いいとこすぎて移住しちゃいました / LAMP壱岐
いいとこすぎて移住しちゃいました / LAMP壱岐
2016.11.06
第66話
べべ旅 〜ひとりぼっちの日本一周編〜

沖縄県那覇市の漫湖(まんこ)でクジラの潮吹きを見てきた。

野田クラクションべべー

DSC_0016

こんにちは。

野田クラクションべべーです。(@nodaklaxonbebe

本日は、沖縄県那覇市にある「漫湖公園」(まんここうえん)にきています。

 

DSC_0021

こちらが、「漫湖」(まんこ)です。

なんでも、漫湖は沖縄本島で唯一ラムサール条約に登録されている湿地で、県民の誇りだそう。

鳥類は、水鳥を含めると200種類以上も観測され、エサとなるカニや貝、ゴカイなどの底生生物も多く発見されています。

 

DSC_0024

また、那覇の中心街から近いという理由で、多くの人が散歩や運動がてらに遊びにくるんだとか。

 

DSC_0022

沖縄は、“海”というイメージを持たれるんではないでしょうか。

ただ、少し変わった珍スポットにくるのも悪くないと思いますよ。

 

DSC_0014

また、漫湖のほとりに住んでいる人もいました。

もしかして、住所は「漫湖」から始まるんでしょうか?

 

DSC_0018

いい感じの棒があったので、原始人ごっこをして浮かれていると……

 

 

DSC_0026

足をすべらせて、靴を失いました。

※くれぐれも危ないので、”漫湖”には入らないでください。

 

Twitterで靴をくれる人を探したのですが、なかなか見つからず……途方にくれていると……

 

FamilyMartの店員さんが、“名前入りで緑色のマリオが描いている、ファミマカラーのサンダル”をくれました。

2時間くらい裸足でウロウロしていて、修学旅行生とかに若干引かれていたので、本当に嬉しかったです。ありがとうございました!

再び、漫湖公園に戻ると……

 

 

DSC_0028

“リアルすぎるカニのオブジェ”や、

 

DSC_0031

キュートな瞳をしている“クジラのオブジェ”がありました。

ちなみに、このクジラは10分に1回のタイミングで潮を吹きます。

実際の様子はこちら。

 

いかがでしょうか?

クジラが潮を吹くオブジェは、全国を探しても滅多に見つからないと思いますよ。

一応、クジラの内部も調べておきました。

 

DSC_0002

理由はわかりませんが、一部立ち入り禁止になっていました。

 

DSC_0004

トンネルがあったり、

 

DSC_0006

海藻っぽいモジャモジャしたものが落ちていたり、

 

DSC_0009

本物っぽいお魚の絵が描いてあったりと、沖縄っぽさを楽しめます。(※あくまで、個人的な意見です)

せっかくなので、クジラの内部にあったすべり台で遊んでみました。

 

いかがでしょうか? 漫湖公園の魅力が伝わったでしょうか。

漫湖に流れ込む河川のひとつ「国場川」(こくばがわ)は、かつて水の汚れが全国でワースト4位に入るほど汚れていたそうです。今では、下水道の改善などがおこなわれて水質は向上しているんだとか。

沖縄を訪れた際は、遊びに行ってみてはいかがでしょうか。

 

漫湖公園
住所:沖縄県那覇市古波蔵3-23-1
電話番号:098-951-3292
料金:無料
休業日:年中無休
駐車場:無料
クジラの潮吹き:10分に1回

 

〜僕が沖縄に行くことになった理由〜

IMG_0412

今回、沖縄に行くきっかけをくれたのは、「株式会社 TABIPPO」でインターンをしている平野君です。

先日、「旅大学〜ドイツ観光を学ぶ1泊2日〜」というイベントで、一緒になったのですが……

 

スクリーンショット 2016-11-05 20.44.46

と、メッセージがきまして。

 

IMG_0415

北海道を意識した格好で空港に向かいました。

 

 

IMG_0267

初日は、他のメンバーと沖縄を感じていたのですが……

 

IMG_0322

なぜか……よくわからない島で降ろされてしまい、一人ぼっちになってしまいました。

そんなときに、漫湖公園のことを知って訪問したというわけです。

 

 

DSC_0013

いかがでしたでしょうか?

ノリと勢いで沖縄県に行き、靴を失って、靴を手に入れるという、破天荒な旅でした。

 

今度は、漫湖(まんこ)で野鳥や水鳥の観察をしてレポート記事を書こうと思います。

以上、野田クラクションべべーでした!