Web事業部実績紹介_Webサービス
Web事業部実績紹介_Webサービス
2016.04.05
第16話
べべ旅 〜ひとりぼっちの日本一周編〜

ついに中国地方に突入!広島県尾道市で着物美女に惚れました。

野田クラクションべべー

こんにちは。

中国地方から野田クラクションベベーです。

 

なぜか、「サンディエ号(僕が旅で使用している車)って臭いんじゃないか」と皆さんから聞かれます。車用のファブリーズとスプレータイプのファブリーズのWファブリーズ、つまりはダブリーズで匂いを除去してますので、安心してください。

 

さて、べべ旅24日目は広島県尾道市の様子を中心にお伝えしていきます!

広島県 尾道市

DSC_0008

尾道市は中世の時代より、陸・海などのアクセスの良さから商業都市として発展し、これまで繁栄してきました。そのため、お金をたくさん持っている人が多く歴史的な町並みや建物が多いとされています。

 

DSC_0992

また、瀬戸内海に面していることから、津波の被害は少ないようです。(外海からの波の侵入が少ない)

 

DSC_0999

今回、尾道親善大使の長坂さんに尾道市を案内していただくことになりました。

大阪の大学を卒業後、営業として企業に就職したが、地元の尾道を盛り上げたいという思いからUターンを決意。尾道親善大使第1号として、多くのプロジェクトや町おこしなどを手がけ、現在では全国に100人以上の仲間がいるそうです。

(…何の仲間だろう?と思ったのですが、聞きそびれました)

 

 

尾道ラーメン

DSC_0970

まずは腹ごしらえということで、新尾道駅付近にある「餃子館」さんで尾道ラーメンをごちそうになりました。

 

DSC_0975

瀬戸内海の小魚で取ったダシに、シンプルな醤油ベースのタレが混ざり合い、細麺の中華麺とネギ・チャーシュー・メンマが一体となり、そのすべての旨味を豚の背脂で閉じ込めています。一言で言うなら「ラーメン界のSMAP」ですね。

 

DSC_0981

ものすごく熱いので、フーフーしながらチュルチュル吸う食べ方をオススメします。

味はメチャメチャ美味しいです! 尾道に行ったら是非とも食べてください。

 

 

ONOMICHI SHARE

DSC_0993

続いてはシェアオフィス「ONOMICHI SHARE」さんにお伺いしました。

こちらの建物は、元々は港の荷さばき倉庫だった場所をリノベーションしており、やろうと思えば仕事中に海が眺められるという素敵なロケーションです。

 

DSC_0010

内装は、さすがに元倉庫。めちゃくちゃオシャレでしたね。

コワーキングの利用はもちろん、レンタサイクルも借りて観光に行くこともでき、シャワールームまで完備。

「働く⇒観光⇒汗を流す⇒働く⇒朝まで踊り狂う」ということもできるので、「今夜は尾道で踊りたいな〜」という気分の時はこちらのシェアオフィスを利用すると良いでしょう。

 

ゆうじんの湯

DSC_0015-2

その後、背伸びをしながら「昨日からお風呂入ってないので、温泉に入りたいな〜」みたいなことを大きめの声でつぶやいていたら、長坂さんがオススメの温泉を紹介してくださいました。

尾道市から車を20分ほど走らせたところにある「ゆうじんの湯」です。

 

DSC_0018

ちなみに、こちらの入り口の扉はものすごく低いので、元バレーボール部の方は注意してください。

お風呂は湯量たっぷりの掛け流しで、すっごい気持ちよかったです。

 

 

DSC_0021

帰り際にイノシシの皮を見つけ、「サンディエ号の内装にどうかな?」と思いましたが、正直、全然いらないのでスルーしました。

 

OMUSUBI

DSC_0029

夜になり、長坂さんから「着物美人に囲まれたくない?」という夢のような質問をされたので、正直に「yeah!」と答えたところ、着物美人の方々とお会いすることができました。

4月10日より尾道着物再生プロジェクト「OMUSUBI」というサービスが始まるそうで、そのモデルの方々だそうです。

このサービスは「お母さん、おばあちゃんといった世代」が着なくなった着物を、若者向けにレンタルするという仕組みになっており、場合によってはレンタルした10万円相当の着物をその場で貰うことができるとのことでした。

 

DSC_0073

サービス誕生のきっかけは、代表である赤川さん(写真 左)の家におばあちゃんの使っていない大量の着物があったこと。それがタンスに眠っていたり、捨てられてしまったりする現状を知り、何か再利用する方法はないかと考えたそうです。

「着物を着るという文化」の再生を、尾道の若者が実践・発信することで、国内のみならず海外の方々と結びつくことを目指しています。

 

DSC_0082

ありがたいことに、僕も着物をプレゼントしていただきました!

嬉しくなり「皆さんの膝の上に寝っ転がってもいいですか?」と聞いたところ、「ダメです。…生理的な理由でね」と言われました。女心は難しいです。

尾道は重要な文化遺産などが多く残ることから、第2の京都と言われています。普段とは一味違うデートや観光をしてみるのもオススメですね。

 

長坂さんのおばあちゃん家

DSC_0092

この日は、長坂さんのおばあちゃんの家に泊めていただきました。

長坂さんの仲間によって結成された「べべおもてなし隊」の方々に集まっていただき、なんとも言えない素敵なポーズをしてもらいました。

 

 

DSC_0136

ちなみに、べべおもてなし隊の間で共有されていたスケジュール表がこちらです。超ざっくりでした。

 

24日目まとめ

ついに、四国を抜けて中国地方にやってきました。最近はナオト・インティライミの曲を聴きながらドライブするのにハマっています。MISIAや宇多田ヒカルなどの曲にも浮気したんですけど、「やっぱりナオトだな。ナオト・インティライミだな」って思いました。

僕も旅を終えたら歌を作りたいと思っているので、一緒に作っていただける方を募集中です。

 

今回、使ったお金はまたもや0円という結果になりました。ご飯を奢っていただき、温泉にも入らせてもらい、しまいには宿まで提供してくれた長坂さんに心からお礼を申し上げます。本当にありがとうございました。

皆さんも尾道に遊びに行った際は、尾道親善大使の長坂さんに案内してもらうことをオススメします!(リンクは長坂さんのFacebookです)

 

【本日使ったお金】
0円

【残りの所持金】
18,321円

 

東京のみんなが僕のことを覚えているか不安ですが、先に進みたいと思います!

以上、ベベでした。

※LIGブログ編集部よりお知らせ

読者の皆様、べべ旅の記事を読んでいただき誠にありがとうございます。
この連載は実際にべべがその土地を訪問してから記事を公開するまでにタイムラグがあるため、正確なべべの現在地を知りたい場合は

べべのTwitterべべ旅公式Facebookページ

をご確認ください。

全国の皆様からの激励のメッセージ等、お待ちしております。

今後とも野田クラクションべべーを宜しくお願い申し上げます。