わりとイケメンだって思ってたけど、どう見ても勘違いです。本当にありがとうございました

ツベルクリン良平


わりとイケメンだって思ってたけど、どう見ても勘違いです。本当にありがとうございました

こんにちは、LIGのライター・ツベルクリン良平(@tube_ryo)です。

 
tube-2a

tube 人物紹介:ツベルクリン良平
LIGのライター。自分はそんなに悪くないと思っていたが、今回の企画によって自尊心が木っ端微塵になった。

僕は昔から心のどこかで“自分はわりとイケメン”だって思っていました。

しかし、株式会社Diverseさんが運営する恋愛応援アプリ『Poiboy』(ポイボーイ)をPRするため悪戦苦闘してみて、そんなことは全然なかったことがわかりましたのでご報告いたします。現在の精神状態を一言で表すと「瀕死」です。

 

恋愛応援アプリ『Poiboy』とは?

poi_cap

『Poiboy』は女性主導の恋愛応援アプリ。女性は『Poiboy』に登録している男性の顔写真を見て、好みであればポイ(=お気に入り登録)したり、男性をタイプ別にグループ分けして女性同士でおすすめしあったり、メッセージを交換することができます。

Poiboyならではの特徴として、「恋の始まりの主導権」を女性が握っている点。男性は女性にポイされない限りなにもできないので……女性にとっては安心感が高い反面、男性は自分の顔写真で運命が決まってしまうサービスなのです。

結論から言えば、このポイを1つも獲得できませんでした。そう1つもです。

 

Poiboyに登録し女性からポイをもらう

t

この企画の開始当初は調子に乗っていたので意気揚々と登録を進める僕。

 
capxa01

登録自体は簡単なので数分で完了しましたね。

 
menkyo

年齢認証しなければならないため「免許証の写真」などが必要ですが、写メを撮って送ればOK。

ちなみにこちらは僕の免許証。今見返してみると罪を犯した原始人みたいな顔をしてます。

 
capxa02

男性ユーザが登録時にできるのはプロフィール設定のみ。写真を選びプロフィール文を入れたら終了です。

 

ca1

女性からポイされると、この画面でメッセージできるみたい。(まぁポイされてないので実際のところは分からないですがね)

 

 

一旦、5日ほど様子見。

 

cap01b

こちらは5日後のマイページ。

「あなたの人気指数」はポイされると増加し、トップクラスのイケメンは3〜4,000pt獲得しているとか。

ログイン毎に1日1pt増えるので、4,000日くらい続ければトップクラス入りできそうです。

 
tube-5f

このタイミングで写真うつりが悪い可能性に到達し、撮影を行いました。プロフィール文も見直します。

 
cap2

プロフィールをしっかりと変更。写真の加工も行い豪華さを演出します。「ポイよ、こいよ!」そう叫びながら、プロフィールを更新しました。

(*画像をたくさん登録すると「人気指数」も増加するっぽいです)

 

ca1

それでもポイは全然来ません。死にたい。

 
tube-4a

このままでは企画が終わるので、本気を出します。

 

ポイ獲得のために本気を出す

ヘアスタイルを変える

まずは、ヘアスタイルを変えることにしました。

kami1

こう思ったからです。

社内の女性から「おじさんかおばさんか分からない」と罵声が飛んでいたクソみたいな髪型を変えるため、表参道の美容室『Lily』・寺村さんに相談します。

tera 人物紹介:寺村 優太さん(@trmryt
美容室『Lily』のスタイリスト・美髪アドバイザー。Twitterで33,000以上のフォロワーがいるインフルエンサーな上に、イケメンでしかもイイ人という意味不明スペック。
tube_0310055449
女性にモテたいのですが最近のトレンドってどんな感じなのですか?
tera_0310055246
よくそういう相談を受けるのですが、ちょっと視点を変えてほしいですね。
tube_0310055449
視点を変える?
tera_0310055246
女性は「隣を歩いていて嫌じゃないか」というポイントで男性の髪型を見ていることが多いです。流行を追いかけることが必ずしも女性にウケるとは限らないんです。
tube_0310055449
では、どの辺を意識すればいいのでしょうか?
tera_0310055246
まずは誰にモテたいかを考えましょう。例えば、20代後半の女性なら”清潔感”がポイント。少しくらい髪が長くても「目にかかっていないか」、「耳元はサッパリしているか」「パーマをかけているか」を意識すれば清潔感を保てますよ!
tube_0310055449
なるほどぉ!!

こんな感じでカウンセリングをしてもらいながらカット&パーマを進め、数時間後には……


めっちゃサッパリ!

