顧客管理を効率化!おすすめCRMシステム7選【無料トライアル有り】

トギー


顧客管理を効率化!おすすめCRMシステム7選【無料トライアル有り】

こんにちは! メディア事業部のトギーです。

ここ数年、さまざまな業務支援グループウェアが開発されてますね! みなさんの会社は導入していますか?

LIGは一部システムを導入していますが、まだ顧客管理などはエクセルでの手作業。システムを導入したいと思っても、たくさんある顧客管理ツールから1つを選択するだけでも一苦労だったりもしますよね。

どうすれば自社に合ったツールを見つけ出せるのでしょうか?

そこで今回は、顧客管理(CRM)や営業管理(SFA)システムの基礎知識や選び方、そして各ツールの比較まとめをお届けします。

顧客管理(CRM)/営業支援(SFA)効率化システムについての基礎知識

CRM(Customer Relationship Management)とは

CRMとは、顧客一人ひとりと良好な関係を構築することで売上や利益を向上させるという、顧客起点のマーケティング手法です。「顧客関係管理」や、略して「顧客管理」と訳されています。

マスマーケティングと相対するOne to Oneマーケティングの概念ともいえますが、大量の顧客(取引先)を相手にするような企業で一人ひとりの顧客との関係を管理するには膨大なリソースが必要になります。そこで登場したのがCRMツール。顧客情報の取りまとめはもちろんのこと、接触履歴や購入見込みの評価、顧客満足度向上施策などの時間のかかる作業を機械化、自動化してくれます。

SFA(Sales Force Automation)とは

SFAとは営業支援を目的としたシステムです。主にB to B営業においての、営業先の情報やニーズ、問い合わせ履歴や訪問回数、打ち合わせ内容、案件の進捗などの情報を取りまとめて分析し、各企業に最適な営業手法を導き出してくれます。

従来、営業というのは現場の人間の経験値や感覚といった属人的スキルに頼りがちでした。それを自動化、数値化することで、効率的に売上を伸ばそうという取り組みです。SFAツールが導入されると、個々人の営業進捗がチーム内で共有され、マネジメント管理がしやすくなるとともにチーム全体の最適化が図れます。

CRMツールやSFAツールの選び方

必要な機能を見極めよう

CRMツールもSFAツールも、活用次第でマーケティングの最適化を実現できますが、なんでもかんでも導入すればよいという単純なものではありません。導入自体にコストがかかりますし、運用するためのリソースが必要になることをあらかじめ理解しておきましょう。無駄に機能が多いと使いこなせないことも。運用を定着させるには、機能の選別が必須です。

また、CRMとSFAの概念にかぶりがあるように、ツールの機能にもかぶりがあります。CRMツールを上手く使いこなすことで、SFAの機能を果たせることも。複数のツールを導入して無駄なコストを払うことのないよう、各ツールの機能はしっかりとチェックしておきましょう。

価格を判断は包括的に

CRMやSFAのツールについて検索すると、「月々●●●円〜」といった表示を見かけますが、これだけで判断するのは禁物です。ツールによって初期費用がかかるものがあったり、登録するユーザー数に応じて課金されていくものがほとんどです。

自社がどのくらいの規模のデータを扱うのかを見極めることが最善ですが、もし検討がつかない場合には「ユーザー無制限」のツールを選んでおくと安心です。

 
続いて、SFAの機能もあわせもったお役立ちCRMツール7つを紹介します。

SFAにも使えるお役立ちCRMツール7選

  1. Knowledge Suite
  2. SalesForce Sales Cloud Professional
  3. SalesForceAssistant 顧客創造 クラウド
  4. eセールスマネージャー Remix CLOUD
  5. Microsoft Dynamics CRM Online
  6. Oracle CRM
  7. Zoho CRM

1. Knowledge Suite(ナレッジスイート)

knowledgesuite https://knowledgesuite.jp/

顧客情報と営業報告を打ち込むだけで営業プロセスや予算・実績を可視化するという、CRMとSFAを完全一体化した便利ツールです。必要な機能だけを選んで導入し、後から機能を追加してくことができるという柔軟なサービスが魅力。利用企業の9割がSFA初導入にもかかわらず、運用定着率が高いんだとか。

クラウド型のため初期導入費用もかからず、登録ユーザーは無制限。予期せぬ追加コストがかからないのが安心です。

無料トライアルもあるようなので、気になる方は要チェックです。

スタンダード版価格 (ユーザー数50の場合)
初期費用 0円
ユーザー単価 ユーザー数無制限
初月利用料 50,000円
年間利用料 600,000円

無料トライアルはこちらから!

