エンジニア引き止めセミナー資料
エンジニア引き止めセミナー資料
第10回
退職します

浅草の隠れた飲み処、観音裏のオススメ7店!緊急事態宣言が明けたら飲みましょう!

てらみ

こんにちは。ディレクターのてらみ(teramin_min)です。

私事にはなりますが、今月2月末をもって、LIGを退職することになりました。上京し、LIGに入社したのが2019年の3月ですので、ちょうど2年の月日が経ちました。

多くの方々にたくさんお世話になりました! 直接のご挨拶ができずにこのような形でのご報告となってしまいました!

あっという間に2年経ってしまったような気がするし、振り返って上京したての2年前の26歳とはいえ、初々しさのある自分を思い出すと、2年間のなかで少し大人になったり、東京に染まったりしたのかなぁ、と思わなくもない今日このごろです。

入社したてのころは、LIGから徒歩30秒のシェアハウスに住み、入社1年経ったころを境に、浅草に引っ越しました。

住んでみた感想としては「浅草最高〜!!」

とくに最高だなと思うところは飲食店・飲み屋の豊富さ、そして深夜帯にも営業しているお店の多さ(このご時世だと営業してないので悲しさしかないですが……)。このブログの読者であろう、日々の仕事がとにかくお忙しいみなさんならわかってくれるかと思いますが、深夜にふらっと立ち寄り飲める場所があることのありがたさよ……。

今回は住むまで知らなかった「奥浅草」と呼ばれるエリアにある、「観音裏」というちょっとディープなグルメスポットの魅力をお伝えしたいと思います。

 

こんな方にオススメです
  • 浅草近隣にお住まいの方
  • (緊急事態宣言が明けたら)ディープな浅草飲みを楽しんでみたい方
  • (緊急事態宣言が明けたら)浅草に旅行に行きたい方
  • (緊急事態宣言が明けたら)浅草デートする夜のお店を探している方

緊急事態宣言が早く明けてほしいね……

奥浅草とよばれる隠れたのみ処「観音裏」

「言間通り」と呼ばれる、東西に走る大きな通りがございます。この通りを境に「なんとなく街っぽいゾーン(南)」となんとなく「住宅街っぽいゾーン(北)」に分かれているのですが、この「住宅街っぽいゾーン(北)」がアツいのです。

なぜかよくわからないが、住宅街っぽい中にめちゃくちゃ飲食店・スナックの看板が立っている……! 店多すぎぃ……! 昨年3月、世の中はすでにコロナ禍な中で引っ越してきたものですから、まだまだわたくしも開拓しきれておりませんが、その少ないなかでも、わたしがいつも通っております、千束通り商店街という商店街の東側のエリア付近にあるお店を中心にご紹介します。

深夜の憩いの喫茶店ロッジ赤石

飲み歩きの入り口の目印はここロッジ赤石GoogleMapで見る)。


▲昼夜問わず人が集まる喫茶店ロッジ赤石。深夜には暖かくも不思議な静けさをまとっています。

ここも実は通常時でしたら深夜3時まで営業しているオススメの喫茶店だったりします。

 

▲元同期のナンシーと一緒に。ちょうどナンシーが退職するあたりだった気がします。

カツカレーや焼きうどんがある喫茶店っていいですよね〜。

余談ですが、Netflix配信ドラマ「全裸監督」のロケで使われていました。昭和の味わいがあるすてきな喫茶店なので度々ロケ地に利用されているみたいです。

店名 ロッジ赤石
定休日 月曜日
予算※主観 1,000円〜2,000円
住所 東京都台東区浅草3丁目8−4(GoogleMapで見る

ここから北にまっすぐ進んでいきます。

飲みたいを満たすのにちょうどよい旨さとコスパ「KITCHEN and BAR ハハハ」

▲特徴的なお店のロゴの提灯。わりと明るくて入りやすいお店です。

クラフトビールを揃えているのが個人的にポイント高いお店です。日本酒などもしっかり揃えています。

 


▲W-IPAとロクシタン。なんでロクシタンもらったかは忘れました。

おつまみも定番から、なかなかふだん見ないようなものもずらっと揃っていて、しかもやすい!