さらに、撮影日が別になるためセットの方法も教えていただきました。

近しい髪型の方は試してみてくださいね。

tera 寺村さんのアドバイスまとめ

  1. ヘアスタイルを決めるときは誰にモテたいかを考える
  2. 相手が20代中盤以降なら「清潔感」、20代前半はもう少し自由にしてもOK
  3. 「毛束感(けたばかん)」が強すぎると大人の女性はホストっぽいという印象を受けることも

 

服のコーディネートを変える

続いては、服のコーディネートを変えていきます。

kami2

きっと世の中はこんな感じになっているのだから。

社内の女性から「雑巾のほうがまだマシ」と定評ある服装を変えていきます。やはりテロッテロでダッサダサの服だと女性にモテることはないでしょうからね。

ファッションブランド『VANQUISH』さんに相談します。

mita 人物紹介:三田 歩武さん
渋谷系メンズファッション『VANQUISH』の広報担当。最近流行りの塩顔系イケメンで、服装もオシャレな上にイイ人というパーフェクト三拍子。
tube_0310055449
女性にモテる服ってどんな感じなんでしょう?
mita_0310055225
女性ウケを狙うなら“デニム・オン・デニム”が良いと思います。上下ともデニムで構成された流行のコーディネートですね。
tube_0310055449
デニムとデニムって奇抜すぎやしませんかね?
mita_0310055225
いえ。色合いを意識すれば落ち着いた印象も与えられますし、インナーで遊びを入れてあげれば「大人っぽい清潔感と少年っぽい可愛らしさ」を同時に表現できますよ。
tube_0310055449
なるほどぉ!!
mita 三田さんのアドバイスまとめ

  1. コーディネートを映えさせるためにギャップを意識する
  2. カチッとしたジャケットだけど中はTシャツを着るなど、どこに”遊び”を持たせるか考える
  3. 季節感もポイント。春先〜夏以降は明るめの色が好まれる

三田さんにも最近のオシャレ事情的なものを教えていただきながら着替えると…

 
tube-20

こんな感じになりました。

デニム・オン・デニムをベースとしながら、インナーは女性ウケばっちりのボーダーTシャツ。首元にかかったフェザーネックレスがワンポイントとなり遊び心を演出しています。

 
tube-4

見た目が劇的に変わって、心なしか顔つきも変わったような気がします。

 
cap03

これならきっと1つくらいポイを獲得できるはず。

そう思っていたのですが……

 

 

tube-4a

結局、その後もポイされることはありませんでした。ただの一度も。

広告主のDiverseさんだけでなく無償で協力してくれたLilyさん、VANQUISHさん。そして、僕を産んでくれたお父さんやお母さんにどんな顔をすればよいのか未だ答えは見つかっていません。

 

この世には格差がある。身の丈を知ることが大事

t-2a

本企画は僕の勘違いにより見事、破綻しました。ここまで何もできていないPR記事が過去にあったでしょうか。いや、ない。

敗因は大きく分けて以下の2点です。

  • 自分をわりとイケメンだと思っていた浅ましさ
  • 『Poiboy』には本物のイケメンが多すぎた

後々教えていただいたのですが、こんな感じのイケメンがゴロゴロいるらしいです。

 
yoko01

これはね、もう無理ですわ。生物学的観点から見ても完全に別の生き物でしょう。

 
cap001

ただ、1点こちらから申し上げることがあるとすれば女性にとって『Poiboy』は、凄まじいサービスだということ。なぜなら我こそはというイケメンが切磋琢磨し合っており、女性はポイし放題だからです。

(※Poiboyユーザー様の写真は、すべて許可を得て掲載しています)

 

 

この度はどうしようもない勘違いによりこのような結果となってしまい、関係者各位ならびに読者のみなさん本当に申し訳ありませんでした。

今後は自分の身の丈にあった人生を歩むべく、どこかの隙間にでも挟まって生きていく所存です

 

ca1

この画面の先は、皆さんの目で確かめてみてください。君たちの戦いはこれからだ!

 

>>自尊心をぶっ壊すなら『Poiboy』<<

【次回予告】
次回は「ポイしてくれた人に許可を取ってインタビューするはずが、全然ポイされないからDiverseさんに土下座してアサインしてもらった女性ユーザの利用実態インタビュー」を行います。3月28日公開予定。乞うご期待!
ツベルクリン良平
この記事を書いた人
ツベルクリン良平

メディアディレクター

2014年入社

この記事を読んだ人におすすめ