どこまで知ってる!? 実用性はないけど面白い、Googleのおかしな機能

シスコ


どこまで知ってる!? 実用性はないけど面白い、Googleのおかしな機能

こんにちはっ! ダンサー兼フロントエンドエンジニアのシスコです。

大学生のころから、マンガを全巻大人買いしてしまうという習慣が身につき、最近、「ジョジョの奇妙な冒険」の6部、8部を全巻大人買いしてしいました!!

さて、みなさんはGoogleに隠し検索コマンド・機能があるのをご存知でしょうか? 僕は知らない側の人間でした。今回はそれらのコマンド・機能を試してみたので、ご紹介します!

ちょっと「へぇ〜」ってなるやつ

Google hacker(ハッカー版のGoogle)

148767906528855000_77.png

Google hacker版

文字が、読めないですね。。。
微妙な変化ですが、メニューやボタンの文字がハッカー仕様に変わっています! スゴ腕のハッカーであれば読めるんでしょう……!

パン屋の1ダースって? a baker’s dozen

148767806538699400_06-1310x547.png

パン屋の1ダースって?

「a baker’s dozen(パン屋の1ダースって?)」と入力すると、パン屋が定める「1ダース」の個数が表示されます。 ただそれだけ。

普通1ダースは12個をセットにしたものを指しますが、パン屋では13個になるのだそう。 その由来は、13世紀のイギリスで施行された「パンの重さを規制した法律」。規定より軽くなると罰せられてしまうため、その処罰から逃れるために、当時、パン1個をおまけとして追加する慣習があったらしいです。

人生、宇宙、すべての答え?

148768018870838900_30.png

人生、宇宙、すべての答え?

人生、宇宙、すべての答え=42という答えを導いてくれます。

これは、ダグラス・アダムス氏の「銀河ヒッチハイク・ガイド」というSF小説より。
スーパーコンピュータ「ディープ・ソート」が750万年の計算のもと、 「生命、宇宙、そしてすべての答え(究極の疑問)」の問いから、導き出した答えが「42」であるというエピソードからきています。 なんかカッコよく感じちゃいますね。

検索窓で数式を入れると、勝手に計算してくれます。

sqrt(cos(x))cos(300x)+sqrt(abs(x))-0.7)(4-x*x)^0.01, sqrt(6-x^2), -sqrt(6-x^2) from -4.5 to 4.5

148768070257850900_68.png

ハートのお洒落なグラフ

この難しい式を検索すると、可愛らしいハート型のグラフが出てきます。

なんともオシャレですね!

お飾りされるやつ

Google rainbow

148768092165897800_38-1310x525.png

Google rainbow

なんとも鮮やかになりましたね……! ちょっと目がチカチカしそうです。

不意に昔のガラケーサイトを思い出しました! なつかしい。

Google underwater

14876836434949500_88-1310x644.png

Google underwater

なんと……! 水中に入ってしまいました。

ちゃんと色んな魚や海藻がいます。
水面をクリックすると、ロゴや検索窓が波に揺られてどんどん移動していきます。

Google guitar

148768406973718100_68-1310x692.png

Google guitar

Googleでギターが弾けるようになるんですよ!

弦になっているロゴ部分にマウスホイールすると色が変わりながら、弦が弾み、音を鳴らします! 試してみてください。

おかしくなったんじゃないかとヒヤヒヤするやつ

Google binary

148768507130455400_50-1310x573.png

0と1の世界 – Google binary

はい、スゴいことになりましたね!

0と1の2進数で表現されちゃってますね。実は、スクショ撮るために“command”キーを押したら、なんと0が入力されました……。

ちなみに検索しても全部0と1です。。。

148768590082205800_88-1310x724.png

もしかして:再帰

14876860806638100_44.png

再帰と検索すると……「もしかして:再帰」と延々と続きます。

もう無限ループからは抜け(ry

Google’s MentalPlexT

148768658722979000_27-1310x876.png

思考が読み取られる – Google’s MentalPlexT

帽子とメガネを外し、検索したいワードを思い浮かべ、青・赤の回転する円をクリック! ワード入力をしなくても検索したいものがわかってしまうというもの…..。

実はこれ、2000年のgoogleのエイプリルフールネタだったそう!

999999…999999

148768711628075700_94.png

「999999…999999」と検索すると、このようなエラーが表示されます……!

えっ、ナニこれ!? って、ちょっと怖くなりますよね。
“リクエストを自動送信する不正なソフトウェア、ブラウザ プラグイン、またはスクリプトによって発生した可能性”があるらしく、この画面が表示されるようです。

ちなみに「111111…111111」も同じ現状が起こります!

ちょっとインタラクティブで独特なやつ

ライフゲーム、conway’s game of life

14876876915698500_82-1310x614.png

ライフゲーム – サイドからの侵略

「ライフゲーム」と検索すると、左右からうねうねと何かが出てきます。

いったい何の仕様なのでしょうか。ライフゲームのシュミレーションだそうです。

ライフゲーム(Conway’s Game of Life)は1970年にイギリスの数学者ジョン・ホートン・コンウェイ(John Horton Conway)が考案した生命の誕生、進化、淘汰などのプロセスを簡易的なモデルで再現したシュミレーションゲームである。単純なルールでその模様の変化を楽しめるため、パズルの要素を持っている。

418 teapot

148768807694915600_64-1310x595.png

408 teapot – 私はティーポット

このティーポット実際に注げます! ぜひ試してみてください!

少し解説すると、HTTPにはステータスコードがあり、200が正常、404が未検出などがあります。その中で408はティーポットです。

418 I’m a teapot 私はティーポットです。HTCPCP/1.0の拡張されたステータスコードです。コーヒーを入れさせようとして拒否されたときに返す、ジョークコードです

おまけだよ!

Chrome がネットにつながらないときに発動!

148768873538669900_47-1310x699.png

ネットワークが繋がらないときによくこの恐竜さん見かけますよねっ!

知ってビックリしたんですけど、実は遊べるようになってます! 矢印(↑↓→←)キーボードでGame Startさせて、障害物を避けスコアを稼ぎましょう!

暇つぶしにハイスコアを狙ってみても、楽しいかもしれません……。

ちなみに、あとあとちゃんとやったらスコアが5桁目まで行けました。

まとめ

誰が何の目的で作っているのかは、Googleのみぞ知るところですが……。暇なときにでも試してみてください! 結構楽しいですよ!

まだまだ掘り出し物はある気がします! ちなみにYahoo検索でも期間限定ですが、乗っ取り系の検索コマンドがあるので、調べてみても良いかもしれませんね!

それでは、またお会いしましょー!

シスコ
この記事を書いた人
シスコ

フロントエンドエンジニア

関連記事