NTTドコモ様_dカーシェア
NTTドコモ様_dカーシェア
2016.06.01
第41話
調べてみた

【エロは】LIGブログで最初に○○PVを達成したのはどんな記事か調べてみた。【一切無し】

紳さん

こんにちは。紳さんです。

 

先日、LIGの若い社員の方達が下記のような会話をしていました。

 

「こないだの◯◯◯の記事、PV数が全然伸びなかったんだよね」

「へぇ。どれぐらいだったの?」

「大体、2,000PVくらい」

「あちゃー… それは外したね」

 

 

DSC_4272

いや、その気持ちはわかるんだけど…

2,000PVは確かに、今のLIGブログの規模を考えると少ないかも知れない。でも、2,000人近くの方に自分の書いた文章を読まれ、自分の考えを共有できるのって、すごいことだと思うんです。

だって、ブログを社員のみんなで書き始めた2012年頃は、1,000PVとかいったら仕事の問い合わせがくるほどの影響がありましたからね。

 

…そういえば、LIGブログで最初に1,000PVを達成した記事ってどんなんだっけ?

 

というわけで、今回は初心にかえり、「LIGブログで最初に◯◯PVを達成した記事ってどんなの?」ということをテーマに過去記事について色々と調べてみたいと思います。

 

最初に1,000PVを達成した記事

jay

【リスティングをアウトソーシングする理由】

https://liginc.co.jp/4567

LIGブログで記念すべき初の1,000PVを達成した記事は、2012年2月21日に公開されたこちらの記事でした。書いたのは後々、初代広報に抜擢される「ジェイ」。

ちなみに2012年2月のブログ全体の月間PV数は21,846なので、単独の記事で1,000PVを叩き出したことは、会社にとってかなりの大事件だったんです。この記事を読んで会社に連絡をくれた人がどれほどいたことか…

内容としては、当時LIGのメイン事業の1つでもあったリスティング運用代行サービスのPRをかねて、ジェイという社員が独特の言い回しでリスティングについての説明やノウハウについて書いております。

 

jay2

この頃はまだ、ブログのサムネイルも設定しておらず、写真と文字のフォーマットもメチャクチャです。

しかし、この記事はLIGブログで初めて大きな反響を生んだ記事でもあり、「ジェイを広報キャラクターとして売り出せば、ブログも人気でるかも?」と考えるきっかけとなりました。

また、今ではお馴染みとなったブログ記事に社員の顔を出す流れは、この記事がつくったものと思われます。

 

1,000PVの記事だけど、とてつもなく偉大な1,000PV。

 

これは「会社のブログだけど、こんな書き方でも良いんだ?世間はそれで大丈夫なんだ?」という気づきを与えてくれた、ある種の発明のような記事なんですよね。

 

最初に10,000PVを達成した記事

title21

【営業時間外の対応につきまして】

https://liginc.co.jp/228

初めて10,000PVを達成した記事がこちら。2012年5月10日に公開されて、その日の内にLIGで借りていたサーバーが落ちるなど、予想外の反響がありました。

この記事のおかげでブログが少し有名になり、月間PV数が81,825となりました。

内容としては、本当にたわいもない「会社からのお知らせ記事」なのですが、使っている写真に工夫が施されています。

 

hadaka

よく見ると社員の1人が全裸で写っている。…それだけなのですが、これが当時は妙にウケて、SNSを中心にシェアされました。LIGブログで最初に「バズった!」と思った案件です。

今思うと、まだweb業界でも全然名前が知られていない頃だからこそ、こういった少し変な記事が話題になったのだと思います。仮に今、同じ手法で記事を書いてもゲロすべりするでしょう。

 

最初に100,000PVを達成した記事

63

【伝説のwebデザイナーを探して】

https://liginc.co.jp/recruit/legend-designer/

初めて100,000PVを達成した記事がこちら。2012年9月6日に公開され、様々なニュースサイトで取り上げられるなどのバズを起こしました。

月間PV数は864,307まで跳ね上がり、ブログとして急成長を遂げます。

こちらはいわゆる企業の採用ページであり、「LIGのような小さな会社に、どうしたら優れたデザイナーからの採用応募が集まるのか?」を考えた末の苦肉の策です。(しかも実際、特にデザイナーからの採用応募は無かった)

 

11

社長の岩上(当時)が砂浜に埋まっている写真は強烈なインパクトがありまして、この記事がきっかけでLIGという会社を知った人も多いと聞きます。

今、冷静に読み返してみるとキャラクターの演技が全体的にわざとらしいのですが、逆にその胡散臭さがウケる要因になったのかな、という感じです。

 

最初に500,000PVを達成した記事

byousoku

【結婚のご報告。30年彼女がいなかった僕が、秒速で結婚できた理由。】

https://liginc.co.jp/23810

2013年4月17日に公開されたこちらの記事は、翌朝のテレビニュースで流れるなど大きな反響がありました。

月間PV数は約200万ほどになり、「web業界では割と有名なブログかも?」ぐらいの規模になったと思います。

恥ずかしいので詳細は省きますが、僕がブログ上でお嫁さんを募集して、応募してきた女性と初対面のまま結婚する、という内容の記事です。

多くの社員の方々の協力もあり、なんともハッピーな結果になりました!

 

最初に1,000,000PVを達成した記事

DSC_4290

調べた結果、ありませんでした。

 

ただ、いつかは誰かが達成するでしょうし、できれば自分の書いた記事で達成したい目標でもあります。

予想なのですが、恐らくは「スマートフォンの機種まとめ」か「女の子のエロ」に関する記事が最初に達成するのではないかと考えています。

 

おまけ:最初に月間100万PVを達成した月

LIGブログが密かに目標として掲げていた「月間100万PV」を達成したのは2013年3月。3本の記事が話題となりました。

 

kikuchi

【世界一即戦力な男、菊池良が株式会社LIGに入社する事になりました。】

https://liginc.co.jp/15829

こちらの記事が116,142PV。

 

main

【ジェイ -LIG広報担当の物語-】

https://liginc.co.jp//lp/goodbye-j/

こちらの記事が87,190PV。(今見ると、デザイン崩れてます)

 

3

【世界一うざい「ページTOPへ戻る」が実装されました。】

https://liginc.co.jp/news/16205

こちらの記事が61,637PV。

 

 

まず発想が自由すぎるし、ワンピースパロディとか今、絶対に出来ない。

この頃はもう、完全に頭がおかしいメディアでしたね…

 

調べてみて、思ったこと

DSC_4291

「もっと褒めて欲しい」

「もっと注目して欲しい」

 

ライターである以上、自分の書いた記事をたくさんの人に読んで欲しいという欲は、恐らく尽きることはないでしょう。

しかし、数字に踊らされて、本当に大切なものを見失ってはいけないと思います。

 

どんな情報を誰に伝えたいのか。

誰を喜ばせて、誰の役に立つ記事を書くのか。

 

どんなにPV数が伸びなくても、たった1人の読者の方の役に立つことができたのなら、その記事はとても価値のあるものなのです…