CREATIVE X 第2弾
CREATIVE X 第2弾
2016.06.23
#1
それいけ!フロントエンド

Gitの脱GUIをめざす!CUIで見やすく、サクサク操作の「tigコマンド」を使ってみた

ハル

おはこんばんちは、16新卒で入社した29歳ハルです。

数ヶ月前まで専門学校にいたアラサーです。恥ずかしいことに、Gitを本格的に使い始めたのは働き始めてからです。

これまで綺麗なGUI画面のSourceTreeで操作していましたが、これからはエンジニアとして黒い画面でGitコマンドを使い、サクサク作業をしたいと思っています。

ただ、いきなりGitコマンドだけでは心細いので、Gitブラウザのtigコマンドを使うことにしました。今回は、そのtigコマンドについて紹介したいと思います。

tigとは

一言で言うと、Gitコマンドだけではわかりづらい状態などを、見やすくビジュアル化してくれるCUIのGitブラウザです。CUIなので、サーバーでも使えるのがいいところです。

  • ツリー構造を見やすく表示してくれる。
  • ツリー構造から差分を表示できる。
  • add や commit ができる。
  • ブランチの確認と詳細確認ができる。

上記は一部ですが、具体的にこんなことができます。

tigをつかってみる!

まずは、インストール

macの場合ですが、Hombebrewで簡単にインストールできます。

macへのインストール

$ brew instal tig

centosへのインストール

# パッケージのインストール
$ sudo rpm -ivh http://pkgs.repoforge.org/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.3-1.el7.rf.x86_64.rpm
# tigのインストール
$ sudo yum install -y tig

tigコマンドの実行

$ tig

git statusをするところを、上記のコマンドを実行します。

 
スクリーンショット 2016-06-11 17.04.15

こちらのコマンドを実行すると、 tigの main view が開きます。

main view

スクリーンショット-2016-06-11-17_04_45

main view では、Gitのツリー表示と日付・作成者・コメントなども一覧で表示してくれます。このあとも説明しますが、さまざまなviewがあります。

他のviewからこの main view を表示する場合は、mキーを押します。

main viewでの選択の移動

vimが基本ですがemacsの操作で移動ができます。

操作 キー
上へ または K または ctrl + p
下へ または J または ctrl + n

詳細を表示する

スクリーンショット 2016-06-11 19.31.44

上下に移動ができたら、Enterキーを押すことで、コミットの詳細を見ることができます。(分割位置はウィンドウの大きさで右・下どちらかに変化します。)

コミット詳細の表示での移動

画像だと、右側のコミット詳細の移動は下記のキーを使います。

操作 キー
上へ k
下へ j

一覧の移動と詳細の移動のキーが違うので、注意してくださいね。

status view

先ほどまでmain viewを見ていました。tigはモードを切り替えることでいろんな操作ができます。sキーを押すと status view が開きます。

操作 キー
status view へ切り替える s

スクリーンショット 2016-06-11 17.44.06

status view では、add と commit などがおこなえます。3つの状態を表示してくれています。

Changes to be committed git add したもの
Changed but not updated 変更があったファイル
Untracked files 新しく作成されたファイル

git add をする

Gitコマンドだと`git add ファイル名`で追加することができます。

 
スクリーンショット 2016-06-11 18.04.24

しかし、tigでは、Changed but not updatedUntracked filesの項目にあるファイルまでカーソルを移動し、uキーを押すことでChanges to be committedへ移動したいと思います。これで、簡単にgit addをおこなえます。

逆に、Changes to be committedの項目になるものでuキーを押すと、Changed but not updatedUntracked filesへ取り下げることができます。

操作 キー
Changes to be committed への追加または除外 u

git commit をする

add をしたので、次は commit をしたいと思います。

 
スクリーンショット 2016-06-11 18.05.13

status view モード中、「Changes to be committed」に追加してある状態で、 C(shift + c)キーを押します。そうするとGitで設定されているエディターが開くので、コミットメッセージを入力し保存すれば、コミットができます。(残念なことにtigのデフォルト機能ではpushはありません。pushはGitコマンドからしてあげてください。)

refs view

rキーを押すことで、refs viewモードに切り替わります。refs viewでは、git branch -aにあたるものが見れます。

操作 キー
refs view 切り替え r

スクリーンショット_2016-06-11_18_50_53

カーソル移動をし、Enterキーを押すことで、そのブランチでのコミット一覧を見ることができます。さらに、コミット一覧からEnterキーを押すことで、そのコミット詳細を見れます。

まとめ

今回は、tigの基本的な操作を紹介しました。

より詳細なことは、hキーを押すと説明が開きますので、そこからいじってみてください。単にGitコマンドでも情報の表示は同じようにできますが、tigの方が圧倒的に見やすいかと思います。

これからもどんどん黒い画面に移行していき、最終目標はマウスを捨てたいと思います。