NTTドコモ様_dカーシェア
NTTドコモ様_dカーシェア
2017.10.31

モデルや俳優をキャスティングしよう!Web制作での出演者キャスティング方法

北川パーヤン

みなさん、こんにちは。Web 事業部ディレクターのパーヤンです。

Web サイトやプロモーション映像をつくるときに、クライアント企業社員さまや知り合いに出演してもらって……
なんてことありませんか?

この仕事を始めて、プロカメラマンの画作りのすごさに驚きました。出演者もまた、プロに頼むとグッとクオリティがあがるんです。テレビや CM に出ているタレントでなくとも、レンズの前に立ち慣れてる人はそれだけ映えるんですよね。特にプロモーションサイトやプロダクトサイトは、視野に入れてみることをオススメします!

今回はモデルや俳優をキャスティングする際、お仕事を依頼することが多いキャスティング会社 イー・スピリット 監修のもと、キャスティング会社に依頼する際に押さえるべきポイント、やり方などについての方法などをご紹介します。

LIG の制作物では、
intelligenthome-eyecatch
>> https://www.intelligent-home.jp/

などが最近のキャスティング例としてあります。

 

準備しよう

まずは情報をまとめます。
人物設定/絵コンテまたは構成案/使用媒体/撮影候補日/使用期間/競合有無/選考方法ですね。
ひとつひとつ見てみましょう。

 

人物設定

出演者の人物設定をまとめます。

  • 年齢
  • 性別

などが必須要素で

  • 職業
  • ファッション誌で言うと
  • 芸能人で言うと
  • 独身/既婚

などイメージしやすい要素を付け加えるとなおいいです。
まとめると下記のようになります。

人物設定例
男性/33歳/中目黒在住
品良く、女性ウケより男性ウケがいいタイプ。
建築士やデザイナーで独身を謳歌している。
ガジェットが好きで iPhone は新作が出るたびに買い換えるほど。
雑誌『 POPEYE 』に載ってそうな感じです。

 

絵コンテまたは構成案

構成案参考

画像は紹介したサイト用の構成案です。絵コンテの前段階ですね。あれば一緒に送りましょう。ない場合は、

  • どんな場所で
  • どんな内容を

撮影したいかテキストベースで良いのでまとめましょう。

使用媒体

WEB/OOH(交通広告)/TVCM/イベント
などがあり、それぞれに対する
MOVIE or , and GRAPHIC
の組み合わせで費用が変わってきます。
多いほど費用はあがっていきます。

 

撮影候補日

候補を出してもらうのにもちろん必要ですね。
候補日は決めて依頼しましょう。
あわせて撮影日数も必要です。

 

使用期間

1 クール( 3 ヶ月)、半年、1 年といった具合で使用期間を決めます。
ほとんどの場合、買い切り(使用期限を設けず使用できる)は NG となります。
モデル・俳優事務所からの出演者提案がほぼ出なくなるんですね。

僕の場合は 1 年間でお願いすることが多いです。そもそも期間のあるキャンペーンならその期間に合わせてで OK です。期限が近づいた際に、再度出演料を御支払いすることになるので制作会社のみなさんは、クライアントに伝え忘れないように注意しましょう。

 

競合有無

例えば、A というお菓子の案件で B という競合他社のお菓子の広告にも出演していたらイヤですよね。このように競合の範囲をあらかじめクライアントに確認しておくことも重要です。
※クライアントによっては競合をかけない太っ腹な企業さまもいらっしゃいます。

 

選考方法

選考方法も伝えます。
書類選考かオーディション選考ですね。

書類選考はその名のとおり、書類による選考。出演者の写真/プロフィール/サイズ表/出演歴などで決定します。オーディション選考はオーディションを開き実際に会って選考します。

ここは予算とスケジュール次第ですが、僕はほとんど書類選考で行っています(書類選考の方が費用が低いです)。TVCM など予算規模が大きい案件だと、オーディションがほぼほぼ必須になります。

今は候補者名で検索すれば、動画などがネットに出ていたりもします。いい時代になりましたね。

 

キャスティング会社に依頼しよう

揃えた情報を、キャスティング会社に送ります。各事務所に投げることもできるのですが、自分でやるよりキャスティングを専門にしている会社に依頼した方が候補はやはり多くなります。「モデル 俳優 キャスティング」などで検索すると、さまざまなキャスティング会社が出てきます。

 

候補出し期間

依頼してから 2 〜 3 営業日ほどで出してもらえます。
スピーディでありがたいですね。

 

費用感

見栄え麗しい人を希望すると「媒体は WEB、使用期間 1 年、撮影 1 日」で一人あたり ムービー+グラフィック:15 〜 30 万円 ぐらいの費用がかかる印象です。

と言ってもどんな出演者を希望しているか次第ですし、上限のない世界です。キャスティング会社に相談して予算を探るのをおすすめします。

 

イー・スピリットよりコメント

siteTitle

せっかくなので、キャスティングに「イー・スピリット」よりコメントをいただきました。

コメント
弊社は、タレントをはじめモデルや役者など、さまざまなキャスティングを行っております。

制作スタッフが求めるクリエイティブイメージと、広告主が求める企業イメージの双方のニーズにベストマッチするようなキャスト提案を常に心がけています。キャスティングの専門会社である私たちは広告主や制作スタッフの皆様と、キャストの皆様を結ぶ、言わば架け橋的な存在だと自負しています。その架け橋が、結果的に WIN – WIN の関係となり「いい提案でした」と言っていただければ、これに勝る喜びはありません。

皆様と一緒に、素晴らしい作品を作り上げていけたらとても嬉しいです!

イー・スピリット 村井祐介・小滝紫乃

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。
制作物をよりよくするために出演者の質をあげることはとても有効です。
Web制作にも是非、キャスティングを取り入れてみてください。

今回はキャスティング会社への依頼という方法を提示しましたが、状況によっては違うアプローチももちろんあります。小劇場系でフリーの俳優を探してみたり、監督によってはセミプロ的な出演者と関係がありアサインできたり……。予算/制作物/スケジュールなど諸処の条件を鑑み最適な方法を選びましょう!

WEB × MOVIE なお仕事もぜひぜひお待ちしております。
下記リンクからお問い合せくださいませ。