Webサービス開発、あるよ
Webサービス開発、あるよ
2019.02.10

ゴッドマザー由美、晩秋の金沢。気ままな一人旅【満腹〜千鳥足編】

ゴッドマザーゆみ

野尻湖はすっかり雪に埋もれています。

冬になったばかりですが、春が待ち遠しい今日この頃です。

私たちが働くゲストハウスLAMPには、春と秋にまとまったお休みがもらえます。

昨年の秋も、休館日中の館内メンテナンスを終えた宿チームは11月半ばから順番にお休みをいただきました。

私は12月の初旬に5日間のお休みをいただきました。

何をしようか考えて、結局パンでも焼きながら大掃除でもするか、といつもと同じようにお休みに入ったのでした。しかし、2日目にもなるとやることもなくなってきて、どこか行きたい虫がウズウズ……

翌朝、銀行に行くとふと目に入ったポスターが私を旅へと導いてくれました。

そうだ、金沢へ行こう!!

金沢は、以前からLAMPにいらっしゃる外国人のお客様が必ずといっていいほど立ち寄る観光地だったので、一度は行ってみたいところでもありました。競合の観光地としても気になる存在です。

そしてさらに、私が住む妙高高原の家から金沢までの道のりは……「上越妙高駅」まで車で25分、そこから北陸新幹線に乗って金沢に着くまでは60分ほど。

居眠りしている間もなく、缶ビールを飲む間もなく着いてしまうのです。

銀行から自宅に戻った私は、すぐさまリュックサックに荷物を詰め、車を走らせ、新幹線に飛び乗り、金沢へと旅立ったのでした。

いざ金沢へ

あ、そうそう、一応旦那様にも「金沢に行ってくる!」と電話しておきました。

金沢への途中、ちょうどお昼時だったので駅弁を購入。上越直江津名物鱈めし弁当。

棒だらの甘辛い煮つけと塩たらこの絶妙なマッチング!

上越にお越しの際はぜひ食べていただきたい1品。駅弁祭りでも探してみてくださいね。

お弁当を食べて間もなく、金沢の一つ手前の駅、新高岡駅に到着。

広々ゆったり乗り心地の良い北陸新幹線。もう少しのんびりしたかったけど、目的地にこんなに早く着くことができるのも楽しいです。

そして、金沢駅に到着。

「駅デカッ!!」が第一印象。

クリスマスのイルミネーションにも見とれていましたが、観光案内所がスゴイ!

きれいに陳列されたパンフレットたち。

日本語はもちろん、英語・中国語・韓国語が揃っていて、カウンターではきれいなお姉さんたちが丁寧に説明してくれています。

駅構内の案内も非常に見やすく、金沢初体験の私でもどこに行けばいいのかすぐにわかりました。さっそく、案内所で確認した周遊バスに乗るべく、駅の外へ。

そこにはたくさんの路線バスと周遊バスが行きかっていて、さながらバスのハブ空港的な感じです。

石川県の隣県、富山県や岐阜県の観光地からの高速バスもたくさんありました。

さすがは小京都金沢。平日でしたが、お客様もたくさん。

私はまず、少しぶらぶらしながらお茶が飲めるところ~、と思い、ひがし茶屋街へ行ってみることにしました。

とりあえずお茶を飲みに、ひがし茶屋街

バスには、左回りルートと右回りルート、さらに兼六園直行シャトルバスもあり、1日フリー乗車券はなんと500円! 15分間隔で運行されているので、安心してゆっくり観光することができます。

さて、右回りルートでバス停の4つ目、橋場町で下車します。駅前とはガラッと雰囲気は変わり、瓦屋根の町屋様式の建物が多く見えます。

金沢では、文政の時代に「にし」と「ひがし」に茶屋町が開かれ、現在でも多くの町屋様式を残していることから、重要伝統的建造物群保存地区として選定されています。

表通りから角を曲がるとそこはまさしく茶屋街。

きものを着付けてもらえるサービスもあるようで、着物姿の外国人もちらほら。

日本人だけど最近着物を着ることがなくなってしまい、やっぱり着物っていいなぁなんて思いながら町をぶらぶら。

素敵なガラス細工のお店や甘味処、金沢名物の水引を使ったアクセサリーのお店もありました。

LAMPの女子たちへのお土産は、水引のイヤリングにしました。

 
少し奥の方へ歩いて行くと立派な構えの「宇多須神社」があり、そこでお参り。今年高校受験の息子の合格祈願と家内安全と商売繁盛をお願いしました。よくばりすぎたかな? 笑

施設名 宇多須神社
住所 〒920-0831 石川県金沢市東山1丁目30−8
Tel 076-252-8826

 
その向かいに、おしゃれなカフェを発見!

町屋を改装した趣のある店内。この「Cafeたもん」、実はタレントのMEGUMIさんがオーナーのパンケーキ屋さんでした。

身体が冷え切っていたので、すぐにカフェラテを注文。プレーンのパンケーキも注文して待つことしばし……

出てきたのは、予想以上にふわっふわな可愛らしいパンケーキちゃん。

ホイップバターと、クリームチーズ・ブルーベリージャムが添えられていて、どれも美味しいっ!