 

▲ナポリタン。タコさんウィンナーがそっぽを向いている。

さっとひとりで晩ごはん代わりに飲みたいときや、4人以上の場合でテーブル席がほしいとき、ちょっとディープすぎるお店に連れて行くのもなぁというときに使います。

余談ですが、マッチングアプリで出会った男性とのお食事にこちらのお店を使ったのですが、相手が飲み放題を予約してくれたので、クラフトビールを飲めなくて残念でした。

店名 KITCHEN and BAR ハハハ
定休日 月曜日
予算※主観 1,000円〜3,000円
住所 東京都台東区浅草3-18-9 小島ビル 1F(GoogleMapで見る

ハヤシライスが絶品でした! 憧れ感と安心感のあるビストロフレンチ「食菜 朋」

▲こんなん絶対おいしいやんけ! 優勝!

まだ2回くらいしか行けていないのですが、あるお店の常連のおねえさんに「このハヤシライスは絶品だから絶対たべて!!」と教えてもらったお店です。ちなみにここも通常時でしたら深夜2時まで営業しています。2時まで開いてる洋食店マジか……ってなるよね。たしかにうまかった……。ビールとハヤシライスで2,000円くらいだったかな。ちょっとした贅沢気分を手頃に味わえます。

ビストロ? フレンチ? らしいのですが、ぜんぜん気兼ねなく入れるし、お店の人のほっこりした雰囲気に癒やされるお店です。ハヤシライス以外も食べてみたいなぁ。

店名 食菜 朋(とも)
定休日 木曜日
予算※主観 2,000円〜7,000円
住所 東京都台東区浅草3-36-1(GoogleMapで見る

ビール・ワインと10種類以上のキホン・変わり餃子が楽しめる「Gyoza Bar けいすけ」

▲赤い看板が目印です。ぎょうざバーって気になっちゃうよね

はじめてこのお店に訪れたのは、とある案件の締め切り前で忙しい時期でした。24時に仕事が終わって、「どうしてもぎょうざが食べたい!!!!!!」という気持ちになって思い立ってGoogleMapを調べたところ、驚異の深夜4時(これも通常時です)まで営業しているぎょうざバーがあるようで、アプリに導かれるままに歩いてみたら本当にあった、ぎょうざバー。不思議な雰囲気の「けいすけ」さんが迎えてくれました。なんか小説みたいだなぁと思いました。

 

▲ビールはワイングラスでいただきます。ぎょうざはちょっと小ぶりです。

わたしは王道が好きなので肉餃子とニラにんにく餃子が好きです!! 変わり餃子だと、バジル・チーズ餃子やパクチー餃子、他にもお野菜の餃子、海の餃子いろいろな種類があります。

ワイン×餃子という意外な組み合わせで餃子を楽しめるのもこのお店の特徴です。いちごの出荷シーズンには、シャンパンにお姫様仕様のオプションがつけられます。画像はお姫様仕様のありさんです。

▲お姫様仕様のありさん

メニューに「たまご焼き 1000円」というものがあるので、「なんですかこれ?」と頼んだところ「明石焼きや」ということで、頼むとタコパを開始できます。

 

▲焼いたらお出汁につけていただきます。

楽しいし、締めにいい感じなので好きなメニューです。女子会感です。カウンター席のみの小さなお店なので、2〜3人で行くとかなり楽しいお店です。

店名 Gyoza Bar けいすけ
定休日 月曜日
予算※主観 3,000円〜5,000円
住所 東京都台東区浅草4-18-7(GoogleMapで見る

夜カフェってことだけどなにもかも全部美味しい「UUTO CAFE」>

名目上、カフェということですが、ご飯もおつまみもデザートもコーヒーもお酒も和洋折衷あらゆるものを提供しています。そして何食べてもおいしい……!! という。


▲モヒートとか頼んでみるわたし

▲ふつうに豚キムチ定食を食べている

私の推しメニューはガートーショコラ。コーヒーやウィスキーと一緒にいただける夜の3時のおやつです。

 

▲コーヒーも淹れたてで飲めます。このお店のガトーショコラが一番好き。

▲ふつうにスイーツ店か?というレベルのものが出てくる

とあるYouTubeでお店の「締めのカレー」が紹介されていたので掲載しておきます。

実際わたしも食べたのですが、おいしかったです!

