……

飛行機の窓から見えた雲海
▲飛行機の窓から見えた雲海

エディターのきょうこ水瓶座の1つ前の山羊座は、社会のドメスティックな枠組み、仕組み、オーソドックスな権威や組織を象徴するんだけど、水瓶座というのは、旧弊なものを改革して進化させて、もっと普遍的でユニバーサルなものを作ろうとする
ちなみに木星や土星は動きの遅い天体なので、12月22日当日に何か事件が起こるわけではなく、あとから振り返ってみたときに「そういえば、あの頃から変わったな」みたいなタイミングになることが多いんです。とはいえ、人によっては、はっきりとした出来事として体験する人もいるかもしれません。
ちなみに、私たちの身近な存在、LIG社員の中で「いかにも水瓶座っぽいキャラクター」「ミスター水瓶座」といえば、ケイさんなんだけど、ケイさんが12月末でLIGを退職して、1月からフリーランスになるという人生の決断をしたのは、まさにこの水瓶座でのグレート・コンジャンクションを象徴するような出来事でした!
LIGブログ編集部のあやまん「水瓶座っぽい」というのは、たとえばどんなところですか?
エディターのきょうこ水瓶座を象徴するキーワードとしては「個性的、自由、フラット、独立心旺盛、進歩的、革新的」など。水瓶座の人って、誰に対しても親切でフレンドリー、そして理知的で発想がユニークで、頑固で批判精神が旺盛だったりするんです。
2021年、水瓶座的な変化の波は、さらに広がっていきます。今はエキセントリック、革新的すぎて無謀に見えるような技術やアイデアが、将来的にはノーマル、スタンダードになっていくと思います。
また、天王星が牡牛座に滞在してることもあって、「個人で所有する」から「みんなでシェアする」への変化も進みます。サービスやビジネスでもシェアエコノミーやサブスクリプション型など、ローカルで個人が所有するのではなくて、クラウド上のデータを共有する仕組みへとますます変わっていきますね〜。
社会の変化にともなって、個人の働き方や生活も変わっていきます。働き方としては、1つの会社に依存しないで副業複業をしたりフリーランスになったり、自由で自立した働き方がますます増えていきます。そして世間体や他人の評価を気にしないで、自分は自分と考えて、自分の価値観を大切にしていく、そんな人がもっと増えていくでしょう。
LIGブログ編集部のあやまんふむふむ
エディターのきょうこもう1つ言うと、約200年に1度の大きな時代の節目とも言われているのよ〜。説明が長くなるので端折りますが(笑)、過去200年ぐらい続いた「土の時代」が終わってこれから「風の時代」になる、と。
「土」というエレメント(元素)が象徴するのは、手に触れるもの、物質、現実、権威、お金でも物質としての紙幣とか硬貨。それに対して「風」のエレメントは、知性、情報、コミュニケーションなどを象徴するので、お金でも、手で触れられないデジタル化したお金、電子マネーが重要になっていく、そんなふうな違いがあるんです。
風の時代……2020年に藤井風のようなミュージシャンが颯爽と登場したのも、いかにも風の時代の到来!を感じましたねえ😀
LIGブログ編集部のあやまん風の時代……ローカルからグローバルへの変化ということで言えば、私たちアーミー(註:あやまんときょうこはBTSのファン「アーミー」です)にとっては、BTS(防弾少年団)のグローバルな活躍もますます楽しみですね〜😻

12月25日生まれのあやまんさんの運勢とは!?


▲ガンガラーの谷にあるCAVE CAFE(ケイブカフェ)。鍾乳洞内のカフェで飲むコーヒーがおいしかった!