まだ鱈めしでおなかいっぱいでしたが、ペロッと食べられちゃいました。

店舗名 Cafeたもん
住所 〒920-0831 石川県金沢市東山1丁目27−7
営業時間 9:00~17:00 (L.O.16:30)
定休日 第一火曜日、第三火曜日
Web https://cafetamon.jp/

 

おやつでおなかいっぱいになったところで、ひがし茶屋街から歩いてみることにしました。

金沢の街は、北陸でもあまり雪が多くないので、おうちの屋根はみんな瓦屋根です。野尻湖の周辺や私が住む妙高高原では、豪雪のため屋根はすべてトタンかステンレス。瓦屋根の風景が久しぶりで、旅の雰囲気を盛り上げてくれます。

金沢の街の中の建物は、消防署も警察署も庁舎もみんなおしゃれな和モダンな建物が多いです。周りの景観との統一感があり、情緒を醸し出しています。そんな素敵な街に見惚れていたら、3つ先のバス停まで歩いていました。薄暗くなってきたので、お宿へと向かうことにしました。せっかくフリーパスを買ったので、周遊バスで向かいます。

今日の宿「THE SHARE HOTELS KUMU金沢」

今回のお宿は、「THE SHARE HOTELS KUMU金沢」です。一人で泊まるには少し贅沢かと思いましたが、お勉強も兼ねて泊まっちゃいました。

お部屋タイプは、2~4名が基本で、もちろん1名でもOK。

すべてのお部屋にバス・トイレが付いています。アメニティグッズももちろん揃っています。

スタイリッシュモダンな内装は、とても落ち着いて過ごすことができました。大きなロッカーも室内にあって、荷物の多い旅行客でも安心して利用できると思います。

基本個室ではありますが、一階おきに共有スペースがあったり、大きなランドリースペースもありました。もしカップルで来て、喧嘩してしまっても大丈夫ですね。

施設名 THE SHARE HOTELS KUMU金沢
住所 〒920-0869 石川県金沢市上堤町2−40
Web https://www.thesharehotels.com/kumu/

おいしい北陸の幸を求め夜の街へ……

荷物を置いて、館内を散策したところで今回の一番の目的! 「おいしい北陸の幸を食べる!」を果たしに、夜の街へと繰り出しました。目当てのお店は、すでにLAMPシェフのマメさんから情報をもらっていて、予約済み。

一軒目「帆夏」

帆夏

金沢市内木倉町にある「帆夏」。

若い店主が数年前に開業された隠れた名店。地元加賀の野菜や北陸の海の幸を中心に、和食ベースの美味しいお料理をいただくことができます。

メニューはその日のオススメで20種類程度。また、お料理に合わせて選んでくれるお酒がまたうまい! 石川県に限らず、日本各地の美味しいお酒をいただくことができます。

ズワイガニのグラタン

能登の寒ブリ・のどぐろの炙り・アラ・アジ・アオリイカのお造り

左から マダラの白子の天ぷら 加賀大根の天ぷら 京芋の天ぷら カキフライ

今回は一人旅だから、誰も介抱してくれないのについつい飲みすぎて、ちょっと千鳥足になりそうで、後ろ髪をひかれながらもお店をあとにしました。春には、LAMPに遊びに来て下さるそうです♪

店舗名 帆夏(ホナツ)
住所 〒920-0988 石川県 金沢市木倉町6−8
営業時間 18:00~1:00(L.O.0:00)
定休日 日曜日
Tel 080-3744-7234

せっかくの金沢一人旅。このまま宿に帰るのももったいなくて、行きがけに見つけたクラフトビールをタップで飲めるお店に行ってみました。

二軒目「ORIENTAL BREWING」

常時4種類程度が自家醸造。その他に国内産のクラフトビールも数種類飲むことができます。

私は、「加賀棒茶スタウト」をオーダー。見た目は普通の黒ビールですが、飲んでみるとまずまろやかさにビックリ! ほんのりほうじ茶の香りがして後味も爽やか。一口で気に入ってしまいました。

が、そうとう日本酒も飲んできているので、残念ながら1杯で我慢することに。んー、金沢の夜はおいしかったなぁ。

布団の中で、今日出会った美味しいものたちを思い出しながら、幸せな眠りにつきました……。

店舗名 ORIENTAL BREWING 香林坊店
住所 〒920-0961 石川県金沢市香林坊 2-4-26 ブランシュ1F
営業時間 月〜木: 16:00〜23:00(L.O.)
金〜土: 12:00〜24:00(L.O.)
土〜日: 12:00〜22:00(L.O.)
定休日 日曜日
Web http://www.orientalbrewing.com/kohrinbo/

朝ごはんもしっかりと

翌朝。

いつもより少し遅めのお目覚め。一人旅のときぐらい、いいですよね。家族より遅く起きたって。

朝食付きプランで予約していたのでさっそく、朝食ビュッフェへ。

昨夜あんなに食べたのに、また食べられるなんて。私の胃袋恐るべし。

昨夜、ほかのお客様とはほとんど会うことがなくて、ちょっと寂しかったのですが、けっこういます。お客様。外国人の方が多いです。この時期、紅葉もほぼ終わっていたのに恐るべし金沢。

種類も豊富で、美味しい朝ごはんをいただき、スタッフの方に少しお話を聞いたあと、私の金沢一人旅、後半戦の始まりです!

 
後半へ続く……

U Y A
K A