NTTドコモ様_dカーシェア
NTTドコモ様_dカーシェア
2018.11.07

えっ!1人1,000円!?親子で楽しめる壱岐島1DAY観光プラン!【保存版】

柴さん

LAMPのドミトリーから、こんにちは。壱岐島生まれ、壱岐島育ち。ゲストハウス「LAMP壱岐」サポーターの柴さん(@ikitakeshibasan)です。

「LAMP壱岐」が2018年5月にオープンして、はや半年が過ぎました。みんな、LAMP壱岐に1度は来てると思うんですが、みんなはLAMP壱岐のどこが好きですか?

僕は夜の町に照らされた建物の外観が好きで、いつもここで写真撮っちゃうんですよね。1階のドミトリーも秘密基地みたいで、めちゃくちゃワクワクするし、1度と言わずに、2度、3度来て欲しいなぁ……。

 

えっ……まだ……、

あーた、来ちょらんとで?

(訳:あなたは来てないんですか?)

 

たんがったばな……。

(驚いたな……)

 

ビックリしすぎて、僕がいつも使わない壱州弁(いしゅうべん)が出てしまいました。

ここだけの話、壱岐島の夏はもちろん最高なんですけど、秋や冬のオフシーズンもいいんですよ。温泉もあるし、これから島の食が充実してくるんです。特に魚は脂がノッてきて、壱岐島の寒ブリなんてもう悶絶モノで…… 。

これをあったかご飯にのっけたり、しゃぶしゃぶしたり……。

 

1年中楽しめる島、それが「壱岐島」なんです

 

これまでLAMP壱岐を影ながらサポートしてきたんですが、社長のゴウさんから「壱岐島の魅力をもっと全世界に伝えて欲しい!」とお願いされてしまったので、みなさんに全力で壱岐島の魅力をお伝えしていきます。

ところで、壱岐島に限らず、インターネット上にある観光情報って大人目線が多くないですか? 旅行って、大人だけのものじゃないんですよ。子どもにとったら、旅行は人生の一大イベントなわけで、もう大冒険の領域。そんなメモリアルな旅で子どもも大人も楽しめて、しかも、お金もかからないプランとかあったら、最高だなあと思ってやってみました!

激安! 親子で楽しめる壱岐島1DAY観光プラン!

今回、私の娘2人にも協力してもらい、親子で楽しめて、1日の予算が1人1,000円の壱岐島観光プランを勝手に作ってチャレンジしてみました。

ico 人物紹介:パパ(柴さん)壱岐市役所で働いていた元公務員。島のインフラ整備や地方創生、観光などの仕事をしていたので壱岐島のことに詳しい。LIGと出会ったせいで、フリーランスの道へ。
ico 人物紹介:モアちゃんちょっぴり恥ずかしがり屋のダンスが好きな小学5年生。趣味は磯遊びと名刺コレクター。好きな科目は家庭科、好きな匂いは磯の匂い。
ico 人物紹介:マリちゃんYoutuberの勉強と偽り、しょっちゅうYoutubeを見ている6歳児。将来の夢は、Youtuberかケーキ屋さん。家族の中ではひょうきん担当。

おそらくLIGブログ始まって以来のファミリーブログで大丈夫なのか心配ですが、今回のルールはこんな感じです。

今回のルール
  1. 食事やレジャー利用にかかる費用を一人1,000円までとする(3人で3,000円以内ならOK)。
  2. 朝から夕方まで楽しめる観光プランであること。
  3. 壱岐島の4つの町(郷ノ浦町、勝本町、芦辺町、石田町)を訪れ、ゴールはLAMP壱岐へチェックインすること。

1.旅のスタートは壱岐島の玄関口:郷ノ浦(ごうのうら)港から

AM 9:10 郷ノ浦港、到着

博多港から出航する高速船ジェットフォイルの1便が郷ノ浦港に到着する午前9時10分がスタート時間です。ここで水分補給用のペットボトル500mlのお茶3本を購入。

しかし、娘たちを見ていると、否応なしに遺伝子の力を思い知らされますね。マジで顔似てるなぁ……。

AM 9:30 旅の身支度をする。

港の近くの観光案内所では、観光マップはもちろん、旅の情報やお得な○○通貨もGETできます。ここでしっかり旅の身支度をしましょう。今回はマイカーを使いましたが、レンタカーを借りる場合、夏場の繁忙期シーズン以外は港でレンタカーの貸し借りができるレンタカー屋さんもあります。

今回の観光で使ったお金
  • ペットボトルのお茶3本 160円×3本=480円
  • バナナ1房 161円
  • かき餅 250円
  • 草スキー 0円
  • パンプラス 960円
  • 人面石くんクッキー 270円
  • 小島神社のお賽銭 125円(十二分にご縁がありますように。)
  • 博物館利用料 0円
  • イルカパーク入場料 300円

合計:2,546円
3,000円-2,546円=454円