エディターのきょうこそれではお待ちかね、「あんたの運勢を占ったろか」のコーナーです。あやまんさんは、12月25日生まれですね(註:実際には、あやまんさんの生まれた瞬間の正確な時間と場所をお聞きした上でホロスコープを作成して鑑定しています)。
あやまんさんはアセンダントが蠍座で、MCが獅子座。1ハウスにアセンダントのルーラーの冥王星があり、山羊座の水星とセクスタイル……
つの物事を追求し続ける集中力が高い。自分の趣味やセンスにこだわりがある。
まわりに流されてなんとなく……みたいな受け身な感じで行動することはあまりなくて、自分の行動の動機は自分の内側から湧いてくるタイプ。はっきりものを言う。自分が熱中できる対象があれば、困難にもめげず自分の世界を確立できます。
LIGブログ編集部のあやまんすごい! 自覚している自分の性格は「熱しやすく冷めやすい」「興味にムラがある」「生意気」なのですが、すべて肯定的に言い換えてくださっている……なんだかうれしいです!
エディターのきょうこ(山羊座のはじめで太陽・土星・天王星・海王星が合。それらの天体は2ハウスの終わりから3ハウスにあって、3ハウスには山羊座の水星もあります。6ハウスには牡羊座の火星がある。そこから感じることは……)
社会的な常識やルールも大事にするけど、自分ならもっとこういうふうに素敵に改善できるよ! というアイデアを提案できる人。そして仕事熱心、ハードワーカー。文章を書いたり、コミュニケーションをしたり、メディアの仕事にはすごく向いています。想像力を使ってオリジナリティあふれる生き方を、粘り強くコツコツ努力して実現していこうとする。太陽がすごくパワフルなので、仕事をガンガンして太陽を使ったほうがよさそう! もしくは旦那さんの事業を応援するかたちで太陽を使うこともできる。
牡羊座の火星もあるから、人に命令されてやるのではなくて、自分がやりたいと気持ちが燃えることに対してはものすごくモチベーション高く取り組む感じですね。
LIGブログ編集部のあやまん今の仕事(LIGブログの編集)が向いているというのは嬉しいし、自分自身もしっくりきています! この内容ぜんぶ履歴書に書きたいです。「星座もこのように申しております」みたいな(笑)。
エディターのきょうこ履歴書に書くのは、いいアイデアかも(笑)。占星術は採用やチームビルディングにも活用できると思います。
で、あやまんさんのホロスコープ読みの続きですが(蟹座の月が9ハウス。3ハウス山羊座の水星とオポで、牡羊座6ハウスの火星とTスクエアなので……)。
あやまんさんは、家や家庭、家族を大切にする人。母性本能が強くて、人情味があって世話好き。心を許した人とは情感にあふれた関係を求めるんじゃないでしょうか。
家族の前では結構、感情の起伏が激しいところを見せてるのかも……。カッとなるとキツい言葉で攻撃することも(笑)。その情緒豊かでスピード感のある言語能力を、文章を書いて表現として発信することにどんどん使ってくださいね!
LIGブログ編集部のあやまんたしかに、家族の前ではトンデモ生物になっている自覚はあります……。感情むき出しっていうか、もう野生? 人前ではできないあらゆることを披露して夫の反応を楽しんでいます。仕事中は「ちゃんとした人」であろうとする反動が、家庭に出てしまっているんでしょうね(笑)。
エディターのきょうこ旦那さんはそんなあやまんさんにときめくので、相性もすごくいいんですよ✨
で、あやまんさんの人生の流れの中で、今年から数年先の運勢を見ていくと……過去2〜3年は仕事を頑張ってキャリアを築く時期だったんですが、少し前から運気が変わってきています。
会社の組織の一員として働くことはもう十分ベストを尽くしたので、ちょっと違うことに関心が向かう時期なんですね。
たとえば本業以外に副業を始めたり、趣味のサークル活動を始めたり、会社の外のネットワークで情報発信をしたり、ジョブよりライフワーク的な人生の楽しみを仲間と一緒に共同作業でやっていく感じです。それが2年くらい続くと思いますよ。
……こんなん、出ましたけど(笑)。
LIGブログ編集部のあやまんそうだったのか……。いままでお世話になりました(笑)。
うそです。浮気はできないタイプなので、LIG以外の会社に勤めるのは考えたことはなかったのですが……。
ただ、田舎に帰ってきてからは、実家のお茶屋をどうするかとか、親戚の空き家をビジネスにできないかとか、東京にいたときよりも将来の可能性は広がった気がしています。
2年以内にやる気が起きるようなので、もしも人生に迷った際にはまた占っていただけますと嬉しいです!
ありがとうございました!

占い記事のご依頼も大歓迎! ご連絡をお待ちしております


▲30万年という長い年月をかけてできた鍾乳洞「玉泉洞」。沖縄の神秘的なパワースポットでエネルギーチャージしました

というわけで2021年は、社会的にも個人的にも、大きな変化がありそうですね!?
明るい未来に向かって、自分の頭でしっかり考えつつ、直感やインスピレーションも信じて一歩一歩進んでいきましょう!
エディターのきょうこ@cloverbooks)でした。
占い記事執筆もよろこんで承りますので、どうぞ、お気軽にご連絡くださいませ〜。
★利用規約・免責事項★
この記事内容は、将来的に実際に起きる出来事や効果を約束・保証するものではありません。読者が本記事の内容を参考にして行った行動、それによって生じるすべての損害に対して、当社および執筆者は一切責任を負いかねます。