Web無料相談会2018冬
Web無料相談会2018冬
2016.11.12
第67話
べべ旅 〜ひとりぼっちの日本一周編〜

【麺屋 極鶏・京都】こってりスープが物語る!鶏の旨味が脳裏に残って忘れられない。

野田クラクションべべー

DSC_2202

こんにちは。

野田クラクションべべーです。(@nodaklaxonbebe

今回は、関西屈指のラーメン激戦区「京都市左京区一乗寺」にきています。

 

場所はこの辺りです。(黄色いピンのところ)

さすが、”大学のまち京都”と称されるだけはあります。

 

DSC_2225

彼は、京都大学の理学部に通う小林くん。

DSC_2225_1109102611 人物紹介:小林くん
京都大学 理学部に通っている4年生。趣味は百人一首をすること。

イベントで出会い、同い年ということで非常に仲良くなりました。ズッ友です。

今回は、一緒にラーメンを食べにいき親交を深めようと思います。

 

DSC_2094

到着しました。

「麺屋 極鶏(ごっけい)」です。

 

DSC_2095

平日の12:00ころに行ったのですが、めちゃくちゃ並んでいました。期待に胸とお腹がふくらみます。

 

DSC_2097

メニューはこんな感じです。

「だく」という言葉にそそられます……ジュル……

そして、

 

 

アイキャッチ

どん!

今回は、オススメの「極鶏 鶏だく チャーシュー増し」(900円)とご対面。

こんにちは、よろしくお願いします。

 

DSC_2132

綺麗に盛られたチャーシューの中心の白髪ネギを横にずらし、スープと麺とご対面。

僕と出会ってくれてありがとう、これからもよろしくお願いします。

 

DSC_2133

スープはドロドロの濃厚系。

いったいどれだけ煮込めば、このようなスープができるのか不思議でしょうがないです。

 

DSC_2134

それでは、早速いただきます。

 

DSC_2137

うおおお! 鶏だく最高!!

想像していたよりもめちゃくちゃ濃厚の味わいです。麺が自動的にスープと絡み合うシステムを搭載しているので、“ズズズッ”とすすって食べることができます。

 

1478702368889JQ36jtrag4CP1478702138

はい。チャーシューもいただきますね。

 

DSC_2159

うみゃい!

このチャーシューは僕が好きなタイプです。

味は少し濃いめなのですが、お肉自体があっさりしているため、何枚でも食べれちゃいますね。

 

DSC_2161

あと、麺を挟むようにして食べるのも良かったです。

麺オンザお肉という、サーカス団もびっくりのコンビネーションをお楽しみください。

 

DSC_2167

先ほど横にずらしておいた“白髪ネギ”と一緒に食べてみます。

 

DSC_2170

味わいが濃厚なため、シャキシャキっとした食感がフレッシュさを演出してくれます。

 

DSC_2177

お好みで、こしょうを軽く振ってみてください。

非常にパンチが効くので、“フィニッシュ鶏だく”まで駆け抜けることができます。

 

DSC_2196

味わい深い濃厚スープは、ペロリと飲み干させていただきました。いやぁ、本当に“鶏だく”最高です。

そして、もう一品。

 

DSC_2106

こちらも人気メニューの「とろ〜り 卵かけごはん(ラーメンセットなら、プラス200円です)」。

一緒についてくる細切れチャーシューも嬉しいサービスですね。

 

 

1478705397z_xNfER7m_nWoim1478705393

パカァ〜

 

DSC_2118

はい。美味しそうです。

 

DSC_2121

専用の卵かけごはんの醤油(あっさり)をかけ、一気に口の中に放り込みます。

細切れチャーシューの濃い目の味付けが、旨味をギュンギュンと引き立ててくれます!

ラーメンが濃厚なため、卵かけごはんのあっさりとした味がたまりません。

 

DSC_2192

というわけで、ご馳走様でした。ぜひ、京都に行った際には訪れてほしいお店です!

小林くん、バクバクと子豚のようにラーメンを喰らう姿を見てくれてありがとうございます! 僕の体型はこのようにして維持されています。

さて、次はどこのラーメンを食べようかな……

 

以上、野田クラクションべべーでした!

麺屋 極鶏

本日のお店 麺屋 極鶏
評価 5
営業時間 11:30~22:00 ※スープが無くなり次第営業終了
定休日 月曜日
住所 京都府 京都市左京区 一乗寺西閉川原町 29-7

 

DSC_2102

車で行かれる方は、駐車場がないので、近くのパーキングに停めてくださいね。

写真提供:小林くん(@26Hiroyan