これで無料?!クオリティの高いおすすめフリーペーパー7選+1!

ゆかりさん


これで無料?!クオリティの高いおすすめフリーペーパー7選+1!

こんにちは、エディターのゆかりさんです。みなさまは夏をいかがお過ごしでしょうか。絶賛夏バテ中のわたしですが、2回目の「シン・ゴジラ」はしっかりキメてきました。3回目はいつにしようかな!

さて、今回はフリーペーパーのうち、おすすめ7冊(+1冊)をご紹介したいと思います。紙にもいろいろな種類があり、そこにいろんなフォントがあり、それらが文脈を紡いでいる。どれも作り手の温度が伝わる作品です。

1. Have a nice PHOTO!

写真

週末、写真を撮りに出かけよう!

毎号それぞれの地域を、写真で魅せながら特集。街角の風景、絶景など、写真を撮らない人でも「行きたい!(悶絶)」となるであろう一冊。

「フォトジェニックな人」と題したインタビューや、Nikonとコラボした撮影お悩み講座などもあります。配布場所も全国のカメラのキタムラや美術館、カフェや東急沿線の駅など。写真を通して旅の気分を味わってみてはいかがでしょうか。
http://haveanicephoto.com/

佐賀バルーンフェスタ
▲見開きで写る佐賀のバルーンフェスタ。赤から明けの美しさが伝わります。

 

2. とうちゃんのこたべ

のこたべ

よい父親ではなく、笑っている父親になろう

「のこたべ」という名前の由来は『残さず食べます』と、『のこのこ育児』とのこと。「週末でも空いてる」「めずらしい遊具がある」などの全国の公園の紹介や、子どもと作る朝ごはんのレシピ紹介、そして「ママのホンネ」というちょっとドキッとするような内容まで盛りだくさん。

仕事も家庭も頑張るパパに贈るフリーマガジン。3児のパパである弟に勧めたいなと、素直に思いました。
http://nokotabe.com

とうちゃんのこたべ
▲ちびっ子の表情がとても生き生きとしていていいなあと思います。ちびっ子の笑顔は世界を救う。

 

3. ヘルス・グラフィックマガジン

アトピー

病を知ることは、健康を知ること。笑顔と健康な毎日をあなたに。

強烈な表紙で思わず手に取ってしまう一冊。過去には「花粉症」「五月病」「肥満症」「胃腸不良」などもあり、実生活の悩みに密着したラインナップとなっているようです。

内容は「治療における大切な3つのPOINT」や、「本当は怖くない?! ステロイドの真実」など、気になる情報がスタイリッシュかつインパクトのあるデザインで紹介されています。制作が薬局さまとあって、信頼性も高いですね。
http://www.aisei.co.jp/user/efforts/magazine/tabid/281/

a_01_b
▲かわいいイラストもあるんですよ。

 

4. 台東モノマチです!

台東モノマチ

編集部ではボランティアスタッフ募集中ですよ。

その名のとおり、台東区にフォーカスしたフリーペーパー。個人的には名前の「です!」がとてもすきです。「です!」って。なんか、愛がある。

地図を交えたお店や会社の紹介、そして対談など、持ち歩いて台東区をウロウロできます。毎号色が違うのも「いいな」と思うちょっとしたポイントのひとつ。ちなみに東上野特集の5号では、弊社も紹介されていましたよ!
http://monomachi.com/?p=6363

a_07_b
▲これぞフリーペーパー、な質感がたまらんのです。(弊社もうっすらいますよ)

 

5. ARTrip 大分

大分

列車の窓からは、早送りでまちの日常が飛び込んでくる

表紙をめくってすぐに目に入ったこのフレーズに惚れて手にした一冊です。140ページ超の充実した内容は、写真から街の案内、大分の人へのインタビューなど盛りだくさん。発行元はBEPPU PROJECTという大分県別府市を活動拠点とするアートNPOとのこと。

A5サイズのこの本を手に湯布院、国東半島などを旅して、なにげない景色をから新しい出会いに向かいたくなる。日常のスキマを探したくなる。そんな一冊です。
http://www.beppuproject.com/

a_08_b
▲どこに行こう。そう思える紙の匂いがします。

 

6. RAW

raw

ただ良いものを作るだけではなく、
廃棄物との向き合い方を考えることは
デザインにおいて一つの課題でもあるのです。

プロダクトデザインの魅力に触れるきっかけを作りたい、という思いから作られているフリーペーパーは、多摩美術大学プロダクトデザイン専攻の有志が制作。デザイン性の高い、というよりもう「プロ」すぎる出来栄えに、ファンの人も多いのではないでしょうか。

取材先も卒業生の制作会社など、学生たちの本気がガンガン伝わってくる内容です。配布先は都内の美術大や専門学校、渋谷ヒカリエなど。ぜひ最新情報は下記Twitterから追ってみてください。
https://twitter.com/raw_freepaper

RAW
▲「ピンクの木」。それだけで伝わるものがあるんですよね、きっと。

 

7. SANZUI

さんずい

実演芸術のあらゆる魅力を伝えます。

残念ながら10号をもって一度休刊となっていますが、これまためずらしい縦書きに作ってある一冊。この号では、室井滋さん、春風亭昇太さんなど、「実演芸術」の人々にインタビューした内容になっており、読み応えも充分!

飾り表紙の模様も「笑い」を意味する「www」を図案化しているなど、細部にまで芸術性が詰めこまれており、ともかく舞台や演者さんがすきな人にはオススメです。バックナンバーは下記URLからどうぞ!
http://www.cpra.jp/sanzui/

縦書き
▲縦書きだからこそ味わえる心地よい「文字の詰め込み」。すきです。

 

+1. reason.

reason

1人の人間が熱意をもって何年もやり続けている事は、
どこかで誰かの心に響いているんだと思います。

毎号「〇〇×HAIR」という、「何か」と髪をかけ合わせた特集が軸。それもそのはず、美容師さんが発案者となって作られています。

「ヘアデザインを通じて、様々なプロフェッショナルと共に“新しい発見”や“面白さ”を伝える」というコンセプトのもと、さまざまなインタビューや対談、「髪と料理」などレシピも交えた、オサレ満載の一冊です。めんどくさがらずに美容室に行きたくなります。なお、2号は試験的に有料になることをこの記事を書いている最中に教えていただきましたので、今回は「+1」としました。
http://www.reason-project.com/

髪と料理
▲色っぽい。とってもすきです。

 

さいごに

いかがでしたでしょうか。それぞれに見どころ満載なので、ぜひ手に取ってください、としかもはや言えなくなってしまう内容のものばかり。しかし、「手に入る場所に行けないよ!」という意見もあるでしょう。そういう方には、こちら!

ONLY FREE PAPERでフリーペーパーの通販を!

フリーペーパー専門店である“ONLY FREE PAPER”。先日惜しまれつつ閉店した渋谷PARCO店でしたが、東小金井駅にあるヒガコプレイス店は健在。それだけではなく、なんと通販も可能です!

3,240円で厳選した20冊を届けてくれる「OFP SELECT BOX」と、5,400円でひと月の間に入荷した平均100誌すべてをまとめて届けてくれる「OFP MONTHLY BOX」の2パターンが選べます。紙ってけっこう重いので自分で持ち帰るのはキツイ、という方から遠方の方まで利用してほしいシステムです。

あらためて、紙の香りとそこに載った文字や写真の「質量」を大事にしたい、と、書きながら感じました。

ではでは、みなさん、良い夏をお過ごしください! ガッズィーラ!

ゆかりさん
この記事を書いた人

関連記事