株式会社いいオフィスFC募集その2
株式会社いいオフィスFC募集その2
2019.02.18

プロジェクト管理ツール「Asana」を使ってみて良かった5つのこと

Jack

こんにちは、Web事業部マネージャーのJackです。

みなさん、プロジェクト管理ツールってなにを使っていますか? この世の中には、さまざまなプロジェクト管理ツールがありますよね。

RedmineやBacklog、JIRAやWrike。そしてAsanaなどなど。

それぞれのツールには、それぞれの良さがあります。どれも好きです。

最近弊社では、Asanaというプロジェクト管理ツールを利用し始めました。もともと弊社では、Redmineを利用していたのですが、ひょんなことからAsanaというプロジェクト管理ツールを一部のプロジェクトで使い始めました。

以前、PMのイベントをLIGで開催した際も、Asana Torchbearerのアオキトモさんに「Asana」の良さを語っていただき、全社で利用していきたい気持ちが強くなっていました。
その時のイベントレポート記事もありますので、ぜひご一読を…!!
イベントレポート記事はこちら

さて、本題です。私がAsanaを使ってみて良かったことを、つらつらと述べていきたいと思います。

WebのUIが良い

決してRedmineが使いづらいと言っているわけではありません。好きですよ、俺、Redmineのことが。

ただ、Webアプリケーションという観点において、Asanaは純粋にUIが使いやすい。タスクの登録が簡単におこなえますし、CSVやExcelでのタスクインポートも各種ファイルをドラッグ・アンド・ドロップでアップすればタスクがインポートされる。

こういうのって地味に便利だと思うのです。Webアプリケーションをバリバリ開発している我々ですら、こんなサービスをつくってみたいと思ってしまう。イケてますね。

タイムラインが使いやすい

WebのUIと関連するのですが、このタイムラインという機能がめちゃくちゃ使いやすいんです。

ほかのツールのガントチャートでも機能的に事足りるのですが、なにより見やすい。使いやすい。タイムライン上でタスクをクリックするとダイアログが表示され、タスクの詳細を確認することができるのです。

必要最低限の画面遷移しかせず、ストレスなく操作ができるのです。うん、便利。
どうしてもガントチャートを使いたいという方は、ぜひInstaganttを使ってみてください。

アプリが使いやすい

わりと重要です。私は打ち合わせ等で外出が多く、外でタスクの確認をするときがあるのですが、そんなときにこのAsanaのアプリがあるとめちゃくちゃ便利です。

アプリも使いやすいんですよね。メンバーからの確認依頼も、このアプリを使えば簡単にチェックできるのです。

価格もお手頃

ビジネスプランだと、一人あたり月$19.99で利用できます。2,000円ちょっとですね。

弊社は、自社サーバにRedmineをインストールして利用しているのですが、なんやかんやで保守コストがかかってしまうのです。たった月々2,000円払うだけで、このインフラ保守とおさらばできるのはかなりメリットがあると思っています。

ユーモアがある

これ、とても大事です。プロジェクト管理ツールって毎日使うものですよね。毎日使うツールなのに、ストレスを感じてしまうなんてイケてない。

AsanaはUI的にもとても使いやすいんですが、さらに良い点がユーモアがあること。タスクに対して「いいね」が押せたり、リスト形式でタスクを完了させると、ときどきモンスターが出たりします。毎日使うツールだからこそ、楽しさって大事だと思うのです。楽しくプロジェクト管理! 最高ですね!

おわりに

本日は、Asanaを使ってみて良かった点(主に感情視点ですが……)を説明させていただきました。次回は、もっと機能にフォーカスしてAsanaの良さをお伝えしたいと思います。

それでは、良いプロジェクト管理ライフを!!