おいキミ、彼はいったいどこで!?
おいキミ、彼はいったいどこで!?
2019.06.02

新緑の季節。The Saunaであったまる→「天然の水風呂」野尻湖へのダイブが最の高な件

中野 慧(ケイ)

こんにちは。LIGで編集者として働いているケイ(@yutorination)です。

去る5月25日、LIG野尻湖オフィスで開催されるライター・編集者向けイベントに登壇するために、長野に行ってきました。

▼こちらのイベントです。

僕が予想していたよりもたくさんの方にご来場いただき、イベントも盛りだくさんの内容にすることができたのではないかと思います……!

お話をしたのは、長野と東京での二拠点生活をしつつ雑誌を中心に活躍されているライターの石井妙子さん、そしてHuuu.incの徳谷柿次郎さんがオーナーとなって人気を博している、長野は善光寺近くの「やってこ!シンカイ」店長で、「ジモコロ」「BAMP」などでも活躍されているナカノヒトミさん。

長野で活躍されているライター・編集者のお二人と、この仕事について率直にお話をできて、とても刺激になりました。

イベントレポートは後日、野尻湖オフィス勤務のWebディレクター ゆっちさんがアップしてくれると思いますので、ちょっとだけお待ちください。

The Saunaが予想の斜め上を行く最高さだった件

サウナ顔をする野田クラクションベベー

東京で消耗している人間なので、出張とあらば、代休なども活用しつつできるだけ長く滞在するようにしています。

LIGブログを見ていただいている方には今さら説明不要かもしれないのですが、LIGが長野で運営するゲストハウス「LAMP野尻湖」では、今年のはじめからフィンランド式サウナ「The Sauna」がオープン。弊社社員の野田クラクションべべー(上図)が「サウナビルダー」として、この施設を運営しています。

僕はオープンしてすぐの雪に包まれた時期にすでに行っていたのですが、今回この5月という季節になって、

「サウナに入ったあとすぐに「天然の水風呂」=野尻湖にダイブできる! それがめっちゃ気持ちいい!」

という噂を聞き、体験してみることにしました。

野尻湖へのダイブを動画に撮ってみた

自分のツイッターで、サウナ→野尻湖ダイブの様子を40秒ほどの動画にしてUPしてみました。ちょっとした疑似体験ができるのでは、と思います!

僕がいま使っているのはiPhone XR(テンアール)で、これは完全防水ではないですが耐水性があり、水の中を撮れるので、GoProみたいな使い方ができるんですね。

 

The Saunaから野尻湖にダイブした瞬間の写真

ただiPhone XSであれば防水性能はさらに高いらしいので、これをやってみて「XSのほうにしとけばよかったなぁ」と若干、後悔しました。

サウナから野尻湖はふつうのスピードで歩くと1分半ぐらいかかるのですが、なるべく短くするためにちょこちょこ道程をカットしています(しかも、これでもテイク3くらい撮っています……)。iPhoneで標準で使えるアプリ「iMovie」でさくっと編集しました。

もともと僕は動画も作ったりしていてFinal Cutユーザーなのですが、iPhone版iMovieはディゾルブなども簡単に入れられるので、こういうSNS投稿用の動画はiPhone一台で完結できそうで、もっと気軽にどんどん作りたい! と思ったり。

いやいや、デバイスの話になっちゃった……本題に戻ると、

サウナ→野尻湖ダイブは最高です!

控え目にいってネ申。筒香。ソト。ロペス。宮﨑敏郎。

僕は3周ぐらいしちゃいました。

以前、べべさんが「アウトドアサウナは自然と一体化できるのが最高」と言っていて、僕は疑り深いので「あ〜ハイハイ」「嘘乙」と話半分に受け取っていたのですが、マジでした。The Saunaに行けば自然と一体化できます。

(改めて)The Saunaの情報

基本的に月火は休みで、水木金土日でやってるそうです。LAMP野尻湖の宿泊者はもちろん、日帰り入浴もできるようになったとのこと。

野田クラクションべべー曰く、サウナを温めるのに時間がかかるので、できるかぎり前日までに電話予約してください! とのことでした。

電話番号はこちらです。→ 026-258-2978

もっと詳しく知りたい方は、The SaunaのLPを見てみてください!

サウナ&水風呂後はやっぱり……

LAMPのマメスペシャル

LAMPのレストランで、シェフのマメさんけいごさんの作ってくれるハンバーガーを食べる。めっちゃうまい。語彙力を失う。「サウナ→野尻湖→サウナ→野尻湖……(無限ループ)……→シャワー→レストランで食事」の流れが最高だと思いました。

僕はLIG、そしてそれ以外でも執筆タスクがいっぱいあるので、今度、休みとあわせて5日ぐらい逗留して、執筆合宿をやりたいなと思いました。文豪みたいな感じでいきたい。

LAMP野尻湖で原稿を書くケイ
▲イメージはこんな感じです。フロントカメラかつ夜で画質が悪いため小さめに……

おまけ

内輪ネタで大変恐れ入りますが、もともと東京勤務だったときの野田クラクションべべーが、動画チームで一緒に活動していたもりすけ氏にメッセージがあるとのことで、そちらもインタビュー動画を撮ったので晒させていただければと思います。よろしくおねがいします。