29旅目
旅と音楽

タイのメーチェムに美しい田園風景を見に行ったら、大地が枯渇していてワロタ。

野田クラクションべべー


タイのメーチェムに美しい田園風景を見に行ったら、大地が枯渇していてワロタ。

DSC01032

こんにちは。ラッパーの野田クラクションべべーです。

 

最初に謝りたいことがございます。

 

DSC01025

本来であれば、緑あふれる田園風景を皆様にお届けする予定でしたが、世界の気候には雨季や乾季という季節があることを知らなく、完全に時期を間違えて訪問してしまいました。チェンマイからメーチェムに向けて走る道中で、草木が枯れ果てていて雨を欲しているシーンが多々あったので、早く気づけば良かったと反省しております。

8 月の雨季のシーズンだとめちゃくちゃ綺麗な景色を見ることができますので、時期を間違えないで行ってください。リアルにガチで。

 

 

ちなみに、メーチェムの場所はこの辺です。

チェンマイから3時間ほど時間がかかるので、観光で行く人は稀だと思います。「観光地ばかりに行きすぎて飽きちゃったよ」「ドライブがてらに美しい景色を見に行きたい」という人にはオススメです!

 

DSC01022

Google で「メーチェム 田園風景」で調べてポイントを絞って行ったんですけど、驚くくらい枯れ果てていました。

そもそも、時期を間違えているんです。自業自得ですよね。

 

DSC01012

フタコブラクダの背中のようなハードな山道を進み、

 

DSC01027

到着。乾季の影響で砂埃ハンパない。

 

DSC01100

僕の髪の毛も乾季の影響か、気持ち悪いくらいサラサラしていました。乾季大好き。

 

DSC01059

田園だと思ってテンションが上った、キャベツ畑。

 

DSC01066

そのキャベツ畑を支配する村の若者。

「田園風景を見にきたのに、大地が枯渇していて焦ったワロタ」的なことをいうと、「フッ」と鼻で笑われました。

 

DSC01075

手製の特性ハンモックに揺られながらの撮影。

よくわからないギター的なモノで音楽を奏でながら、どうして乾季のメーチェムに来ちゃったんだろ……と深く反省しました。

 

DSC01079

電波も通じないし、コンビニも時計もありません。あるのは乾いた大地とキャベツ畑と小屋くらい。

何もないってことは、何も考えずにのんびりと過ごせるというメリットもあると思うんですよね。

 

DSC01116

太陽が沈み始めると、乾いた大地がオレンジ色に姿を変えて、エモい雰囲気を醸し出してきます。

 

DSC01161

マジックアワー(日の出の直前と日没直後の時間帯)。

 

DSC01158

旅の醍醐味は、人それぞれだと思うんですけど、一日が終わる瞬間がすごい好きなんですよね。良いことも嫌なことも全部スーッと浄化される感じ。

日本中はもちろん、世界中にはまだまだ行ったことがないところがほとんどですし、行かないところがほとんどだと思います。

そんななか、乾季の時期にメーチェムへ訪れたのは運命なのかもしれません。

 

カラカラに乾ききった大地とマジックアワー(日の出の直前と日没直後の時間帯)が近づくにつれて変化する様子とフェンダー・ローズのエモーショナルなピアノが溶け合う、新曲『 Around the World 』をお聴きください。

以上、野田クラクションべべーでした!

 

野田クラクションべべー
この記事を書いた人

おすすめ記事

Recommended by