2. SalesForce Sales Cloud Professional

セールスフォース http://www.salesforce.com/jp/sales-cloud/

世界的シェアを誇るSalesForceが提供するSFAツールの代表格。強みは営業支援機能で、見込み客の育成やマーケティング支援などが充実しています。またchatterと呼ばれるコミュニケーションインターフェースも特長です。

CRMに関しても基本的な機能はしっかりと網羅。ただし、あまりに多機能なため、活用するにはそれなりのリソースが必要です。運用担当にはグループウェアの知識や経験豊富な人材が求められます。ユーザーの多くが大企業です。

価格 (ユーザー数50の場合)
初期費用 0円
ユーザー単価 9,000円
初月利用料 450,000円
年間利用料 5,400,000円

 

3. SalesForceAssistant 顧客創造 クラウド

顧客創造クラウド http://www.salesforce-assistant.com/

NIコンサルティングが提供するマーケティングツールのうち、案件営業型と呼ばれるSFA用ソフトウェアです。

「電子秘書が営業現場の一人ひとりをアシストするSFA」というキャッチフレーズがある通り、営業ノウハウに関するコンサルティングの要素が強く、電話サポートにも無料で対応しています。単にチーム内の情報共有のためにツールを活用したいという場合には、不必要な機能が多いかもしれません。

価格 (ユーザー数50の場合)
初期費用 50,000円
ユーザー単価 4,000円
初月利用料 250,000円
年間利用料 2,450,000円

 

4. eセールスマネージャー Remix CLOUD

eセールスマネージャー http://www.e-sales.jp/

ソフトブレーン株式会社が提供する、包括的で充実したCRM/SFA機能をもったツールです。カスタマイズ導入時の手厚いサポートも魅力の一つ。そのぶん価格帯も高めです。

オールインクルーシブで使えて非常に便利ですが、その反面で他社グループウェアとの連携が弱いともいわれています。

価格 (ユーザー数50の場合)
初期費用 要問い合わせ
ユーザー単価 要問い合わせ
初月利用料 要問い合わせ
年間利用料 要問い合わせ

 

5. Microsoft Dynamics CRM Online

マイクロソフトダイナミクス https://www.microsoft.com/ja-jp/

Microsoft社のツールということで、office製品やskypeなどのMicrosoft製品とシームレスに連携できることが特長です。wordやExcelで作成した資料をそのまま読み込めるというのは、使い勝手が良さそうですね。

利用期間や価格については公表されているところが少ないですが、それは各企業にカスタマイズして提供されるからのようです。手厚いサポート対応がある反面、それなりの費用がかかります。

価格 (ユーザー数50の場合)
初期費用 0円
ユーザー単価 7,070円
初月利用料 353,500円
年間利用料 4,242,000円

 

6. Oracle CRM on Demand

オラクルCRM http://www.oracle.com/jp/products/applications/

ユーザーインターフェースが整っている機能的デザインが魅力のOracle提供のCRMツール。Microsoft officeとの連携もよく使いやすいと評判です。強みは分析とレポーティング機能で、事前定義された40本以上のレポートを導入直後から利用することができます。

ただし、社内でコミュニケーションを取れる機能や仕組みは現状ありません。

価格 (ユーザー数50の場合)
初期費用 要問い合わせ
ユーザー単価 7,609円
初月利用料 380,450円
年間利用料 4,565,400円

 

7. Zoho CRM

ZOHOCRM https://www.zoho.jp/crm/

必要なときに必要な機能だけを利用するというスポット型クラウドCRM。1ヶ月間のみの契約や、ユーザー数が大きく変動するような、主に中小企業向けのサービスといえます。

安価のわりに、顧客情報の管理からレポート作成、在庫管理、ソーシャルメディア連携などトータルな機能に対応しています。ただしユーザー数、ディスク容量は従量制。継続して一定量の運用が必要な企業には向きません。

スタンダード版価格 (ユーザー数50の場合)
初期費用 0円
ユーザー単価 1,440円
初月利用料 72,000円
年間利用料 864,000円

CRM/SFAツールの機能と価格の比較まとめ

機能の比較一覧表

CRM機能

価格の比較一覧表

CRM価格一覧 ※2016年8月現在、利用ユーザー数50の場合で比較
※『Knowledge Suite』と『Zoho CRM』はスタンダード版価格を記載、『Oracle CRM』の価格はここを参照
 
 
安価に始めたいなら『Knowledge Suite』がおすすめ。初期費用0円でCRMとSFAの包括的な機能が使えます。今なら無料トライアル実施中!

Knowledge Suite無料トライアルはこちらから!

おわりに

さまざまなツールを紹介しましたが、自社に合ったCRM/SFAツールはありましたか?

機能の多さやサポートの厚さに応じて価格が上がるのが基本的な構造ですが、それらが必要かどうかは企業次第。どんなに高度な機能を導入しても、使いこなせないのであれば顧客管理や営業プロセスの効率向上を目指すことはできません。

自社が本当に必要としている機能を理解するとともに、ツール管理に使える社内リソースを把握し、無理なくマーケティングソリューションを実現していきたいですね。

それでは、また!

knowledgesuite_mv

トギー
この記事を書いた人
トギー

エディター

おすすめ記事

Recommended by