店内画像をご覧いただければ一目瞭然なのですが、店内のあちこちスターウォーズだらけ! 店長がスターウォーズ大好き! なのもお店の特徴です。

▲お客さんが持ち込んだグッズが店内にいっぱーい

スターウォーズ好きの方は一度、来店する価値ありです!(かといってスターウォーズが好きじゃないとアウェイなお店というわけではぜんぜんございません。わたしも1回ずつみてるくらいなので。)

この記事でご紹介する中で一番通っているお店です。

店名 UUTO CAFE(ウウト・カフェ)
定休日 日曜日・祝日
予算※主観 2,000円〜4,000円
住所 東京都台東区浅草4-43-6(GoogleMapで見る

渋い純和風の内装は異空間……! 大人な時間を味わえるバー「FOS」

いいお酒をよい空間で嗜みたいという”純”お酒が大好きな人、特にウィスキーが好きな人に是非一度訪れて見て欲しいのが、バー「FOS」。

 

▲暗くてなにも見えませんが、町家っぽい建物に小さな看板のあかりが灯っています

店内は板敷きになっていて靴を脱いで上がります。低めのカウンター席が6、7席ほどあるだけの小さなお店です。

 

▲ヒュ〜渋くてかっこいい〜〜〜

こういうTHE 正統派なお店って、あるようでなかなかないですよね。

 

▲なにかの12年をロックでいただいてます(覚えてない)

カクテル、ウェスキー、ワインあたりが中心のようです。ちょっとした小皿料理も提供しています。

初めて訪れたのは、女ともだちと2人でだったのですが、なぜかこういうお店にいくとふだん話さないような悩みごととか隠し事のようなことを話しちゃうんですよね。不思議ですねぇ。

店名 FOS (フォス)
定休日 火曜日
予算※主観 2000円〜4000円
住所 東京都台東区浅草3-37-3(GoogleMapで見る

 

カラオケ歌って朝までコース! 「バーRENGA」

3時くらいになってお店閉まっちゃって始発まで何しようかな〜となったら、バーRENGAで朝まで歌っちゃいましょ!

 

▲また暗くてなにも見えませんが看板です。ちょっと陽気です。

▲また暗くてアレですが、カラオケがあって歌いながらお酒飲めます。陽気なお客さんが多いです。

こちらのお店はひとつ前の「FOS」のマスターに、お店を閉めるときに教えていただいたのですが、30分後くらいにはマスターも来店し、一緒に歌ってお酒を飲み、挙げ句の果てにはおごってもらうという、こちらとしては誰にお金払ってるのかよくわからないことになりました。とても楽しかったです。

浅草の観音裏では飲食店の方同士がお客さんを紹介しあうような文化があり、一見入りづら〜い空気なんですけど、一度入ってしまうと、とても親切にしてくれるのです。

 

▲友人を駅まで送っていく道中の浅草寺。

完全に朝帰りです。ありがとうございました。

店名 バーRENḠA
定休日 すみません! わかりません!
予算※主観 2,000円〜4,000円
住所 東京都台東区浅草3丁目4−6(GoogleMapで見る

緊急事態宣言が明けたら浅草で飲みましょう

いやぁ、こんなご時世なものですから!

退職してしまうというのに!

LIGの同僚たちや、ぜひ案件が終わったら打ち上げしましょうと約束したお世話なったお客さま方や、LIGを通じて、LIGを通じないでお友だちになった皆さまと、一緒にお酒を飲むことができないのが本当に残念です!

ご紹介したお店に興味を持っていただけましたら、退職後も浅草に住んでおりますので、緊急事態宣言が明けましたら、ぜひ、ぜひ、一度お声掛けください!

手洗いうがい、3密、6つの小に気をつけながら、お食事しましょう。