LIGデザイナー採用
LIGデザイナー採用
2016.07.19
第26回
DevRelイベントレポート

大人の夏休み工作!丸1日かけて本格的な多面体スピーカーを作ってみた

うらら

こんにちは、エディターのうららです。

 
P5271208w

先日、エンジニアののびすけと一緒に、「多面体スピーカー」を作るワークショップに参加してきました。

 
DSC_0320

こちらが今回作るという多面体スピーカー。お店で販売されていてもおかしくないクオリティですよね? 9個のスピーカーが付いていて、どこからでも音が聞こえるというハイスペックなものなんです。

のびすけがこれを作ってみるということですが、ものづくりは高校以来挑戦していないとのこと。ものづくり初心者でもちゃんと完成できるのでしょうか?

ということで今回は、当日の様子をレポートしてみたいと思います。
それでは、早速いってみましょう!

多面体スピーカー、本当に誰でも作れるの?

DSC_0270

ということでやってきたのは、JR秋葉原駅から徒歩3分の場所にある「DMM.make AKIBA」さん。2014年11月にオープンしたばかりの、ものづくりの人のためのものづくりスペースです。

本日、講師を務めて下さる阿部さん(右)と坂庭さん(左)。マンツーマンで教えてくれるそうです。

uraraちなみにこのスピーカー、既製品を買ったらいくらぐらいするんですか?
abesan7万円くらいかな。高いものだと30万円くらいかかるかもしれません
urara30万円?! けっこうな値段ですね……。

ちなみに今回の講座は6万4千円。既製品よりも安くて、自分で作れる思い出もできる。素敵すぎます。

さて、全体の説明をしてもらったあとに、さっそく外側から作っていきます。このような作業手順はすべて資料にまとまっているので、それを確認しながら進められます。

まずは木の向きに印をつける

DSC_0013

マンツーマンで教えてくれるという親切さ。わからないところがあったらすぐに質問できちゃいます。

 
DSC_0308

まずは、木に印をつけます。あとから向きがわからなくなるのを防ぐためだそうです。

金具をつける

DSC_0327-1

木に印をつけたら、穴を開けて金属のパーツを埋め込んでいきます。

 
DSC_0001

最初は笑顔だったのびすけ。

 
DSC_0344

作業するにつれ、こんなに真剣になっていきました。

uraraの、のびさん楽しんでますか?
nobisuke……。(集中モード)
urara(周りが見えないくらい集中している)

パネルにボンドをつけて仮止めする

DSC_0024-1

すべてのパネルに金具を取り付けたら、パネルをテープで仮止めし、ボンドで仮止めをしていきます。

 
DSC_0036

もくもくと組み立てます。つまづくところがあっても、サポートしてくれるので安心ですね。

 
DSC_0070

ひとつ目の仮止めが終わりました。早くも形になってきています。

 
DSC_0078

この調子でふたつ目も作ります。

 
DSC_0087

ふたつの仮止めが終わり、ご満悦の様子。逆光があいまって、かなり怪しい人になってしまいました。

uraraずっと無表情だったんですけど、どうです?
nobisuke楽しい! 久しぶりにこういう工作した。
uraraその笑顔が全てを物語っていますね。

ボンドが乾くまでお昼休憩をとることになりました。

 
DSC_0090

実は、DMM. make AKIBAには食事を提供しているスペースもあります。日替わりプレートにカレーライス、アメリカンドックまで食べられるなんて……。「本当にものづくりスペースなの?」と疑いたくなるくらいおしゃれな品揃えです。

 
DSC_0100

こちらが日替わりプレート。かわいくて栄養バランスもよさそうです!
毎日変わるそうなので、「今日は何かな?」とわくわくしますね。

午後は塗装〜配線!着々と完成へ

ボンドが乾いたところで、午後の作業をはじめます。
あとは、外側の塗装をして、配線をしていきます。

表面にヤスリをかける

DSC_0112

仮止めしていたテープを外し、木の表面にヤスリをかけます。

uraraちなみに、どんな木を使っているんですか?
abesanシナベニアというものです。安いスピーカーには合成木材が多く使われていますが、合成木材だといくら磨いても綺麗にならないですね。シナベニアだと目がないので、やすりがけができるんです。機械での加工もしやすいですね。
urara素材にまできちんとこだわりがあるんですね。

 
DSC_0122

木のパーツには、よく見ると少し凹みがあります。手作業だと1日1枚くらいしかできないそうですが、DMM.makeの機械を使えばあっという間にできるのだとか。

uraraそういえば、どうしてこの企画をやろうと思ったんですか?
abesanリーダーの山口氏がやりたいとおっしゃっていたんですよ。わたしは、大変だから「うーん……」と思っていたんですけど、
abesan外堀を埋められててね、やらざるを得なくなっちゃった。
uraraそんな裏話が……(笑)山口さんの情熱があってのイベントなのですね!

いよいよ塗装

DSC_0155-1

グローブをつけて塗装をします。

 
DSC_0163

今回選んだのはこちらの色。

 
DSC_0170

塗り終えてから、乾かします。

nobisuke色塗りって、本当に久しぶりにやったわ。すんごい新鮮。
urara塗装ならわたしもできる、やりたいです! 楽しそうでうらやましい。

電線を組み合わせる

DSC_0188

塗装を乾かす間に、電線を組み合わせます。

 
DSC_0209-1

一見難しい配線ですが、油性ペンで赤と黒でマークをつけ、赤黒のペアでつなぐというシンプルさ。わかりやすいようにスタッフさんが工夫してくださっています。

電線とスピーカーをつなぐ

DSC_0213-1

配線が終わったら、いよいよスピーカーとつなぎます。

 
DSC_0234

ここで、スピーカーの内側につけて補強するパネルアタッチメントを準備します。

 
DSC_0248

準備したパネルアタッチメントを装着。コツコツと作業を続けていきます。

 
DSC_0265

いよいよ、ケーブルの仮止め。ここで間違えたら音が鳴らなくなってしまいます……!

uraraむずかしそう……楽しいですか?
nobisukeうーん、ハマるね。
uraraハマるんだ。ずるい。

 
DSC_0270-2

そして、スピーカーを接続します。相変わらずもくもくと作業するのびすけ。

 
DSC_0278-2

形になってきました。午前11時から始めましたが、すでに夕方になっています。

最後にアダプタ端子を接続して、配線チェックをします。

いよいよ鳴らしてみます

配線し終わり、スピーカーが完成しました。
音が出るかを確認するわけですが、ここで音が鳴らなかったらどうしよう、初心者でも本当に作れるのでしょうか……という不安で少しドキドキ。

いざ鳴らしてみましょう。

DSC_0294-2

な、鳴った!!!

 
DSC_0298-2

きちんと接続されていました。
もう片方も同じように作れば完成です!

 
DSC_0306-2

アンプに繋いでみたら、重低音まで響き渡りました。これを自分で作ったなんて、かなり自慢できます。

 
DSC_0305-2

nobisukeいやー、大変だったね! 楽しかったけどさすがに疲れた!
uraraたしかに、大人になってからここまで工作に集中することなんて、少ないですよね……。

 
DSC_0313-2

最後に記念撮影。
疲れたのか、二人ともうまく笑えていません。1日おつかれさまでした!

おわりに

DSC_0301-2

スタッフさんの細かなサポートのおかげで、完成することができました。今回作った多面体スピーカーはオフィスに置いて愛用していこうと思います。

DMM.make AKIBAでは、ほかにもものづくり系のイベントを開催しています。私も、今後もいろんなものづくりを楽しんでいこうと思います。では、また!